【口臭対策】最強おすすめアイテムを紹介 市販のグッズで口の匂いをすぐに消す方法を原因から詳細に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、多くの人が一度は考えたことがあるであろう、口に匂いについての記事です。

口が臭いと、本当に他人に不快な思いをさせることになります。

口臭のきつい人が、近くの席にいたり、話しかけてきたりすると不快な気持ちになりますよね。


ただ、相手を不快な気持ちにさせているのが 自分の場合もあるんです。


こんなことになってしまう主な原因としては、自分自身では、自分の口の匂いになかなか気づかない。

という事があげられます。

日ごろからしっかりとケアをして、出来る限りいつでも嫌な臭いを発しないようにしましょう。


口が臭い原因は主に4つ

結果としては、口が臭い。という事ですが、主な原因は大きく分けると4つ、2パターンに分けられます。

まずは原因をしっかりと知る事により、どのような対策をすることで防止、予防ができるかを書いていきます。

自分自身で解決ができない場合

2パターンの内の 1つ目がこちらです。
自分の対策のみでは解決する事が難しいので、病院などを受診することをおすすめします。

虫歯や歯周病

もし自分の口臭が気になった場合、家族と一緒に暮らしている人であれば、友人や知人に聞くよりも気兼ねなく、自分の口が臭いかを聞くことが出来ると思います。

また、家族のだれかの口臭が気になれば、他人に言うよりは、はっきりと告げてあげやすいと思います。

虫歯や歯周病などが原因の場合は、常に強い口臭がするはずなので、匂いが強い物を食べていない場合、またはしっかりと歯磨きをしているのに匂いが強い場合には、一度 歯医者に行って虫歯の検査や 治療をしてもらうようにしましょう。

胃や腸が悪い場合

こちらは口が原因というよりも、身体の中から匂いが発生する場合です。

ストレスにより胃が荒れているかもしれません。
腸に異常が発生しているかもしれません。

虫歯や歯周病と同様に、自分自身では解決する事が難しいので、病院を受診して、胃カメラで検査してみたりすることをおすすめします。

努力や知識で解消できる場合

2パターンの内の 2つ目がこちらとなります。

本記事のメインが、これから記載する自分自身の努力や 知識で解決できる問題です。

食べ物の匂い

簡単にいえば、匂いのキツイ物を食べた後の口臭です。

これはどんな人でも、クサい匂いが発生します。


代表的な例をあげれば、にんにく や ネギ などではないでしょうか。

例えば某有名のうどんチェーン店では、薬味ネギのトッピングが無料ですが、無料だからと大量にかけて食べると、歯磨きをしてもネギの独特の匂いが消えません。

仕事中のランチでは、ネギはなるべく食べないようにする。
などの気遣いで解消できますが、にんにくは意外と色々な料理に入っているので注意が必要です。


餃子などは、いかにもニンニクが入っているイメージですが、パスタも意外と多くの種類でニンニクを使用しています。

少量であれば、この後紹介する方法で匂いが消えたりしますが、大量に摂取すると、体内から無くなるまで、口臭以外にも汗や体臭まで匂いが きつくなるので注意が必要です。



食べ物以外で言えば、缶コーヒーも臭くなりやすいです。

特にブラックではない、ミルクや砂糖が入っている缶コーヒーは香料が強いので、飲んだ後は 歯を磨いたりガムを食べたりするようにしましょう。

喫煙者は特に要注意

煙草を吸っている人は、基本的に独特の強い口臭がします。

近年では、アイコスやグローなど、匂いが軽減されている電子たばこを吸う人が増えましたが、まだまだ紙たばこを好んで吸っている人もいますよね。


紙たばこを吸った後の口臭は、ドブのような生ごみのような嫌な匂いです。

さらに、休憩中などに、缶コーヒーを飲みながらたばこを吸う人は、自分では気づかないかもしれませんが、それはそれは不快な匂いになっているという事を自覚するようにしましょう。

口の中の汚れ(歯の磨き残し)

1日に1回しか歯を磨かない人や、2回しか磨かない人も、もちろん口臭が発生します。

特にランチを食べた後に、歯を磨かないという人は多いと思います。

学校や職場に、携帯用の歯ブラシセットを常備しておき、食べた後はしっかりと歯を磨くようにしましょう。


また、食後にしっかりと歯を磨いているという人でも、ちゃんと汚れを落としきれていない場合は、歯の隙間に挟まった食べ物などが どんどん悪臭を発生させていきます。

歯の磨き残しがなくなるアイテムを、後ほど紹介していきます。

自分の匂いを知る方法

自分の口臭というのは、どうしても気づきにくい物ですよね。

自分ではまったく気が付いていなくても、驚くほど周りの人に不快な思いをさせてしまっている。

なんていう事の無いように、自分の口の匂いをチェックする方法をご説明します。

家族に嗅いでもらう

知人や友人にはなかなか難しいと思いますが、家族であれば、あまり気にせず聞くことが出来る人も多いと思います。

最も分かりやすいですし、家族といえど 人に言われれば気にするようになるので対策に取り組む気が起きやすいかと思います。

腕を舐めてから匂いを嗅ぐ

手の甲や、腕など自分の舐めやすい所をペロッと舐めてみてください。

そして数分後、改めて匂いを嗅いで臭ければあなたの息も臭いと判断する事が出来ます。

ただしこちらは、ほとんどの人がある程度の匂いがするはずです。

普通に話をしている程度では、他人に気が付かれない程度の場合でも、不安になってしまう可能性もあります。

あまり正確とは言えない方法となりますので、よほど強い匂いがしない限り気にする必要はないかと思います。

ブレスチェッカー 機械に頼る


こちらは、リップクリームのような形の機械に、自分の息を吹きかけるだけで 0~5までの6段階(数字が多いほど強い匂い)で匂いを感知してくれます。

緑のランプが1つだけ点けば、匂いは無し。
赤色のランプが3つ点けば、非常に強力。

と言った具合で、色と数で強弱を表示してくれます。

【重要】超おすすめの方法

私が本当におすすめする方法は、今から紹介する2つになります。

正直、この2つを毎日実施していただければ、匂いなんてしないと思います。

所要時間も一回5分もかかりませんので、試しに初めてみてはいかがでしょうか。

【フロス】歯の隙間には汚れがたくさん

私は、ここ1年ほど欠かさず歯磨きの後に、フロスを使って歯の隙間の汚れを取り除いています。


フロスを使いだしたきっかけは、歯医者に行った際に勧められたからです。

私は、4ヶ月に一回は歯医者に行き、定期的に虫歯のチェックや歯石を取ってもらっており、この1、2年では、3ヵ所の違う歯医者に行きました。

自宅の近くと、移転前の会社の近くと、移転後の会社の近くの3つの歯医者に行き、共通して歯磨きの後に フロスをするように指導されました。

最近では 問診票に、【フロスを使っていますか】 との質問事項があるほど、フロスを使用することを推奨しているようです。


初めて自分でフロスを使った時には、とても驚いた記憶があります。

それは 寝る前に、かなり念入りに歯を磨き、その後フロスを通してみたところ、驚くほど色々な物が取れたからです。

歯垢のような白い物や、あきらかな食べ物のカスが出てきたりしました。

念入りに歯磨きをした後だけに、歯ブラシだけでは落ちないんだ。と強く感じました。


口の中は、どんなに綺麗に磨いたとしてもある程度の雑菌がいます。

その雑菌が、食べカスなどのタンパク質を分解して、強い匂いを発生する主な原因の一つである 硫黄化合物を発生させます。


歯磨きなどで、雑菌を減らす事ももちろん大切ですが、根本的な対策として有効なのは、食べカスなどを口の中から取り除くことです。

それには、フロスが最も最適なんです。


私が行った 全ての歯医者で使用していたのは、ただの糸状になっているフロスを指に巻いて、それを歯の隙間に通すものでした。


私も市販されている物を何種類も試しました。

色々と試した結果、歯医者で使っていた、プラスチックの持ち手などが付いていない ただのひも状の物が最も使いやすかったです。


ただの糸状になっているフロスの中でも、最もおすすめなのはこちらです。

REACH WAXED(リーチのワックスが付いている物)です。

他のメーカーからも、ただのひものフロス(プラスチックの柄が付いていない物)が出ていますが、REACHが最も使いやすかったです。
※REACH(リーチ)のノーワックスという物も使ってみましたが、こちらは なかなか歯の隙間に入らず使いにくかったので、注意が必要です。

フロスの使い方

蓋を開けると、下の写真のように、右側に銀色の糸切が付いています。

これが非常に優れもので、糸を切った後 必ず同じ形で止まるんです。

紐(フロス)が中に もぐってしまったりする事が無いので、いつでも使いやすいんです。
料理などを包む、ラップを切った後をイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。


紐を取り、30センチほど出したら、下記写真のように 片方の指に2周ほどクルクルと巻きます。

その後カットし、逆の指にも同様に2周ほどクルクルと巻けば準備は完了です。


奥歯から順番に すべての隙間を通すようにしましょう。もちろん上下の歯で行います。

綺麗に磨いた後でも、間違いなく白いものや、食べ残しが取れると思います。
特に奥歯の隙間はかなり取れるので、一番奥からしっかりフロスを通してください。


興味のある人は、その取れた白い物(歯垢)や、食べかすの匂いを嗅いでみてください。

ショックを受けるほど臭いはずです。


フロスを使わなければ、そんな臭い物がずっと口の中にあるんです。

しっかりと磨いたつもりでも、歯ブラシだけでは取れない臭い物質が、歯の隙間にずっとあれば、それは口から悪臭がするのも納得ですよね。

値段もとても安いので、ぜひ毎日フロスを通して、【歯磨きの後にはフロス】 とセットで日課にしてしまいましょう。


オリーブオイルうがい(口ゆすぎ)

最近はテレビなどでも紹介されているので、知っている人もいると思いますが、私は数年前から実施していました。

はじめたきっかけは、インドを旅している時に体験した アーユルヴェーダというマッサージを受けた事です。

額に油を垂らしたり、目の周りに粘土のような物で土手をつくり、そこに油をため、油で目を洗うような、日本では馴染みのないマッサージかと思います。

ただ、そのマッサージを受けた時に、油を口に含み、数回口を濯ぐと口臭や歯が汚れにくいと教わり、日本に帰国してからオリーブオイルうがいという物に興味を持ちました。


オイルを口に含ませることにより、劇的に口臭がなくなります。
その理由としては、下記2つの効果があるようです。


1、オイルで口の中をコーティングするので、口の中の雑菌の増殖を抑える

2、口の中の乾燥が抑えられるので、口臭が抑えられる


人間は、寝起きが最も口臭が強くなると言われています。

その理由は、寝ている間は水分を採りませんし、唾液も出にくい為 口の中が渇いてしまうからです。

口の中が乾燥すると、唾液の量が減り 雑菌が活動しやすい環境となるため 硫黄化合物が発生しやすくなってしまいます。

硫黄化合物は上述した通り、口臭の主な原因となるクサいガスです。


さらに舌の表面にできる白い汚れなような物を、舌苔(ぜったい)と呼びますが、舌苔の除去にもおすすめなんです。

やり方は簡単!1分間 口をゆすぐだけ

オリーブオイルうがいのやり方は簡単です。

夜寝る前に 歯を磨き、フロスをした後に、ほんの少量(大さじ一杯ほど)を口に含みます。

その後、1分ほど口の中でクチュクチュとします。

油を直接口に入れたことがある人は少ないと思うので、最初は脂っこさに抵抗があると思いますが、すぐに慣れると思うので安心してください。

その後、ティッシュなどに 口の中の油を吐き出せば終了です。
※直接排水溝に流すのは、つまりの原因になったり環境に良くないので、ティッシュに捨てるのが良いと思います。


慣れれば全然気にならなくなりますが、最初は口の中が脂っぽい状態で 眠りに就くのに抵抗がある人もいると思います。

数回程度であれば、オイルうがいの後に水で口をゆすいでも問題ありません。
水で洗い流したとしても、油でのコーティングはされているので、朝目覚めた時の口のパサパサ感や嫌な臭いは極端に減ります。

オイルの種類はバージンオイルがおすすめ

オリーブオイルには、バージンオイルとピュアオイルの2種類があります。

<バージンオイル>
オリーブの実を絞ってできた 純粋なオイルとなります。

クオリティの高い一部の物は、エキストラバージンオイルと呼ばれます。


また、一般的には、生食用(サラダなどに直接かけて食べる物)にはバージンオイルが良いとされています。


<ピュアオイル>
オリーブの実を絞ったオイルを、加工して作られた油の事です。

一般的には、加熱用のオイル(フライパンにひいて使う)とされています。


オリーブオイルうがいには、オリーブを絞ったそのままのバージンオイルがおすすめです。


こちらのエクストラバージンオイルは、収穫して24時間以内に搾油するというこだわりを持った高品質のオイルとなります。

品質は高いですが、値段は非常に安く、量を考えるとトップクラスのコストパフォーマンスのオリーブオイルとなります。

口に少し含む程度なので、毎日オリーブオイルうがいに使ったとしても 問題ない程度のお手軽な価格です。

【すぐ効く】即効性のある方法

私が強くおすすめする、フロスとオリーブオイルうがいを毎日 寝る前に実践していただければ、普通の口臭であれば無くなるはずです。

ただし、特に気合を入れて口臭対策をしなければいけない日はあると思います。


・待ちに待った 好きな人との大切なデート

・前日に焼き肉屋でニンニクたっぷりのタレと一緒に肉をたらふく食べ、キムチを食べながらお酒をたくさん飲んでしまった。

・合コンやお見合い


など、絶対に匂い対策をしたいとお考えの方に、即効性のある対策をいくつか紹介しようと思います。

飲み物で消臭

匂いの強い物を食べてしまった場合は、どんな人でも口臭が発生します。

ただ、臭くなると分かっていても、ニンニクやキムチなど 匂いが強い物を食べたくなる時はありますよね。


・明らかに自分が臭いと感じる。

・すぐに解消したい

と考えている人の為に、匂いが消える飲み物を紹介します。


・牛乳
胃の中の臭い物質を覆ってくれるので、牛乳を飲む事によって匂いを軽減する効果があります。

できれば牛乳などの乳製品は、事前に飲んでください。
胃に膜を張ってくれることで、匂いを体内に吸収する事を防いでくれるからです。

その為、焼き肉を食べる、餃子を食べると分かっている場合は、事前に牛乳を飲んでおく事をおすすめします。


・緑茶
最も手に入りやすく、どこでも飲めるので一番おすすめな飲み物です。

緑茶に含まれるカテキンには、殺菌作用があり匂いを抑えてくれます。

口が渇くことにより匂いが強くなるので、喉が渇いていなくても 定期的に口を濡らすイメージで 少しづつ飲むのも良いと思います。


・酢・レモンなどのクエン酸
酢やレモンに含まれる酸っぱい元であるクエン酸にも、殺菌作用があります。

さらに酸っぱい物を取る事により、唾液が出やすくなるので口の乾燥を防ぐ役目もあります。


※酢を飲むときは、原液で飲むのではなく、大さじ一杯を水に入れるなどして飲むようにしてください。
原液で飲むと、刺激が強すぎて食道や胃に悪影響が発生する事も考えられます。

マウスウォッシュ

元々、口臭対策としての製品なので、こちらは強い効果が期待できます。

ただし、前日に食べてしまった物は、いくら歯や口の中を清潔にしても体内から出てくる匂いの為、根本的な解決方法にはなりません。

上述した緑茶を飲むなどの方法と、合わせて使うのが良いと思います。

朝出かける前にマウスウォッシュを使用し、その後は緑茶を定期的に飲む。などでかなり抑えられます。


マウスウォッシュを選ぶ注意点としては、アルコールを使っていない【ノンアルコール商品】を選ぶようにする事です。

そもそもアルコールが含まれている物は、刺激が強いので口の中がダメージを受ける可能性があります。
さらにアルコールを含んでいる物は、口の中を乾燥させやすいので、あまりおすすめできません。

私がおすすめするのは、ノンアルコールタイプのクリアクリーン デンタルリンス ソフトミントです。


寝る前のフロスとオイルうがいをしていれば、毎日使う必要はないと思いますが、特に口臭に気を使う日などは、朝 歯を磨いた後にこちらで口の中を洗浄すると、歯磨きだけでは落とせない雑菌も落とせます。

意外と外国産のマウスウォッシュが多い中、こちらは国産の商品となります。

歯みがきをした後に、口の中をクリアクリーンでゆすげば、口の中すみずみまでいきわたるので、歯以外の舌や 口の中全体を洗浄してくれます。
長時間 雑菌の繁殖を抑える効果、また歯に汚れなどが付くことを防ぐ効果があります。

タブレットやガム

効果の持続時間はとても短いですが、即効性は抜群です。

フリスクやミンティアなどのタブレットを、常に持ち歩いている人も多いですよね。

・満員電車に乗る前に。

・近い距離で話をするタイミングで。

などなど、数分間はミントなどのさわやかな香りになるので、短期的な方法としては便利だと思います。


その他注意点

色々なおすすめ方法を記載してきましたが、注意点も書いておこうと思います。

本当に効果があるのか!?
むしろ逆効果になってしまっているのではないか。と個人的に思っている事を書いておこうと思います。

舌を磨くのは危険!?

舌を歯ブラシで磨いている人はいませんか!?

舌の表面に白い汚れなような物がついているのが気になる人もいますよね。

その舌についている白い物は、舌苔(ぜったい)と呼ばれるものです。

舌苔(ぜったい)は、たしかに口臭の原因となる物の一つです。


しかしながら、これを歯ブラシなどで取ってはいけません。

舌は非常に敏感で、傷つきやすいものなので、ブラシで擦るのは刺激が強すぎ、逆に悪影響が出てしまいます。



舌を歯ブラシで磨いている人は、毎日歯磨きの時に 舌も合わせて磨くのが日課になっている場合が多いと思います。

たしかに磨いた直後は白い物が取れるので、改善された気持ちになると思いますが、毎日毎日下の上に白い物がたまりますよね。

舌を磨いて傷つけてしまった事により、慢性的に舌苔(ぜったい)ができてしまう舌になってしまっているんです。


やってしまっている人は、今日から辞めましょう。

舌が傷つく事により、唾液も出なくくなってしまいます。
唾液が出にくくなるという事は、口が乾燥し口臭が発生しやすくなるという事です。


舌を磨く⇒慢性的に舌苔ができるようになる⇒毎日磨く⇒どんどん傷つく⇒乾燥しやすい口内になる⇒臭い口になる


これが悪循環なんです。

舌苔を無くす方法

舌苔(ぜったい)を無くすためには、オリーブオイルうがいがおすすめです。

昔は私も舌を磨いていた時期がありましたが、磨き始めてから、毎日のように舌の表面が白くなっている事に気が付きました。

舌磨きを始めるまでは、たまに白くなっている時があった程度でしたが、毎日白い舌苔ができるようになったので、磨くのをあえて辞めました。


数日すると徐々に白いものが減っていきました。

そして、近年ではオリーブオイルうがいを実践していますが、それを始めてからは 舌苔が出る事が無くなりました。

便秘の人も注意が必要

便秘の人の場合は、体内の便が原因で 体臭や口臭が強くなってしまう事があります。

匂いだけではなく、便秘になると肌があれたり、体調が悪くなったり、下っ腹が出てスタイルが悪く見えてしまったりと良い事はありません。

食物繊維の多い食べ物や、便通が良くなる飲み物などを飲んで、便秘を解消する事が大切です。


口が常に開いている人は乾燥に注意

たまに口がずっと開いている人がいますよね。

無意識で開けてしまっているんだと思いますが、気を付けた方が良いです。

常に口が開いてしまっていると、口の中が乾燥してしまうので 口臭が発生しやすくなります。

口呼吸をしている人は、鼻で呼吸するように意識的に口を閉じるようにしましょう。


<関連記事>
快眠できるお茶がおすすめ!サプリやグッズに頼らず良い睡眠で不眠症対策

男のボディシート最強おすすめ【人気商品を実際に使って比較】 汗や体臭・加齢臭の対策に

【足の匂いを消す方法】超おすすめのグッズと対策 解消法を原因から詳細に解説

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加