【地震・防災グッズ】ラジオ・ライト付きモバイルバッテリー(手巻き式 自家発電) 災害おすすめアイテム!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私が実際に備えている、非常に便利で使い勝手の良い防災対策グッズ、マルチチャージャーを紹介しようと思います。

実際の写真を載せながら、大きさや使い方などを分かりやすく詳細に書いていきます。


スマホの充電の大切さ

自然災害などが発生した時に、最新の情報を入手するのに最も適しているのは間違いなくスマホです。

テレビやラジオでも重要な情報を得る事が可能ですが、自分が欲しい情報をすぐに調べられるのはスマートフォンなんです。


テレビ、ラジオでは正確性の高い信頼できる情報が分かりますが、自分が今欲しい情報がいつ流れるのかは分かりませんよね。

スマホの場合は、多くの方がやっているSNS、ツイッターやフェイスブックなどで地域の情報などもすぐに回ってきます。

自分の携帯の充電がなく、最新の情報を入手できないと損をしてしまう事も考えられます。


例えば下記のような情報が、SNSではすぐに回ってくると思います。

・近所の学校で水や食料を無料で配布している

・駅前の電気屋では、無料で電池を配っている


情報を早く知るという事は、自分や大切な家族を守る上で大切な事になります。

全てを信用しないように注意も必要

新しい事を知るには、SNSが便利ですが、人伝いに回ってくる間に、話が少しづつ変わってしまう事もあります。

さらには、明らかなウソの情報などを流す人も居るので、自分自身で情報を取捨選択することが大切です。

停電になる可能性は高い

いつどのような災害が発生するか分かりません。

今この瞬間にも大地震が来るかもしれませんし、隕石が衝突するかもしれませんし、地盤沈下やガス爆発などが発生するかもしれません。

発生した場所にもよりますが、地域一帯が停電になってしまう事もあるはずです。


2018年に発生した北海道の地震では、停電が続きスマートフォンの充電が出来る場所を探し回る人々が、多数居たというニュースを見ました。

安否確認や調べものなどをしたい時に、充電がないと本当に困ってしまうと思います。

そんな時の為にも、私はマルチポータブルチャージャーを、一家に一台持っておくことを強くおすすめします。

防災用 モバイルバッテリー(充電器)の選び方

普段使いのモバイルバッテリーと、防災用の物では選び方を変える必要があります。

絶対に必要な機能と、あると便利な機能などを詳しく記載していきます。

乾電池で充電できる事

普段使いの物であれば、コンセントに接続して充電するもの、USBを経由してチャージするものなどが主流だと思います。

しかしながら、防災グッズとして用意するのであれば、乾電池を入れて充電できることが最も大事な事になります。


理由はもちろん、停電になっても電池があれば充電が可能だからです。

多くの家では、予備の乾電池を備えている場合が多いと思います。

災害が起こった場合、多くの人が近くのスーパーやコンビニでカップラーメンや缶詰などの食料、水などをたくさん購入していきます。

電池も売り切れになりやすい物ですが、元々家にストックがある場合が多いですし、食材に比べれば手に入りやすいんです。

水や食料に比べサイズが小さく、コンパクトなので大量に運んだりするのが 簡単なんだと思います。


手回し発電(電池無しで充電OK)が可能な事

数日間の停電になってしまった場合、家にストックされていた乾電池だけでは電力が持たない可能性があります。

家にストックしていた乾電池が、ちょうど切れているという運が悪い場合もあるでしょう。


最後の電池を使ってしまったから、次の休日にまとめて買おう。

などと思っているタイミングで、発生する事も考えられますよね。

切らさないように、ある程度の数を常に家に置いておくことをおすすめしますが、自家発電できれば問題ないと思いませんか!?


今回私が最も重要だと感じているのは、ハンドルを回して自家発電が出来るかどうかです。


長い期間 停電になり、さらに乾電池もない。

そんな時でも、ハンドルを回せば充電ができ、明かり(ライト)が付き、ラジオまで聞けたら最強だと思いませんか。

最強 ラジオ・ライト付 マルチ充電器

こちらが実際の商品のサイズです。


大きさが分かりやすいように、上の写真は1000円札と並べて撮影しています。


箱から出すと、下の写真のように本体と小袋、取り扱い説明書が入っています。


スマホ・ガラケー 多くの機種を充電できる

こちらは小袋の中身の写真です。

各社のガラケーからスマホまで、多くの商品に対応できるように変換プラグが4つ標準装備として付属されてきます。
・オレンジ:au用
・青:Docomo/Sotbank3G用
・緑:スマホ用(microUSBコネクター)
・グレー:iphone4/4S用


4つも付いているのに、このコネクターでは最新のアイフォンなどが充電できない。
と思った方も居るかと思いますが、もちろん充電可能です。

上記写真のようにUSBポートが付いているので、ここに直接自分が使っている充電ケーブルを接続すればOKです。

つまりUSBで充電できる物は、問題なくチャージできるという事です

説明書は日本語で図が付いているので分かりやすい

もちろん説明書も非常に分かりやすいです。

まれに日本語で書かれていない商品や、図や絵が無い説明書、分かりにくい説明書などがありますが、こちらの商品についている取り扱い説明書はかなり分かりやすく書いてくれています。

こちらの写真は、実際の説明書の1ページを写真で撮影したものとなります。

LEDライトは2種類(懐中電灯・ランタン)

こちらの商品は、明かりもつきます。

とても優れていると思うのは、遠くまで照らす事のできる懐中電灯機能と、部屋全体を明るく照らすようなランタン(ランプ)の2つの機能が付いているという所です。

遠くまで照らせるLED懐中電灯

上に載せている本体の形で分かると思いますが、先端にライトがついていて、スイッチ一つで懐中電灯となります。

明るさを伝えるのは難しいですが、下の写真は、部屋を完全にまっくらにして、壁に向かってライトを当てた状態です。


広い範囲を照らすLEDランプ

ランプというか、ランタンといえば良いのか分かりませんが、広く照らす事も可能です。

停電の真っ暗な部屋の中では、細く遠くまで照らす事ができる懐中電灯より、広く大きい範囲で明るくする事ができるランタンが便利です。

こちらの写真のように、パカッと一部分が開き、ここが全てライトとなっています。



先ほど紹介した、真っ暗な部屋の中で、懐中電灯を照らした場合と、まったく同じ状況(部屋の暗さや壁までの距離)でランタンを使うと下記の写真のようになります。

元々壁が白いので、分かりにくいかと思いますが、上の写真と比較すると全体を明るくしている事が分かると思います。

乾電池に対応(単4×3本)

下の写真のように、単4の乾電池3本を入れれば使用する事が出来ます。

乾電池で、ライト、ラジオ、スマホや携帯の充電が可能なので、停電になってしまいコンセントから充電ができないという状況でも安心です。

【一押し】自家発電が可能


写真の左側についている、黒いレバーのような物を回すと乾電池がなくてもスマホを充電することや、ライトをつける事、ラジオを聞くことが可能になります。


普段であれば、乾電池を使えば良いですが、いざという時には、ハンドルを回して充電が出来る事が本当に大切です。

多少疲れますが、それでも充電できれば、こんなにありがたいことは無いと思います。


<充電の目安>
ハンドルを回した場合の目安を記載しておきます。
3分間(1分間に120回転させた場合)=360回転で

ラジオ:約20分
ランタン:約6分

となります。


AM/FMのラジオが聞ける

こちらの切り替えスイッチで、FM/AM/サイレンと切り替える事が可能です。

停電になるとテレビが使えなくなります。

ラジオで情報を入手することも出来ますし、なによりも不安な状況で人の声が聞こえると安心しますよね。

特に小さいお子様がいる家庭では、人の声が聞こえるというのは重要です。

普段と違う暗い部屋で、音もない。

親や周りにいる大人も、精神的に不安定になりますよね。

子供はそんな大人たちの様子を、しっかりと把握しますよ。

スターリング マルチポータブルチャージャー


サイズ:177×52×60mm
材質:ABS樹脂
使用温度:-10度~40度

今回私がおすすめしているこちらの商品は

・乾電池で使用可能

・自家発電可能(ハンドルを回して充電ができる)

・LEDライト付き

・FM/AMのラジオが聞ける

・いざという時の為にサイレン機能が付いている


太陽電池で充電できる商品

私が上述してきた商品を購入する際、2つのうちどちらを購入しようか非常に迷っていました。

その迷っていた商品が こちらとなります。


私がおすすめしているマルチポータブルチャージャーとほぼ同じ機能を備えているんですが、さらにもう一つ優れた機能があるんです。


それが太陽電池です。

太陽の光を当てておけば充電できるという機能です。

手動で回さなくても良いので、太陽光の力も使える方が良いという方は、こちらの商品も確認してみてください。


<関連記事>
【冷蔵庫の地震対策グッズ】固定できる耐震アイテム(ツッパリ棒 以外の商品)

テレビの地震対策【超おすすめグッズ】実際に使っているベルト・ジェルの2アイテムを詳細に

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加