母の日プレゼント2018 お菓子 花 物 以外のおすすめギフトまとめ 50代 60代の方 向け

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は母の日の贈り物について、物ではないプレゼントをあげたいと思っている方向けの記事となります。

私も毎年、実の母と義理の母にプレゼントを贈っています。

花や物を毎年 選んでいましたが、去年初めてそれ以外のギフトをあげ、非常に喜んでもらえたので紹介したいと思います。

私が花以外の贈り物を考えた理由

本記事を読んでくれている方は、花やお菓子、物以外のギフトをプレゼントしようと考えていると思います。

そして、そのように考えている方は、下記のような理由を持っている場合がほとんどだと思います。


・いつも花では新鮮味や、おもしろみがない

・たくさんあげてきて、もう贈る物が思いつかない

・形に残る物ではなく、記憶に、心に残る物を贈りたい

・世界にひとつだけの物を贈りたい


私も本当にあげる物が思いつかず、なにか今までとは違った喜んでもらえる物を贈りたいと考えていました。


そして、体験型ギフトを贈る事に決めました。

体験型ギフトのメリット

体験ギフトだと形が残らないから、喜ばれないのでは!?と思う方もいるかと思います。

実際に私も渡してみるまで喜んでくれるかは疑問でしたが、実の母も義理の母も驚くほど喜んでくれました。


ちなみに私の母は60代、義理の母は50代です。

自分では買わない きっかけがないと一生体験しない

欲しがっている物の場合、本当に欲しくなったら買いますよね。

体験型の場合は、自分では絶対に買わない物でしょう。

そして無料で行けるというきっかけ。

今回でいえば体験ギフトがなければ、行く事がない場所、やることのなかった体験をするきっかけになります。

一緒に体験 行く事ができる

物や花はあげて終わりですが、体験型だと一緒に行く事が可能です。

女性の場合は、男性よりも一緒に行く事ができる場合が多いです。

どこに行くか選ぶ楽しさもありますし、一緒に体験すればとても良い思い出にもなります。

会話が増えるので良い事ばかりだと思います。

物より思い出 一生の記憶に残る

物は形に残るので、無くなる事はありません。

ただし、本当に欲しい物か分かりませんし、実際に欲しがっていたものをあげたとしても、数回使ってその後はタンスの中や、押し入れの中にしまいっぱなしになっている事が多かったです。

私が今までにチョイスした物は、思い出せるだけで下記になります。

・コードレス掃除機

・美顔器(スチーマーを顔にあてる物)

・ブランド物のエプロン

・足つぼマッサージ機

すべて実際に欲しがっていたものですが、美顔器や足つぼマッサージ機は 使っているところほとんど見たことがありません。


もちろんカーネーションやその他の花とお菓子などを一緒に贈った事もあります。

しかし、それよりも体験ギフトを喜んでくれました。

母の感想を聞いてみました

・一度行きたいと思っていたが、自分でお金を出して行く気はしなかった

・物も嬉しいけど、自分で買う事が出来るし、正直物欲がなくなってきていた

・物よりも、人生でやり残したことが無いように色々な体験をしたいと考えるようになってきた


去年初めて物以外の物を渡した後は、私も不安だったので、正直な感想を聞きたくなり色々と質問しましたが、上記のような事を言っていました。

しばらくは色々な体験ギフトを贈ろうと思っています。

値段が選び放題 お手頃な価格から高価な物まで

例えばマッサージなどの体験では、時間が30分のプランと1時間のプランを自分のお財布事情により選ぶことが可能です。

もちろん時間が半分になれば値段を半分になりますよね。

なので一口に、体験型プレゼントと言っても金額はある程度 自由に選択することが可能なんです。


受け取る母も嬉しい体験型は、贈る方もその時の状況にあわせる事が可能なので、とっても便利だと思います。

おすすめの体験ギフト

実際に私がプレゼントしたものを含め、多種多様な体験ギフトがあるので紹介していこうと思います。

まずは私が贈った物を紹介します。

個室スパ&エステチケット

こちらが私が実際に送った商品です。

東京、神奈川にある15件ほどの店舗から、自由に選択して行く事が可能なので選ぶ楽しさもありますよね。

こちらは、フェイシャルかボディのどちらかしか選べませんが、リンクをクリックすればどちらも体験できるギフトセットも選択可能です。


下の写真は、実際の外見です。大きさが分かりやすいように1000円札と並べています。

送付されてくる段ボールを開けると、おしゃれなケースにチケットと、選べる店舗が本(冊子)のようになって入っています。

使い方 予約は簡単

1、冊子からお試ししたいメニューや、便利な立地からお店を選ぶ

2、選んだお店に電話で予約(電話番号は冊子にのっています)

3、当日、一緒に入っているチケットを持って行けばもちろんお代は無料です。

※有効期限は半年です。


エステなんてお金に余裕のある人しか行けないイメージですよね。

うちの母も、もちろん今まで行った事はありませんでした。

一度は行ってみたかったようなんですが、なかなか勇気がでなかった、そしてエステにお金を使うなら他の事に使ってしまっていたようなんです。

しかし本当に一度は行ってみたかったと言って、とてもとても喜んでくれました。

選択可能な店舗とデメリット

南青山/六本木/お台場/吉祥寺/恵比寿/外苑前/虎ノ門/銀座/二子玉川/千駄ケ谷/代官山/武蔵小杉/白銀大/渋谷

箱根/横浜

上記のようにたくさんの地域から選択可能なんですが、東京と神奈川しか選べない所がデメリットですね。

全国で使えるエステ券

関東以外にお住いの方向けにこちらも紹介しておきます。

男の私でも知っている たかの友梨 のエステギフトチケットです。

全国に100店舗以上あるので、行きやすい場所にもあるのではないでしょうか!?

こちらも有効期限は半年あるので、あわてずに行く事ができそうですね。

47都道府県 800コース以上選べるリラックスセット

今まではエステに特化したプレゼントを紹介しましたが、エステだけではなく幅広いリラックス体験ができるプレゼントセットがこちらです。

上記リンクをクリックすると、ブルーよりもさらに選べる幅が広がるグリーンのギフトセットも選択可能です。

こちらのリラックスセットは、47都道府県で体験できるのでお勧めです。

さらにこちらは800コース以上も選べるんです。
※グリーンの場合は、1000コース以上が選択可能です。


800コースもあると、選ぶだけでも非常に楽しむ事ができること間違いなし!

エステはもちろん、ネイルサロン/ヘッドスパ/よもぎ蒸し/リフレクソロジー/フットケア/マッサージなどの身体がやすらぐ体験。

さらに、ヨガ/乗馬/ヘアメイク体験などの経験してみたかったものなどにもチャレンジすることができるんです。

2人で体験 思い出づくり

こちらは2人用のギフトセットです。
母と一緒に自分も体験できるのでお勧めです。

上記リンクをクリックすると全3シリーズから選択することが可能です。

1人では行きたがらない母もいると思いますが、こちらの体験ギフトはあらかじめ2人用となっているので安心して行く事が可能です。


こちらの2人用のパックも47都道府県、900コース以上から選ぶことができます。

リフレクソロジー/ヘッドスパ/クルージング/キャンドル作り 等々本当にたくさんあります。


以上、色々な体験型ギフトの紹介でした。

基本情報 豆知識 由来

花や物以外のプレゼントを紹介してきましたが、最後に、いまさら人には聞けない母の日の豆知識などを記載していこうと思います。

いつ?2018年は5月13日

まず最も基本的な所ですが、日本の母の日は毎年日付が変わります。

5月の第2日曜日と、毎年変化するので覚えにくいですが、いつも日曜日なのでお祝いしやすいという所はメリットだと思います。

海外には母の日はある?

意外と知らない方も多いですが、母の日はもともとアメリカが発祥と言われています。

ただし所説あり、どの国が発祥の国なのかは定かではありません。

そう考えると世界中どの国でも 母に感謝する日 という物があるというのは とても感慨深いものがありますね。

日本と同じように5月の第2 日曜が母の日とされている国が最も多いようです。

アメリカ、オーストリア、カナダ、香港、台湾、イタリア、ペルー、ブラジル、チリなどなど。

アジアに限らずヨーロッパや南米まで幅広い国で、同じ日にお祝いをするようです。

詳細はwikiを参照願います。


<関連記事>
【花火大会】できる男のおすすめ持ち物 デートで女性に喜ばれるもの まとめ

おすすめ兜飾り 安い コンパクト おしゃれ 人気の商品まとめ

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加