【佐川急便】再配達できない原因 荷物保管の期限(期間)や再配達が可能な時間の情報も

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、佐川急便で再配達できない場合の原因について、私が実際に体験した情報を詳しく記載していこうと思います。

・再配達できない時の原因
※保管期間を過ぎていないのに再配達できない場合

・再配達の時間や荷物の預かり期間

などの情報を記載していきます。

電話でもネットでも再配達できない理由

近年では、食べ物や飲み物、生活雑貨から家電まで なんでもネットで購入できる 便利な時代になりました。

家に居ながら、多くの人が購入した感想などを 口コミから確認する事も出来ますし、店頭で購入するよりも安かったり ポイントが付いたりと利点も多いですね。


ただ、学校や仕事で家を留守にしている間に、荷物が配送され 受け取れない事も多々あると思います。

宅配BOXがフルであったり、そもそも宅配BOXが無い家庭もたくさんあります。

そんな時に、郵便受けに入っているのが 【ご不在連絡票】です。

私は過去2回、ご不在連絡票から再配達できなかったことがあります。

不安に思ったので、直接電話で確認したので、同じような悩みを持っている人の参考になれば幸いです。

荷物保管期間を過ぎてしまった

ご不在連絡票に、届けた日時が記載されています。

例えば2019年1月1日 11時に配達して頂き、不在だった場合は、ご不在連絡票に 2019年1月1日 11時と記載されているはずです。

荷物保管期間は8日間

宅急便であれば、荷物を預かってくれている期間は、初回配達日を含めた8日間となります。

初回配達日が、2019年1月1日であれば、1日を含めた8日間なので1月8日までは荷物を保管してくれる事になります。

つまり丸々1週間は、佐川急便で預かってくれている事になるので、休みの日に合わせて配達してもらう事が可能です。

1週間あれば、ほとんどの人は休みを挟むはずなので とても助かりますね。


注意点としては、初回配達日から数えられる事です。

例えば3日ほど家を留守にし、その間に2回届けに来てくれたとします。

1月1日と1月3日に届けに来てくれ、2回ともご不在連絡票をポストに入れてくれます。

2枚目の1月3日の方だけを 確認してしまった場合などは、自分が想像しているよりも再配達の期間が短くなるので【初回配達日から】という事を、しっかりと意識しておきましょう。

<クール便は4日間>
通常便であれば、初回配達日を含めた8日間預かってくれますが、クール便の場合は 初回配達日を含めて4日間と短くなります。

クール便も8日間預かってくれると助かりますが、冷蔵庫や冷凍庫に保管しなければいけないはずなので、1週間分もたまると入らなくなってしまう可能性があると思います。

また、クール便という事は、飲食物である可能性が高いです。

品質の保証が難しいという理由もあり、短い期間になっている可能性もありますね。



私が過去に、再配達が不可になった理由は、保管期間を過ぎてしまったからでした。

送り主に、返却してしまったようで再配達は不可となりました。

スポンサーリンク


期間を過ぎていないのに不可の場合

保管期限を超えてから連絡した場合は、理由がすぐに分かりましたが、初回配達日の翌日に対応したのに再配達の登録が出来ませんでした。

今回私が体験したのが、こちらの現象です。

電話受付で音声案内に従い操作し、次の休日に届けてもらおうとしましたが、登録ができず。

番号を打ち間違えたかと思い、お問い合わせ送り状NOを、正確に入力しても上手くいきませんでした。


スマホから再配達を依頼しても不可となります。

下の写真は、スマホで再配達不可となった画面となります。



ダメ元で、パソコンからもやってみましたが、もちろん登録できませんでした。

下の写真は、パソコンの画面となります。

恐れ入りますが、サービス対象外のお荷物のため、再配達をご利用いただけません。

と赤字で表示されます。

サービス対象外のお荷物というのが、非常に気になりました。


さらに

ご注意
●お荷物の保管期間内にも関わらず、再配達の申込みができない場合は、お手数ですが左記の担当営業所にご連絡いただきますよう、お願い致します。

と表示されていました。


今回は、こちらに該当するので、担当営業所に電話をする事にしました。

営業所に電話をすると再配達ができました

営業所に電話をし、直接口頭で お問い合わせ送り状NOを伝え、自分の名前や再配達をしてほしい日時を伝えると、簡単に完了しました。

再配達が出来たので一安心ですが、なぜこのような事になったのか不思議だったので聞いてみました。

確認し折り返しをしてくれるとの事で、電話を切りましたが当日中の2時間後には電話をくれました。

理由はドライバーの登録ミス

理由は、配達してくれたドライバーが登録ミスをしていた。との事でした。


表示される文字が サービス対象外のお荷物 と出るので、不思議でしたが、単なる登録ミスだったので安心しました。

毎日毎日、数多くの荷物を色々な家に届けるのでたまにはミスもしますよね。


という事で、再配達可能な保管期間内にもかかわらず、再配達が出来ない場合は、ドライバーの登録ミスが多いのではないかと思います。

同様の事で 心配されている方は営業所に連絡すれば 問題なく再配達してくれると思います。

再配達ができる時間は!?

当日の内に再配達してもらいたい場合は、18時までに連絡する必要があります。

当日の21時までは配達してくれるので、18時までに電話をすれば21時までの間で届けてくれます。

18時を過ぎてしまった場合は、翌日以降の配達になるので急ぎで欲しい人は、18時までに連絡しないと当日には再配達してもらえないという事を覚えておきましょう。


再配達で指定できる時間帯は、下記の6パターンとなります。

1、午前中
2、12時~14時
3、14時~16時
4、16時~18時
5、18時~20時
6、19時~21時

※5,6は時間が一部重複します。


<関連記事>
【強力】強い香りの洗濯洗剤・柔軟剤 良い匂いを継続させる洗濯方法と干し方【海外製と日本製】

【地震対策グッズ】冷蔵庫を固定できる耐震アイテム(ツッパリ棒 以外の商品)

【子供】連れの海外旅行保険に超おすすめのクレジットカード(家族特約)は ミライノカード ゴールド

【UCSカード】子供や家族の海外旅行保険で最安値!? 安い値段のおすすめクレジットカード

【マムシ対策】噛まれた時のおすすめのアイテム 対処法と応急処置を詳細に

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加