赤ちゃん・乳児・子供の海外旅行保険 2番目におすすめ のクレカは三井住友VISAゴールドカード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、子供や赤ちゃんを海外旅行に連れて行く時に、2番目におすすめの三井住友VISAゴールドカードを徹底的に解説していこうと思います。


子供や家族の海外旅行保険に適したクレジットカードで、私が一番おすすめしているのは、ミライノカード GOLDです。

ミライノカードゴールドについて、詳細に記載している記事は下記になります。
【子供】連れの海外旅行保険に超おすすめのクレジットカード(家族特約) 安い値段でコスパの高い付帯を


クレジットカードを2枚以上持って行くべき理由

ミライノカードゴールドを一番奨めているのに、なぜ三井住友VISAゴールドカードもおすすめなのか?

と疑問に思った方も居ると思いますが、まずはそちらの理由について記載していこうと思います。


2枚持っていれば保険は合算できる

クレジットカードを複数枚持っている方が多いと思いますが、それぞれのカードに海外旅行保険が付帯されていますよね。

その場合は、全てのクレカの海外旅行保険を合体して、保険料を受け取る事が可能なんです。

クレジットカードを複数枚持っていると、貰える保険の金額を上乗せさせることが出来るので2枚以上持って行く事をおすすめしています。

クレジットカードを複数枚持っている時の保険の詳細

私が一番おすすめしているミライノカードゴールドと、2番目におすすめの三井住友VISAカードを例にして、分かりやすく解説していきます。


<ミライノカードの保証内容>
下記に表示している金額は / の左がカードを持っている本人で、右側が家族の金額となります。

本人の保証金額/家族(配偶者・子供・親)の保証金額

1、死亡・後遺障害保険金:5,000万円/1,000万円
旅行中の事故や病気で死亡してしまった場合、後遺症が出てしまった場合の保険


2、傷害治療保険金:500万円/250万円
旅行中に怪我などしてしまった場合の、診療代や入院代に対する保険


3、疾病治療保険金:500万円/250万円
疾病治療(しっぺいちりょう)保険は、旅行中に体調が悪くなったりして、病院に行った場合の診察代などに対する保険


4、賠償責任保険金:5,000万円/2,500万円
他人の物を壊してしまったり、他人に怪我をさせてしまった場合に対する保険


5、携行品損害保険金:50万円/25万円
携行品(けいこうひん)損害保険は、盗難や破損などが発生した場合に対する保険


6、救援者費用保険金/保険期間中:300万円/150万円
事故によって生死が確認できない場合などに救助したり探したりする時の費用に対する保険
山での遭難などで、ヘリコプターを使った場合などに該当するかと思います。



<三井住友VISAゴールドの保証内容>
下記に表示している金額は / の左がカードを持っている本人で、右側が家族の金額となります。

本人の保証金額/家族(子供)の保証金額


1、死亡・後遺障害保険金:5,000万円(最高)/1,000万円

2、傷害治療保険金:300万円/200万円

3、疾病治療保険金:300万円/200万円

4、賠償責任保険金:5,000万円/2,000万円

5、携行品損害保険金:50万円/50万円

6、救援者費用保険金/保険期間中:500万円/200万円

※赤字はミライノカードゴールドより少ない保証金額
※黄色はミライノカードゴールドより多い保証金額

引用:三井住友カード 海外旅行傷害保険

【注意点】死亡・後遺障害保険 は合算されない

複数のカード(他社カードを含む)付帯の傷害保険にご加入の場合、傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されず、最も高い保険金額が限度となり、各カード(他社カードを含む)に付帯する保険金額に応じて按分して保険金をお支払いいたします。

引用:三井住友カード公式ホームページ


複数のカード(他社カードを含む)付帯の傷害保険にご加入の場合、傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されず、最も高い保険金額が限度となり

と記載があるように、死亡・行為障害保健は合算されないので注意が必要です。


どちらのカードも死亡・行為障害保健は5000万/1000万円なので、最高でも貰える金額は下記となります。
本人:5千万円
家族:1千万円


例えばミライノカードと別のクレカを2枚持って行き、別のクレカの死亡・行為障害保健が3000万円だった場合は、最も高い保険金額であるミライノカードの5000万円が優先されることになります。

ミライノカードとその他のAのクレカ、Bのクレカ、Cのクレカを4枚持っていた場合でも、もちろん一番保証が高い保険の金額が適用されることになります。

他の保険は上乗せしてお金を貰える

1、死亡・後遺障害保険金は合算されませんが、2-6までのその他の保険は合算されることになります。

例えば3の疾病治療保険金で見てみましょう。

ミライノカードの 3、疾病治療保険金は 500万円/250万円

三井住友VISAの 3、疾病治療保険金は 300万円/200万円


もしあなたの子供が急な病気になり手術が必要になったとします。

日本国内にいれば、国民保険などが適用され3割ほどの負担で済みますが、日本の国民保険が適用されない場合は全て支払う必要があります。

行かれる国などにもよりますが、簡単な手術でもアメリカやヨーロッパの先進国では、数百万円なんていう高額な金額がかかってしまうんです。


お子様が手術を受けて、かかった費用が300万円だった場合、ミライノカードの補償額は250万円なので 50万円不足しますし、三井住友VISAカードは200万円の保証額なので 100万円足りません。


その為、50万円、100万円を自腹で支払う必要があります。


そんな時、ミライノカードと三井住友VISAゴールドカードを両方持っていれば、250万円+200万円の450万円までの疾病治療費が保険の対象となるんです。


海外旅行に行かれる人の多くが、複数のクレジットカードを持っている理由が分かっていただけたかと思います。

赤ちゃん・乳児・子供を海外旅行保険に加入させる方法は2通り

家族で海外旅行に行かれる方が増えていますが、しっかりとお子様も保険に加入させていますか!?

時差や長時間の飛行機移動などで、小さいお子様の体力は落ちてしまいますし、体調を崩しやすくなってしまいます。

さらに、日本では考慮しなくてよい病気、日本では発症する事のない感染症などにもかかる可能性があるので、絶対に保険に加入しておく事をおすすめしています。


感染症に関しては、蚊に刺されることによっておこる物が多いので、虫よけ対策もしっかりしておく事が大切です。

<関連記事>
【超強力】最強の虫よけ紹介!海外旅行の蚊やハエ、マダニにも!
赤ちゃんや子供にも使える、強力な虫よけスプレーを紹介した記事です。





赤ん坊や幼児、乳児などの子供を海外旅行保険に加入させる方法は、2つあります。


1、保険会社で個別に申し込みを行う方法

2、親が【家族特約】付のクレジットカードを持つことにより、クレカ付帯の海外旅行保険に子供も加入させる方法


私がおすすめするのは、2、家族特約付きのクレカを親が持つ方法ですが、それぞれのメリットとデメリットを記載していきます。

個別に保険会社で加入する場合のメリット・デメリット

赤ちゃん・乳児・子供を海外旅行保険に加入させる方法の1つ目は、保険会社でお金を支払い海外旅行の期間のみ、保険に加入する方法です。



<メリット>
■細かな設定まで自由にアレンジが可能
例えば、自分の子供は 病気になりやすいから、疾病治療費用は保証される金額が高いものに加入したい。
※疾病治療(しっぺいちりょう)保険は、旅行中に体調が悪くなったりして、病院に行った場合の診察代などに対する保険

活発な子だから、物を壊したりしてしまった時の為に、賠償責任費用は、補償される値段が高い物に加入したい。
※他人の物を壊してしまったり、他人に怪我をさせてしまった場合に対する保険

貴重品などは全部親が管理するから、携行品損害は入らずに、支払う保険金額を安く抑えたい。
※携行品(けいこうひん)損害保険は、盗難や破損などが発生した場合に対する保険

など 自分の考えや子供の個性によって、保証を手厚くしたり、外したりと自由にカスタマイズが出来る所がメリットとなります。


<デメリット>
・お金がかかる
個別に保険に加入するので、保険代が発生します。
お子様が2人以上であれば、人数が増えれば増えるほど、支払うお金は増えて行ってしまいます。

・手続きが発生する
旅行前に、保険会社に申し込みを行う必要があるので、手間がかかります。


家族特約で保険に加入する場合のメリット・デメリット

保険会社で申し込みを行い個別に加入する保険が1つ目の方法で、2つ目の方法はクレジットカード付帯の海外旅行保険に加入する事です。

ただし、子供はクレカを持つことが出来ないので、親が持つカードに、家族特約が付いている必要があります。


家族特約が付いているクレカを持ち、そのクレカ付帯保険に子供を入れる場合のメリットとデメリットを記載していきます。


<メリット>
・事前の申し込み等 面倒な手続きが不要

・家族特約であれば、子供が複数いても 無料で全員が保険に加入できる

・保険に加入するのにお金がかからない


<デメリット>
保険会社で加入する時のように、自分でアレンジする事はできないので決まったパターンの保険に加入する事になる

以上が、それぞれのメリットとデメリットになりますが、上述したように 私のおすすめは親が【家族特約】付のクレカを持ち、クレカ付帯の保険に子供を加入させることです。

それぞれメリットとデメリットを記載してきましたが、クレジットカード付帯の保険に加入する方が メリットが大きいと思います。

子供が複数いる場合、全員が無料で加入する事が出来るのが 非常におすすめです。

家族特約の種類の詳細

一言に家族特約と言っても、クレカによって大きく変わります。

今回も、私が一番おすすめしているミライノカードGOLDと、三井住友VISAゴールドカードで比較していこうと思います。


対象となる家族の範囲について

家族特約が付いているクレカは いくつかありますが、保証される範囲を事前にしっかりと確認しておく必要があります。

ほとんどのカードの家族特約は、下記の3パターンに分かれます。


<1、子供のみが対象の場合>
自分がカードを持っていた場合、子供のみが対象になる場合です。
※配偶者/親が対象外

配偶者とは:
カードを持っているのが夫の場合は妻を指します。
カードを持っているのが妻の場合は夫を指します。



<2、配偶者+子供が対象>
旦那がカードを持っている場合、子供と嫁が保険を受けられる場合です。
※親が対象外



<3、配偶者+親+子供が対象>
カード1枚で、家族全員が保険に入れるという最も優れたプランです。


ミライノカードゴールドは 配偶者+親+子供が対象

ミライノカードゴールドは3、の<配偶者+親+子供>の全員が対象となるので、本人が一枚持っているだけで全員をカバーできる安心のカードです。

<公式サイトはこちらから>
ミライノカード GOLD




三井住友VISAゴールドカードは、子供 のみが対象

三井住友VISAゴールドカードの場合は、1、の子供のみが対象となります。

配偶者や親がカバーできませんが、家族カードがあるので、配偶者や親に対する保証は 本人と同様の充実した保険に加入できます。

家族カードとは

ミライノカードゴールドは 配偶者+親+子供が対象

三井住友VISAゴールドカードは、子供 のみが対象


となるので、三井住友VISAゴールドカードの家族特約では、配偶者や親の保険がカバーできません。

ただし、家族カードを取り扱っているので、配偶者と親の保険については手厚い保証を受ける事が可能です。


家族カードのメリットについて詳しく記載していきます。
※デメリットは特にないと思います。

【無料】年会費が非常に安い

三井住友VISAゴールドカードは、利用明細書を紙ではなくweb受け取りにするなどした場合に、割引サービスがありますが、最大の年会費は1万円となります。

ただし家族カードは、年会費はたったの 1000円と 非常にお得になっているんです。
※1枚目の家族カードの1年目の年会費は無料です。


家族カードは複数枚申し込むことが可能です。

例えば、夫が本会員カードを持っている場合、妻(配偶者)や親、子供(18歳以上)などが家族カードに申し込むことが可能です。

夫:本会員(カードの保持者)
妻:家族カード1枚目 初年度年会費無料で2年目以降は1000円
親(父):家族カード2枚目 年会費は1000円
親(母):家族カード3枚目 年会費は1000円


たったの1,000円で、10,000円分の海外旅行保険が受けられるんです。

1/10の価格で、本会員と同様の保険に入れるなんて、驚くほどお得ですよね。


【審査が簡単】だれでもカードを持てる

・夫のみがサラリーマンとして働いていて妻は専業主婦のご家庭

・妻はパートのみで働いているご家庭

・親が定年退職をしているご家庭


こんな場合には、妻や親はクレジットカードの審査に通らない事が多いです。


安定した収入がある夫のみが、カードの審査に通りカードを保持できる。
ただし、安定した収入が無い 妻や親は審査が通らずクレカをゲットできない。


そんな場合に、妻や親が、夫のカードの家族カードに申し込めば、同じ内容のカードに加入出来る事になるんです。

本会員の審査は通らなくても、安定した収入のある夫の家族カードとしてならば、簡単にカードを入手する事が出来ます。

Q.家族カードを申し込みたいのですが、条件はありますか?
ご家族会員は生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、お子さまおよびご両親に限ります。
ただし本会員の方が学生の場合、お申し込みは配偶者の方に限らせていただきます。 また、同居していないご家族の方についても生計を共にされている場合は対象となります。

出典:三井住友カード よくあるご質問


海外旅行保険の保証は充実

上述しましたが、三井住友VISAゴールドの海外旅行保険の保証内容は下記となります。

表示している金額は / の左がカードを持っている本人で、右側が家族の金額となります。
本人の保証金額/家族(子供)の保証金額


年会費1000円を払えば、妻も親も、カードを持っている本人と同じ左側の保証内容を受けられる事になります。


1、死亡・後遺障害保険金:5,000万円(最高)/1,000万円

2、傷害治療保険金:300万円/200万円

3、疾病治療保険金:300万円/200万円

4、賠償責任保険金:5,000万円/2,000万円

5、携行品損害保険金:50万円/50万円

6、救援者費用保険金/保険期間中:500万円/200万円


これはミライノカードゴールドで、自動で付帯される家族(子供・配偶者・親)の保証の金額を超えるので、配偶者と親が家族カードを持つと、ミライノカードゴールドよりも優れた補償内容となります。

Q,家族会員もカード付帯保険サービスの補償の対象になりますか?
補償の対象となります。家族カードは本会員カードと同様の補償内容が付帯されております。

出典:三井住友カード よくあるご質問


本人が同行しなくても保険は適用される

家族カードを持っている妻だけで旅行に行った場合なども、海外旅行保険に加入している事となります。

Q.本会員は同行せず、家族会員だけ旅行した場合でもカード付帯保険サービスの補償の対象になりますか?
補償の対象となります。家族カードは本会員カードと同様の補償内容が付帯されておりますので、ご家族会員の方だけで旅行した場合でも補償の対象となります。

出典:三井住友カード よくあるご質問



子供だけで旅行に行く場合や、海外留学に行く場合には、家族特約が適用されます。

もちろん自動付帯なので、事前の登録や申請など必要なく、親が家族付帯のクレジットカードを持っているだけで問題ありません。

※ミライノカードゴールドも、三井住友VISAカードも、どちらも家族特約付きで自動付帯なので、子供だけで旅行に行く場合にはなんの手続きも必要なしで、自動で適用されます。

私がこの2枚をおすすめしているのは、このようなメリットがあるからです。


その他 気になるポイント

家族カードでも海外でキャッシングが可能
家族カードを持った妻や、家族だけでも保険が適用されますし、海外でのキャッシングが可能なのは とても助かりますね。

Q.家族カードでも海外でキャッシュサービスを利用できますか?
本会員の方のカードに海外キャッシュサービスのご利用枠の設定があれば家族カードでも海外キャッシュサービスをご利用いただけます。



家族カードの発行は10日前後
10日前後かかるようなので、家族旅行が決まった場合や、妻と子供だけで旅行に行かれる場合などは、余裕をもって早めに家族カードの申し込みを行いましょう

Q.新しく家族カードを申し込むと、カードが届くまでどれくらいかかりますか?
入会申込書が弊社に到着してから、最短8営業日(10日前後)で弊社からカードを発送いたします。
※提携カードの家族追加の場合や、お申し込み内容に確認が必要な場合は、カード発行までにお時間がかかる場合がございます。



家族カードのみ、解約する事も可能
家族カードのみを解約可能なので、海外旅行に行く時にだけ、家族カードを発行することも出来て便利ですね。

Q.家族カードのみ退会(解約)できますか?
はい。家族カードのみの退会も承ります。
家族カードの退会を希望される場合は、お手元にカードをご用意のうえ、カードのご契約者(本会員)または家族会員の方より、下記のお問い合わせ先へご連絡をお願いいたします。

出典:三井住友カード よくあるご質問


その他 おすすめポイントまとめ

他にも数々のお得で見逃せないサービスがたくさんあります。

ミライノカードゴールドよりも年会費が高いだけあり、多くの魅力的なサービスがあるので簡単に説明しておきます。

絶対外せない 自動付帯

今回おすすめしている 三井住友VISAゴールドカードの海外旅行保険は、もちろんおすすめの自動付帯です。
※ミライノカードゴールドも自動付帯


クレジットカード付帯の海外旅行保険には、利用付帯と自動付帯の2種類があります。

・自動付帯:カードを持っているだけで保険が適用される

・利用付帯:カードで航空券を買ったりした場合に、保険が適用される
※利用しないで持って行っても、保険が適用されません。


何も気にせず、持っているだけで保険が適用される 自動付帯がおすすめです。

特に、家族特約付きのカードで、利用付帯だと全員分のチケットをまとめて購入したりしなければいけません。

普段メインに使っていてポイントを貯めたいカード等があった場合は、そちらのカードを使いたいですよね。

利用付帯のカードだと、海外旅行の時に絶対に使わなければいけませんが、自動付帯であれば そんな事も気にせず保険に入れます

【注意】利用すると上乗せされる

三井住友VISAゴールドカードは、

1、死亡・後遺障害保険金:5,000万円(最高)/1,000万円

のみ 一部利用付帯となるので、注意が必要です。


1、死亡・後遺障害保険金:5,000万円の内、自動付帯は1,000万円分のみとなります。
残りの4,000万円分は、利用付帯となり、航空券を購入したりした場合のみ適用されます。

利用しないと最高1000万円、利用すると+4000万円となります。


本人の 2-6のその他の保険は、全て自動付帯です。

家族特約(子供)は、全て自動付帯です。

キャッシュレス診療が受けられる

世界各国から、緊急時に電話連絡をすると下記のようなサービスを受けられます。

・医師・医療施設の紹介・案内
・医療費キャッシュレスサービス
・患者の医療施設への移送
・患者の本国への移送
・現地での医師の緊急派遣
・医薬品類の緊急手配
・通訳の紹介・手配
・弁護士の紹介・手配など


自分だけでは 間違いなく手配する事ができないであろう上記なようなサービスを海外や旅行先に居ながら、親切丁寧に対応してくれます。

その中でも、一番お世話になる確率が高いものが、病院の紹介と医療費キャッシュレス診療だと思います。


海外で体調を崩したり怪我をした際は、せっかく保険に加入しているんだから、間違いなく保険を適用して病院に行きますよね。

その際、自分で立替て、後ほど領収書を保険会社に送り、お金を貰う立て替え診療と、自分では病院でも一切お金を払わずに、病院を受診できるキャッシュレス診療の2種類があります。

<立替診療>
自分で立替をし海外の病院にお金を払います。お金は後ほど保険会社から貰います。

高額な医療代となった場合は、その場で払いきれない事も考えられます。

カードの限度額は人それぞれだと思いますが、日本の国民保険や健康保険が効かない海外で 急病になり手術などした場合は、その場で払えない事も十分に考えられます。



<キャッシュレス診療>
自分でお金を払うことなく、カードの保険会社と海外の病院で直接お金のやり取りをしてくれます。

たとえば、100万円の医療代だったとしても、キャッシュレス診療であればまったく心配する必要はありません。


国内の旅行でも保険は適用される

・傷害死亡・後遺障害:5千万円(最高)
自動付帯分は1000万円ですが、国内旅行に行かれている時にカードで決済すれば プラス4000万円まで上乗せされます。

・入院保険金日額:5千円(1日5千円)
事故日から180日が限度となります。

・通院保険金日額:2千円(1日2千円)
事故日から180日以内、90日が限度となるので、最高で18万円までとなります。

・手術保険金:20万円(最高)
1事故につき、1回の手術となります。

空港ラウンジ無料サービス

全国28ヵ所の空港で、無料で空港内のカードラウンジを使う事が出来ます。

28というかなりの数の空港で使えるというのが、非常にありがたいですね。

ショッピング補償(お買物安心保険)

国内でも海外でも、最高300万円までのお買い物保証が付いてきます。

三井住友VISAゴールドカードで決済して購入した商品が壊れたり、盗まれたりしたときに300万円分まで保証してくれます。

その期間は、購入日から90日間と長い期間で保証してくれるので、安心してショッピングを楽しむ事が出来ます。




いかがでしたか!?

絶対に欲しいキャッシュレス診療や、お買い物保証まで痒いところまで手が届くサービスだと思います。

三井住友VISAゴールド まとめ

自動付帯で、家族特約が付くので、事前の申請や手続不要で子供を保険に加入させる事が可能

・配偶者、親は家族特約には入らないが、家族カード(1000円)を発行すれば 本人と同じ1万円分の保険を受けられる

・配偶者、親などクレカの審査に通りにくい人でも、簡単に同じ保証のカードを入手できる

・国内旅行にも保険が適用される

・安心のキャッシュレス診療が受けられる。

・ショッピング保証(300万円分)も付いている

おすすめのプランは2枚持ち

子供や家族の海外旅行保険に適したクレジットカードで、私が一番おすすめしているのは、ミライノカードゴールドです。

公式サイトはこちら
ミライノカード GOLD


ミライノカードをおすすめする主な理由としては、下記となります。

年会費が安い
保険の補償額や、サービスを考えると年会費3000円という値段は コスパが良すぎるほどです。


家族特約が、カードを持っている自分+配偶者と子供と親
1枚持っているだけで、幅広くカバーできるので持っているだけで安心できます。

ミライノカードゴールドについて、詳細に記載している記事は下記になります。
【子供】連れの海外旅行保険に超おすすめのクレジットカード(家族特約) 安い値段でコスパの高い付帯を




ただし、ミライノカードゴールドだけでは病気や事故などが発生した場合の補償としては、少し心細いというのが本音です。


そこでおすすめするプランが、子供を保険に加入させるのに2番目におすすめの三井住友VISAゴールドカードを 併せて持つことです。

2枚のクレカを両方持ち保険を合算させて、保証額を上乗せする方法がおすすめです。


三井住友VISAゴールドカードを2番目におすすめとしている理由は下記となります。


年会費は安くない
年会費は1万円かかります。
ただし、利用明細書をwebで配信などに設定すると年会費は安くなります。

もちろん家族特約が付いているので、1万円でも安いのですが、ミライノカードゴールドは3000円なので、2番目におすすめとしています。


家族特約が、カードを持っている自分+子供のみ
自分と子供のみしかカバーできません。
※配偶者と親が家族特約の対象外となります。

格安の家族カードが超おすすめ

ただし三井住友VISAゴールドカードを、おすすめしているポイントが 家族カードの存在です。

家族特約では、子供しかカバーできませんが、配偶者や親は年会費たったの1000円で 家族カードをゲットする事が出来ます。


年会費1000円の家族カードで、保証金額は、本会員と同様の物となるので、非常におすすめです。

家族カードの発行を前提に考えれば、ミライノカードゴールドよりも優れていると思います。

<公式サイトはこちら>
三井住友VISAゴールドカード



2つに加入し家族カードを発行するのがベスト

家族5人(両親+子供3人)で海外旅行に行かれる場合は、ミライノカードゴールドと、三井住友VISAゴールドカードを入手し、妻は家族カードを申し込むのが一番良いと思います。


これにより、

・会員主(夫)は、ミライノカードゴールドの本会員保証と、三井住友VISAの本会員保証の合算保険となります。

・妻は、ミライノカードゴールドの家族特約保証と、三井住友VISAの本会員保証の合算保険となります。

・子供(3人)は、ミライノカードゴールドの家族特約保証と、三井住友VISA家族特約の、2枚のカードの合算された金額となります。


合算できるという事を知らない方も多いと思いますが、死亡・後遺障害保険金以外は合算(上乗せ)可能なので、充実した保証となります。

さらに子供の数が多ければ多いほど、お得になるので家族特約付きのクレカで保険を利用するのが、最もお得な方法になると思います。

お得なキャンペーン

今ならお得なキャンペーンを実施しています。
キャンペーンは下記から確認可能です。

入会しようとお考えの方は、上記から登録するとお得です。




<関連記事>
【UCSカード】子供や家族の海外旅行保険で最安値!? 安い値段のおすすめクレジットカード
家族特約付き(子供を海外旅行保険に加入させられる)のクレカで、たぶん最安値となります。

【超おすすめ】首掛けセキュリティポーチ(パスポートケース) 貴重品を首から下げる安全性について
私が実際に使っている、クレカやパスポートを入れるスキミング対策付きのセキュリティポーチの紹介記事となります。
首下げタイプのポーチに入れる事で、スリや盗難、置き忘れなどの被害にあう確率が格段に下がります。


【海外旅行保険の使い方】注意点と請求方法を徹底解説
私が実際に海外旅行保険を使った時の記事となります。
キャッシュレスで病院に行った場合、盗難にあい警察に行った時の注意事項などを体験談とともに詳しく記載しています。


楽天プレミアムカード【世界一周に超おすすめクレジットカード】を徹底解説
世界一周や、長期で海外旅行に行かれる方には、楽天プレミアムカードが最もおすすめです。
おすすめの理由は、長期旅行に適したクレカの選び方などを詳細に記載しています。





<おすすめ記事>
【持ち物まとめ】最強おすすめ海外旅行の厳選したアイテム紹介
実際に私が色々と使ってみて、本当に便利だったものを厳選して紹介しています。

各アイテムを細かく写真付きで書いています。
また、どのようなポイントで選べば良いかも詳しく書いています。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加