レヴォチャのおすすめの安宿(評価9以上)とコシツェからの行き方【世界遺産の絶景へ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回はスロバキアのコシツェ(Kosice)からレヴォチャ(Levoca)へのアクセスについて書いて行きます。

地図、時刻表、所要時間、切符の価格や値段まで、出来る限り詳しく書くので、実際に移動する人の参考になれば幸いです。

この辺りに行く多くの方の目当ては、スピシュ城だと思います。


スピシュ城への移動や、行き方を探すと、近くの街レヴォチャ(Levoca)から、日帰りで行っている人が多いです。
レヴォチャからだと、頻繁にバスが出ていますし、一本で行けるので便利だと思います。

しかしながら、筆者のおすすめは、スピシュ城のある街スピシュスケー・ポドフラディエ(Spiske Podhradie)に宿泊する事です。

下記記事で書いていますが、スピシュ城を満喫したい方は、ぜひスピシュ城のある町で宿をとってください。

ラピュタのモデル!?スピシュ城への行き方とアクセス詳細(地図、入場料や営業時間)

今回筆者がレヴォチャに向かうのは、レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財として世界遺産に登録されている街並みを見てみたかったからです。

コシツェからレヴォチャへの移動はバスがおすすめ

列車での移動の場合は乗り換えが必要

コシツェの駅で確認した結果、レヴォチャには駅が無い為、スピシュスカー・ノバー・ベス(spisskaNovaVes)という近くの町まで行き、そこからバスに乗り換えが必要との事でした。

乗り換えるのは面倒だし、きっと値段も高くなるだろうと思い、直通で行けるバスでいく事にしました。

コシツェのバスステーションの情報

<コシツェのバスターミナルの場所の地図>

Autobusova stanica
Stani?ne namestie 9, 040 01 Ko?ice-Stare Mesto, スロバキア

コシツェからレヴォチャ行きの時刻表


赤と青の違いは分かりませんが、1日7本ほど出ているようです。

10時40分/12時/15時20分/15時45分/16時/18時10分/19時10分

筆者は、15時45分のバスを選択しました。

バスのチケットの値段/金額

バスのチケットはバス内で購入します。

価格は4.85ユーロ/1人です。

バックパックやスーツケースを、バスの下に預けるのに、お金はかかりませんでした。

コシツェからレヴォチャへの移動詳細

ポプラド(POPRAD)行きのバスに乗ります。

15時45分:時刻通りバスは出発

16時20分:プレショフ(Presov)に到着し乗客乗り降り

17時20分:スピシュ城のある街スピシュスケー・ポドフラディエに到着し、乗客乗り降り

17時50分:レヴォチャ到着

所要時間:約2時間

到着するレヴォチャのバスステーションの情報

<レヴォチャのバスターミナルの場所の地図>

Levoča Autobusová Stanica

バスターミナルの前に、大きなスーパーマーケット(Billa)があるので便利です。

営業時間は、平日が21時まで。日曜は20時までです。

このあたりのスーパーは閉まるのが早いので、注意が必要です。


スポンサーリンク



レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

世界遺産に登録されているレヴォチャの街。

街全体が、城壁に囲まれたとても雰囲気のある素敵な街となっています。

一番綺麗だと思った場所はBazilika Panny Marie教会

<レヴォチャ絶景の教会の場所の地図>

Bazilika Panny Marie

街全体が本当に美しいですが、その中でも最も興味を惹かれたのは、街から少し離れた丘の上に堂々とそびえたつBazilika Panny Marie教会です。

近くにスピシュ城がなければ、もっと有名になっても良いと、だれもが思う素敵な絶景でした。

レヴォチャの街もぜひ見てもらいたいですが、教会を見るためにレヴォチャに訪れるのも良いと思います。

残念ながら、教会の写真が消えてしまったので・・・参考に下記写真載せておきます。
街から見える、丘の上に建つ教会です。

出典:http://www.etarg.org/Trips.html

口コミ評価9以上!レヴォチャのおすすめ宿/ホテル情報

ペンジオン オアザ(Penzion Oaza)

最安値の宿でしたが、かなり良かったのでおすすめさせて頂きます。

口コミ評価も9.1と高かったのですが、高い理由に納得するクオリティの宿でした。

・形式的には、ソベのような人の家を借りるスタイル風ですが、とにかく敷地が広いです。

・家族の住んでいる建物とは違う建物に部屋がある為、まったく気を遣う必要はありません。

・同じ建物にも部屋がありますが、1Fと2Fに分かれているので、気を遣う必要はありません。


ドミトリーではなく個室となっていて、筆者が宿泊した際は、共同のトイレ風呂も、貸し切りとして使わせてくれました。
(隣の部屋が空いていたので)

清潔なトイレと、清潔なお風呂で湯船も付いていました。

とても親切な老夫婦がオーナーで、バスステーションからもかなり近く便利です。

Wi-Fiも早いです。

共用キッチンも付いていて、調味料や、鍋などが充実していました。

とにかく最安値で、このクオリティであれば、絶対にここに泊まるべきだと思います。

最安値で評価が9以上あるので、かなり人気があります。
世界遺産の街ですし、早めに予約しないと満室になってしまうのが難点です。

気持ちの良かった中庭の写真を載せておきます。




ペンジオン オアザの詳細はこちらからどうぞ




<関連記事>
ラピュタのモデル!?スピシュ城への行き方とアクセス詳細(地図、入場料や営業時間)

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加