ふるさと納税 始め方 初心者の人は簡単でお得な楽天がおすすめ!仕組みや方法など分かりやすく画像で解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ふるさと納税制度 という言葉を聞いた事がある人はたくさん居ると思います。

ニュースなどで頻繁にやっていますし、税金対策などに詳しい人は絶対にやっているお得な制度だからですね。

ただ、実際にやっている人は意外と少ないんです。


ふるさと納税を行えばお得になる


という事は知っていても、実際にやっている人は まだまだ少ないんです。

やればお得というよりも、やらないと損をしてしまうと言った方が分かりやすいかと思います。


この記事を読んでいる方は、興味があるしやってみたいと思っている人が多いと思います。

この機会に ぜひ始めてみましょう。

実際に始めた人は、なぜ今までやらなかったんだろう。と感じるはずです。


やらない人が多い理由は面倒そうだから

やればお得だという事は知っているけど、やったことが無い。という人の多くの理由が

税金は、確定申告などがめんどくさそう

という事だと思います。


今回は、実際に私もやっている、超簡単お得な楽天の制度を詳しく記載していきます。

今まで経験の無い人が、これから始めてみようと考えているのであれば、楽天のふるさと納税がおすすめです。

詳細は後述しますが、まったく面倒ではありません。

ふるさと納税とは

色々なサイトに詳しく書いてあるので、簡単に分かりやすく記載します。

サラリーマンの人でも、自営業の人でも、必ず税金を払っています。

ただ支払って終了なので、自分のお金は減るだけです。


ふるさと納税をすれば、税金を支払う代わりに、自分の好きな物を貰う事が出来るんです。

・やらなければ、ただお金を払うだけ。

・やれば、自分の好きな商品を選んで、貰う事ができる。

ざっくりと説明すると、このようなイメージです。


同じお金を払うのであれば、絶対に自分の好きな物を貰えた方が得ですよね。

どのくらいお得なのか

自分の年収や、家族構成(扶養家族の有無)によって、ふるさと納税の限度額は変わりますが、それぞれ簡単に調べる事が可能です。

下記の楽天サイトで、簡単に自分の限度額が分かるので、調べてみてください。

楽天かんたんシュミレーター

実際に私が上記シュミレーターで、2パターンの上限額を調べてみました。


パターン1
年収:400万円
家族構成:独身
扶養家族(子):無し
の場合は、43,905円



パターン2
年収:700万円
家族構成:既婚 扶養無し
扶養家族(子):1人(0歳~15歳)
の場合は、110,828円


年収を打ち込んで、あとはそれぞれのボタンをタッチして選択するだけで、こんなに簡単に 自分の寄付金の上限額(目安)が分かります。

楽天かんたんシュミレーター


パターン1の場合でも、パターン2の場合でも、どのような家族構成で上限額がいくらであっても、ふるさと納税を実施する場合にかかるお金は2000円のみです。
※1ヶ所に寄付しても5ヶ所に寄付しても、2000円のみです。

メリットを考えれば、2千円なんて安い物なので 気にする必要はありません。
2000円かかってでも、多くの方がやる事を考えれば、どれほどお得なのか分かりますよね。


例えば、パターン1の 43905円が目安の人の場合は、下記のいくら500g、お米、国産豚肉、ミネラルウォーターを 2000円で貰えるような事だと考えてください。

※4万3千円寄付すれば、2000円分以外の41000円が税金から控除されます。


北海道いくら 500g



コシヒカリ米 10kg




国産豚肉
【ふるさと納税】<宮崎県産豚切落し4kg(500g×8パック)>※2019年8月末迄に順次出荷 豚肉 切り落とし 国産 特産品 宮崎県 木城町 【冷凍】



天然アルカリ温泉水
【ふるさと納税】天然アルカリ温泉水2L×12本+500ml×25本

<天然アルカリ温泉水 財宝の商品レビュー記事>
【財宝】天然アルカリ温泉水 実際に飲んだ体験談 味をレビュー



これがパターン2の人であれば、2000円で上記の3倍ほどのお好きな商品が貰えるという事なんです。

2000円以外の寄付したお金は、税金が安くなったり戻ってきたりするので、掛かるお金は2000円のみという事なんです。

ふるさと納税の始め方

なにを始めるにも、登録などが面倒だと感じて、なかなか手が出にくい物ですが、楽天で買い物をしたことがある人であれば、面倒な事は一つもありません。

普通に買い物をするのとなにも変わらないからです。


楽天での買い物などしたことが無いという人は、事前に登録する必要がありますが、それでも本当に簡単です。

下記ページから必要情報を入力するだけです。
楽天登録ページ
時間にして5分もかからず登録は完了してしまいます。

楽天をおすすめする理由を詳しく説明

ふるさと納税を取り扱っている、有名なサイトは5種類ほどあります。

テレビのCMなどでもやっているので、数種類の名前を聞いた事があると思いますが、私が最もおすすめするのは楽天です。


これから詳しくメリットを説明していきますが、それよりも他のサイトの方がメリットを感じる。

という方は、もちろん他の有名なサイトで行えば良いと思います。


ただし、絶対に気を付けて頂きたいのは、有名サイトであることです。

偽サイトなども存在するので、注意しましょう。
※偽サイトの情報は後述しています。

人気ランキングで簡単に商品を選べる

下記は楽天ふるさと納税の人気ランキングの特集ページとなっています。

ふるさと納税人気ランキング
上記をクリックしていただけると、全ジャンルの人気ランキング紹介されます。


さらに、お肉や魚、お水や、お米、フルーツや日用品など、色々なジャンルごとに人気のランキングが分かります。
食べ物や日用品だけではなく、旅行券や宿泊券など 幅広いジャンルで色々な物を貰う事ができます。

人気ランキングで上位であるものは、基本的に還元率が良い商品だと考えられます。

例えば同じ1万円を寄付し、同じミネラルウォーターが 下記のような本数でお礼品として送られてくる場合

・Aの自治体では、20本
・Bの自治体では、19本

絶対にAの自治体の方がお得です。

その為、ランキングでは、間違いなくAの自治体の水が上位に出てくるので、簡単に良い商品、お得な商品を選ぶことが可能なんです。

寄付をするのは、普通のショッピングと同じ

楽天市場で商品を購入した事がある人は、品物を購入するのと同じ方法で寄付する事が可能です。

例えば、下記のランキングから自分が欲しい物を選ぶとします。
ふるさと納税人気ランキング


通常の買い物のように、下記の画面で買い物かごに入れたり、購入(寄付)するだけです。

1.ふるさと納税専用ページです。注文内容確認画面に表示される「注文者情報」を住民票情報とみなします。
⇒多くの方が、住民票と注文者情報が同じだと思うので問題ないと思いますが、住民票の写しなどを行っていない人は注意してください。


2.寄付金の用途を選択 (詳細はページ下部の「寄付金の使い道について」をご参照ください)
⇒こちらはいくつかある選択肢から、選んでください。実際になにに使われるかは不明ですが、自分の希望を伝える事ができます。


3.楽天通販サイトではありません。返信メールや「お礼の品」のお届けが遅くなる場合がありますのでご理解下さい。
⇒品物によっては、届くまで1ヶ月以上かかる事もあります。気長に待ちましょう。


4.ワンストップ特例制度を申請する
⇒後ほど詳細に記載しますが、確定申告をしたくない人はワンストップ申請をしましょう。(要望しましょう)


以上で終了です。

あとは、いつも通り届くのを待つだけです。

【不要】確定申告はしなくてよい

サラリーマンの方は、会社で年末調整をしているので 確定申告を自分でする人は少ないと思います。

ふるさと納税が敬遠されがちなのは、確定申告をするのがめんどくさい。

と考えている人が多いようですが、ワンストップ特例制度を使用すれば、確定申告は不要です。

詳細は下記、楽天ワンストップ特例制度ページを参照してください。

ワンストップ特例制度ってなに?
ワンストップ特例制度とは、2015年4月1日の税制改革で新たに追加された特例制度です。
利用可能条件に当てはまる方であれば、確定申告をせずにふるさと納税による寄附金控除を受けることができます。

ワンストップ特例制度を利用できる条件とは?
以下の2つの条件に当てはまる方は、ワンストップ特例制度をご利用いただけます。

1月1日~12月31日の1年間で寄附先が5自治体以下の方
確定申告をする必要のない方

引用:楽天ワンストップ特例制度ページ


5自治体以下に抑えるのは、1つの自治体に高額の寄付をすれば良いだけなので、問題ないと思います。

例えば、1万円で20本の水を貰える自治体であれば、3万円で60本の水をもらえたりしますし、旅行券など5万円や10万円など高額な物も多数あります。


【重要】楽天ポイントがもらえるのでお得

楽天をおすすめする大きな理由の、1つは上述したように通常のショッピングと同様、簡単に品物を購入できる事(寄付ができてお礼品がもらえる事)です。

そしてもう一つの重要な事が、楽天ポイントも一緒に貰えるという事です。


例えば

・10万円寄付すれば、自分が選んだ10万円分の寄付のお礼品がもらえます。

・2000円を引いた9万8千円分の税金が控除されます。


ここまではどこのサイトでも同じかと思いますが、楽天の場合はさらに

・10万円買い物したのと同じ分、ポイントが付きます。

最低でも1%付くので、10万円で1000円分のポイントがもらえるんです。

そしてもちろん、ポイントがザクザク溜まる楽天なので、多くの人が1%以上のポイントがもらえると思います。


私の場合は
・通常購入(だれでも付く物) 1倍

・楽天カード利用 2倍

・楽天銀行利用 1倍

・楽天市場アプリ利用 1倍

の、計5倍となります。

楽天カードを利用し、楽天銀行から引き落とし、さらにスマホに楽天市場アプリを入れているので、私は基本的に5倍のポイント付きます。

10万円寄付すれば、その他のサイトで寄付するより5千ポイント(5千円分)が貰えるんです。


さらに楽天市場では、楽天スーパーセールや、お買い物マラソンなどのイベントもやっているので、イベント時にふるさと納税を行えばポイントがザクザク溜まるんです。

スーパーセールやお買い物マラソンで、ポイントが10倍になれば、10万円で1万円のポイントがゲットできるというすごい事が起こるのが楽天をおすすめする理由です。

※スーパーセールやお買い物マラソンのポイントの付き方が変わる事もあるので、常に最新の情報を入手するようにしましょう。

ポイントを寄付する事も可能

あなたがすでに楽天で買い物をしている場合、多かれ少なかれポイントが溜まっているかと思います。

1万円の寄付をする場合、一部や全部をポイントで支払った場合でも、問題なく税金から引かれるんです。

Q.ポイントも税控除の計算をする際、寄付金額に含まれますか?
A. はい、ポイントでの寄付も金額に含まれます。

引用:楽天 よくある質問ページ


【注意】偽サイトに騙されないように

こちらもニュースで取り上げられていたので、知っている人も多いと思います。

見分けがつかないほど、そっくりな偽サイトがあるので、騙されないようにしましょう。

騙されるパターンは大きく分けて2つ

パターン1 購入した商品が届かない
例えば、あなたが欲しいと思ったお肉5キロを選択し、5万円の寄付金を振り込んだとします。

ただし待てども待てども、お肉は届かないというパターンです。

こちらは騙された方も、自分が騙されたと分かると思います。


パターン2 商品は届くが税金が引かれない
パターン1同様、あなたが欲しいと思ったお肉5キロを購入し、5万円の寄付金を振り込んだとします。

頼んだお肉が届きます。

こちらは騙された方が、自分が騙されたと思わない可能性があります。


ただし、偽物の場合は、ふるさと納税のメインである税金が控除されません。

一般的にふるさと納税の返礼品は、金額の30%前後となっています。

つまり1万5千円程度の商品を、5万円で購入したことになります。

本来であれば、2000円のみで15000円分の商品を貰い、税金から支払った5万円分の控除を受けられますが、その控除が受けられないので損をしてしまいます。

クレジットカードや個人情報も

寄付金は、クレジットカードで払う(購入)する事が多いと思います。

それにより、クレカの情報を偽サイトを作っている相手に教える事になります。

さらに家に届けるためには、住所や電話番号、名前を登録します。

色々な個人情報も盗まれる事になります。

偽物の見分け方

私も実際に、ニュースで偽サイトと本物のサイトを比較した画像を見た事がありますが、見分けが付かないと思いました。

そのニュースでやっていた見分け方は、下記の2種類を紹介していました。

1、偽物のサイトでは、値引きをやっている
本物のサイトでは、値引きなどは行われないので、値引きをしている場合は、偽物だと疑う

2、寄付金の振込先が個人名や企業名
本物のサイトであれば、自治体の名義になっているので、個人名などの場合は、偽物だと疑う



上記の見分け方は ニュースでやっていたので、偽サイトを作る側も 同じような事はしないと思います。

・値引きをしないようにする

・振込先口座名を自治体風の名前にする

などという事を、実施してくることは容易に想像が出来ます。


私のおすすめは、楽天のサイトに入ってからふるさと納税を検索する事です。

有名なサイト内から移動していけば、引っかかる事も少ないと思います。

同じ商品で、もっと還元率が良い物は無いか!?
などと サイトを通さず、直接検索してしまうと偽サイトに行ってしまう事や、誘導されてしまう事もあると思うので、有名サイト内の商品を選択することをおすすめします。


<関連記事>
【北海道海鮮紀行いくら】実食レビュー ふるさと納税品 解凍方法などもあわせて紹介

【財宝】天然アルカリ温泉水 実際に飲んだ体験談 味をレビュー

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加