【日焼け止め】最強おすすめ 敏感肌の私が実際に使って一番良かった物を詳しく紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は敏感肌の私でも、快適に使用する事ができた 肌に優しい商品で、かつ 強力(SPF50でPA++++)な超おすすめの日焼け止め紹介していこうと思います。

水や汗に強いウォータープルーフという事はもちろんですが、肌に優しいという事に重点を置いている敏感肌の人に特におすすめです。



【SPFとPA】とは!?意味を徹底解説

まず日焼け止めクリームやジェルなど色々な製品が出ていますが、その性能(日焼け防止の効果)を表してくれる【SPF】と【PA】について詳しくご説明していこうと思います。

・SPFの数字は数が多い物が効果が強い

・PAの+は数が多い方が効果が強い

という事をなんとなく 理解している人が多いと思います。


それぞれの意味や、なにを防止してくれるのかを知る事により、自分に合った物を選ぶようにしましょう。

危険なUVBから守るSPF

UVBというのは、紫外線B波の略となります。

紫外線B波は浴びていると、肌や皮膚が赤くなります。
この赤くなるのは、火傷(やけど)の一種だと考えてください。

こちらのB波は、シミやソバカスを作る元となり、B波にさらされている人ほど、老けて見えてしまう原因となるんです。


そのB波から守ってくれる物が、SPF(Sun Protection Factor)なんです。

守ってくれる時間を表す

コンビニや薬局に行き、日焼け止めクリームなどを見ていると、SPF 20 や 30、50などと色々な種類の数値が付いている事が分かると思います。

注意しなければいけないのは、20であれば20時間。50であれば50時間 肌を守ってくれるという訳では無い。という事です。

こちらの数値が時間を表しているのは間違いありませんが、正しい意味を知っておきましょう。


一般的に多くの人が、日焼止め等 なにも塗らずに日に照らされた場合、10分~20分で肌が赤くなります。

人によって10分~20分程度の時間差はありますが、この赤くなるまでの時間を延ばしてくれる倍数が、SPFに記載されている数値となります。


10分で赤くなる人の場合は、下記のようになります。

・SPF10の物を使えば、10分×10倍で100分間(1時間40分) 日に当たると赤くなる

・SPF50の物を使えば、10分×50倍で500分間(8時間以上) 日に当たると赤くなる


SPFには、肌が赤くなってしまうまでの時間を、かなり伸ばしてくれるという役割があります。

ただ、注意しなければいけないのは、日焼け止めを塗れば、ある程度 防御してくれますが、日に当たり始めてからは少しづつ肌はダメージを受けるという事になります。


日焼止めを塗っているから100% 紫外線B波(UVB)から守られるという訳ではないんです。


クリームをしっかり塗ったから、長袖を着ているのと同じになるか。と言われれば、そうではありません。

長袖を着ている方が、守られるという事です。
※薄い素材の長袖であれば日の光を通して焼ける事もあるので、注意が必要です。

肌の奥深くにダメージを与えるUVAから守るPA

UVAは、紫外線A波の略となり、UVBが肌を赤くなるのに対し、UVAは主に黒くします。

紫外線A波は、皮膚や肌の奥深くの真皮まで届き、ダメージを与えていきます。

そして紫外線A波は、窓ガラスを貫通してきます。

車焼けという言葉も聞いた事がある人もいると思いますが、タクシードライバーや、バス、長距離トラックの運転手など、車に頻繁に乗る人が右腕や、右側だけ黒く焼けている場合に言いますよね。

窓を閉めていても、UVAは窓ガラスを通り抜けるので、日に焼けて黒くなってしまいます。

もちろん家の中にいても、窓ガラスや天窓などから太陽の光を浴びているとUVAにより、肌の奥深くはダメージを受け皮膚は黒く焼けた色になります。


そして、UVAは空にある雲も突き抜けてきます。

ギラギラと太陽が照り付ける夏場だけではなく、冬場や天気の悪い曇りの日、また雨の日でも、雲の上にある太陽からのUVAは地上に降り注いでいます。

美肌など大事にしている人は、天気が悪くても、冬場でも一年中 UVAを気にして しっかり対策している人も沢山います。
女性であれば、夏場以外は日焼止めを塗らず ファンデーションや下地でカバーしているという人もいると思います。

UVAは、肌の奥深くにまで影響があるので、シミやタルミの原因となってしまいます。


UVAにしろ、UVBにしろ、日に焼ける事によって 皮膚はどんどんダメージを受け、老化する原因となるという事を知っておく事が重要です。

シミやそばかす、タルミなどを避け、若々しい綺麗な肌を維持するには、日に焼かない対策を常にしないといけないですね。

カット指数を数で表す

PAはProtection Grade of UVA(プロテクション・グレード・オブ・UVA)の略です。

PAの+の数で、UVAから肌を守る紫外線カット指数を表しています。

一日中 屋外で活動する時や、海などに行く時にはPA++++の物を選ぶようにしましょう。

効果が強力な強い物を選ぶのが簡単

私はそこまでマメな方ではありませんし、冬場や曇りの日は日焼け止めを塗っていません。

その為、本当は毎日塗った方が良いと分かっていても、夏場だけしか使用していません。

肌を黒く焼きたくない。シミやそばかすが出来るのは嫌だから毎日日焼け対策をしたい。

と考えている人は、しっかりと用途に合った物を使う方が良いと思います。


最近の物であれば、日焼け対策効果が強くても、肌への刺激が低いという商品が多いようですが、一般的には 日焼け対策効果が強い物は肌への刺激が強いとされているからです。

例えば、今日は食材の買い物に出かけるだけだから、外出する時間は1時間だけ。

と分かっていれば、SPFは10 PAは+ や ++ などの物を使う等、効果の強い物と弱い物を使い分けた方が肌に良いと思います。

ただ、効果が弱い物の方が、肌に対する刺激が弱く肌に優しいと分かっていても、なんだかんだで強い物を選んでしまいませんか?

私の職業はオフィスワークなので、基本的に 守らなければいけないのは ほとんど朝の通勤の時間だけとなります。

しかしながら購入するのは、効果が強い物です。

その主な理由としては、下記の二つがあげられます。

日焼け止めクリームを何種類も購入しない

平日はSPF20で、PAも+が1個や2個の弱い物を使用する。

休日や夏休みなどで、屋外に長時間いる事が想定される日や、海やプールに行くという日のみSPF50で PAも++++と+が4つの物を使う。

などと分ける人は 少数なのでは無いでしょうか。


後ほど詳細に記載しますが、日焼け止めクリームやジェルなどの 使用期限は一般的に開封済みであれば 1年 です。


夏場だけ使用する人が多いと思いますが、6月や7月に購入して、その年の夏に使った物を 翌年も使うのはおすすめしません。

その為、複数の日焼け止めを購入しても、使い切らなければもったいないんです。


そのような理由から、効果の弱い物を平日に使い、強い物を休日に使うなどをせずに、どちらも使えるように、強い物を一つ購入する人が多いと思います。

実際に私もそのように使用しています。

肌に優しい物を購入する

2つ目の理由としては、効果が強くても 肌に優しい物を購入すれば良いと考えるからです。

以前記載した上記の記事でも書いていますが、私はかなりの乾燥肌です。

冬場になれば、足のスネなどはひび割れ、わき腹やお尻のあたりは常に痒さが収まらず、苦労していました。
※上の記事に書いた方法で、すっかり改善されましたが、基本的に私はトラブル肌の持ち主です。

身体全体は乾燥肌なんですが、手の平や足の裏は湿っていたりするので、かなり困った体質だと自分でも理解しています。

さらには金属アレルギーがあり、ある程度の高価な金属(純金・プラチナ・医療用のチタン等)でなければ真っ赤になり痒くなります。

大人になった今では、かなりマシになりましたが、子供の頃は怪我をして湿布を貼った場所も 真っ赤にかぶれるなど、肌が本当に弱く大変だった思い出があります。


そんな筆者なので、日焼け止めがあまり好きでは無く、若い頃に効果の弱い日焼け止めを塗り海水浴に行った事があります。

その時に使用した日焼け止めの効果が弱かったことが原因で、顔や背中など かなり日に焼けてしまい本当に苦労しました。


その後は、【肌に優しい・不要な物はなるべく使っていない】と うたっている効果の強い日焼け止めを使用するようになりました。

日に焼けるよりは、効果の強い日焼け止めの方が全然良い。

という結論に至ったからです。


個人的な結論ですが、効力の強い日焼け止めでも 肌に優しい物を選べば、日に焼けるよりは全然良いと思います。


【超おすすめ】顔・身体用 の一品

私は今まで 【肌に優しい・敏感肌用】とされている あらゆる商品を 毎年毎年購入し使用してきました。

10年以上色々なメーカーの商品を使用してきましたが、肌への影響や伸び方、落とすときの簡単さなど、多くの面からこちらが今まで使用した中で最も優れていると感じています。


残念ながら今までに使ってきたもので、本当に満足した品はありませんでした。

白くなったり、クリームを塗った感が強かったり、ウォータープルーフだから顔を洗っても落ちなかったりと、どこかしらに不満を持って使っていました。

幸い肌に優しい物を選んできたので、肌トラブルは数えるほどしかありませんでしたが、どの商品でも納得できるものは無かったんです。

その為、先日南国フィジーに行く時に、新たに別の物を探して 購入したのがこちらの商品を知ったきっかけです。

【NALC(ナルク)】パーフェクト ウォータープルーフ

下の写真が実際の商品となります。

私がやっと 気にいる事ができた商品となります。

日焼止めでは納得した事が無かったので、他に良い物が無いかと 毎回新しい今まで使った事がない商品を購入してきました。

同じ商品を続けて購入する事がなかった私ですが、こちらは日焼止めの中で 初めてリピートしました。



下記の写真は、実際に中身を手の甲に出した所です。

色は白色ですが、塗っても全然白くならず びっくりするほど肌に馴染みます。

ウォータープルーフ&強力な効果

もちろん 【SPF50+ PA++++】と効果の強力な商品となっていますし、水や汗で落ちにくいウォータープルーフとなっています。

男性よりも、女性の方が 日焼け対策に意識的に取り組む方が多い。

という事もあると思いますが、男性の場合は、面倒なので 日焼け止めを塗り直したりしない人が多いと思います。

ウォーター・プルーフでなければ海やプールに入ったり汗をかけばクリームやジェルが流れ落ちてしまいます。

ビーチに着いて、日焼け止めをしっかり塗ったけど、一度海に入ってからは塗りなおさない。

という人には、ウォーター プルーフの物が絶対におすすめです。


肌に優しい6つのポイント

ナルクの日焼止めは、肌に優しい6つのポイントがあります。

特許も取得している、ナルクだけしか作れない特別な方法となっているので、私はもう他の製品を使わないのではないかと思っています。

ひとつひとつ詳しく解説していこうと思います。

【香料】不使用

私の鼻では、完全に無臭です。
チューブから直接匂いを嗅いでも無臭ですし、肌に塗ってからも もちろん無臭です。


そもそも匂いは必要ありません。


良い匂いをさせたいのであれば、香水をつけたりすれば良いので、不要な物は少しでも取り除いてくれているのが嬉しいですよね。

日焼止めに限らず、せっかく使い心地が良いのに、好きな香りではない香料が入っているので使いにくい物ってありますよね。

原材料の香りを消す目的で、香料を使うという場合もあるのかもしれませんが、出来る限り余計な物が入っていないのはありがたいですね。

香料は敏感肌の人が、肌トラブルを起こしやすい成分なので入っていない物が安心です。

【パラベン(防腐剤)】を使用していない

パラベンと聞いて、ピンとくる人と、そうでない人がいると思いますが、パラベンとは防腐剤(ぼうふざい)の事です。

パラベンは、厚生省の表示指定成分103個に含まれる1つで、人によってはアレルギー等の皮膚トラブルが発生する可能性のある成分とされています。

パラオキシ安息香酸エステルは、安息香酸エステルのパラ位にフェノール性ヒドロキシ基を持つ有機化合物群の呼び名である。主に飲料向けの防腐剤として使用されているが食品・医薬品あるいは化粧品の防腐剤成分名として掲示する場合に、製品に複数種含まれるパラオキシ安息香酸エステルを総称してパラベン(paraben)と呼称される。

引用:ウィキペディア

【アルコール・着色料】フリー

アルコールと着色料も未使用です。

アルコールは、顔や身体に塗ると刺激がありますし、乾燥しやすくなるので できれば肌には塗りたくない物の一つですよね。


例えば、病院に行き注射を打つ前にアルコールで消毒してくれますが、アルコールで拭く前に看護師の方が

「アルコールでかぶれたりする事はありませんか?」

と聞いてくれる場合が多いかと思います。


アルコールで、肌が荒れてしまう人が多いんだろうな。と感じますね。


着色料も見た目をよくするためだけの物なので、効果から考えると一切不要な物です。

クリームやジェルの見た目が多少良くても悪くても、肌に塗ってしまえば関係ありませんよね。

さらに実際の商品の中身の写真を、上に載せていますが こちらの商品の中身は白色です。

塗ってからは、白くなりませんし肌にとても馴染んでくれます。


【鉱物油】不使用

鉱物油も使用していません。

石油由来の油となっていて、肌へ直接は塗りたくない物の一つです。

皮膚呼吸に影響を与える事もあるようなので、敏感肌の方は 鉱物油ができるだけ入っていない物を選ぶ方が良いと思います。

化粧品や医薬品等にも広く利用されている。これは性質や性状の安定性を保つため、あえて鉱油を精製した原料を用いて製造しており、値段が安いことでも知られており、多くの化粧品会社が使用している。

引用:ウィキペディア

特許取得の技術で【界面活性剤】フリー

特許を取得している【三相乳化法】という技術で、界面活性剤を使わない事を実現しています。

界面活性剤を簡単にいうと、混ざり合わない水と油を混ぜる事を可能にした物。とイメージしていただければ問題ないと思います。

界面活性剤といえば、一時期シャンプーで非常に取り上げられたので、耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

頭皮に悪影響があると言われ、界面活性剤を使っていないシャンプーばかりが売れていましたね。

界面活性剤を使用しないだけでも、肌にとても良いと思いますが、【三相乳化法】は水に非常に強く、従来のウォータープルーフよりも水に流されにくくなっているようなんです。

その他 こだわりポイント

6つのポイント以外にも、色々と考慮されている事があります。

そちらについても簡単にご説明しておこうと思います。

【重要】クレンジング不要 石鹸だけで落とせる

私がすごく気に入っているポイントの一つとして、石鹸などで簡単に落とせるという事があげられます。

ウォータープルーフの商品では、かなり珍しいと思います。

今まで使用していたウォータープルーフの日焼止めは、顔を洗っても なかなか完全に落ちない という悩みがありました。


女性であれば化粧を落とす際に、クレンジングをする人が多いと思います。

ただ多くの男性の場合は、洗顔だけで顔を洗いますよね。

洗顔料だけではしっかり洗ったつもりでも、なにも付けていない時に比べて油っぽかったりして、全て落としきれていない感じがありました。

もちろん顔が落ちていなければ、身体もボディーソープだけでは落ちきっていないんだろうな。と思っていましたし、悩みの種でした。


こちらの商品は洗顔だけですっきりと落ちるので、本当にありがたいです。

もちろん顔だけでなく、身体に塗った場合もにもボディーソープで落ちるので使い終わった時にも、肌への優しさを感じます。


子供・乳幼児(赤ちゃん)にも使える

敏感肌の人だけではなく、子供や乳幼児(赤ちゃん)にも使えるようです。

赤ん坊や乳幼児にまで使えるほど、肌に優しいとなれば、敏感肌や肌の弱い大人が使っても問題ないという理由が分かりますね。

詳細を知りたい人は下記NALCの公式ページからどうぞ。


ヒアルロン酸で保湿も

日焼止めを塗りしっかり対策したとしても、完全に守れるわけではない。

光を通さない素材の長袖を着た場合と、まったく同じ効果が得られるわけではない。

という事は、初めに書かせて頂きました。


どのような日焼け止めを塗ったとしても、塗らない場合に比べれば、かなり防御してくれますが、まったく影響がないわけではないんです。


その為、ナルクの商品では、ヒアルロン酸を配合し、日焼け後の乾燥から肌を守ってくれたりする事も考慮してくれています。



【使用期限】いつまで使えるのか

簡単に上述しましたが、日焼け止めクリームは開封済み(一度でも使用した場合)の使用期限は、1年程度の場合が一般的です。

もちろん使えないという事はないでしょうが、品質が劣化している可能性が大いに考えられます。


古いものなので、せっかく塗っても効果が無く肌が真っ赤になってしまったり、数日後には真っ黒になってしまう。

などと、取り返しの付かなくなってしまう事もあるので、昨年購入し残っている物を使うのは 止めておきましょう。

捨ててしまうのは勿体ないので、出来る限りその年に使い切るように心がけるのが良いと思います。


効果が弱くなっているだけであれば、まだマシかもしれません。

古くなってしまった物を使う事により、肌に悪影響を与える事も考えられます。

【海外旅行】日焼止めを英語で言うと

海外旅行に持って行く人が多いと思います。

日本が冬でも、海外に出れば夏場の所もありますし、海外の湿度の低いカラッとしたビーチで、快適にバカンスを過ごす人も多いと思います。

・日本から持って行った物を使い切ってしまった。

・外国の人に英語でなにか言われているけど分からない。

などという事もあると思うので、日焼け止めを英語で言うと何になるかを記載しておきます。


一般的には、sunscreen (サン・スクリーン)という事が多いようです。

私はsunblock(サン・ブロック)として言っていましたが、こちらでも全然通じました。

ウォータープルーフは、そのままwaterproof(ウォータープルーフ)で通じますので、海外で英語で買い物をする場合も簡単に入手できそうですね。


スペイン語の場合
Protector solar(プロテクトー・ソラール)
発音はだいたいこんな感じで言えば通じると思います。

私は指さしスペイン語を持って、スペインや南米を長期間旅していましたが、英語に比べて発音が簡単です。

カタカナ読みをするだけで、ほぼ理解してくれたので英語よりも発音は簡単だと感じます。

日本で購入していくのがおすすめ

私は長期で旅をしている時は、海外でもなんども購入しましたが、1週間から2週間ほどの短期間で行く場合には、絶対に日本から持って行くようにしています。

海外製の物は刺激が強かったりするという事ももちろんですが、値段が驚くほど高いという事があるからです。

国によって物価は違いますが、日本よりも平均的に物価が安い国でも、ビーチや島などに行くとそこだけ異常に価格が上がる場合が結構あります。

あきらかに旅行者などをターゲットにした、驚くほど高い価格帯で設定してあったりします。


もともと日本より物価が高い国や、同程度の国の島やビーチに行こうと予定されている方は、絶対に日本で充分な量を購入して持って行くのが良いと思います。



<関連記事>
【子供・赤ちゃん】の海外旅行保険に1番おすすめのクレジットカード(家族特約)は ミライノカード ゴールド

最強おすすめの耳栓!耳が痛くならない 目覚まし音は聞こえる いびき対策で快適な睡眠を

【自宅でアイスコーヒー】おすすめは本格的な美味しい一杯を水だけで作れるコーヒーベース

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加