【花火大会】できる男のおすすめ持ち物 2018 デートで女性に喜ばれるもの まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



日本の夏といえば、思い浮かべる方が多いのが花火大会ではないでしょうか。

毎年多くの方が楽しみにしている、夏の風物詩 花火大会で、彼女や奥さんとデートをする方も多いでしょう。

さらに、意中の相手を誘い、花火大会で愛の告白を と考えている方もいると思います。

今回はそんな方の為に、女性に喜ばれる 男性が持って行くべきおすすめの持ち物をまとめてみようと思います。

かさばらない 軽い コンパクト がポイント

当たり前の話ですが、色々多くの物を持って行けば使える幅が広がりますし、役に立つ場面が増える事だと思います。

ただし、荷物が大きくなってしまったり重くなってしまったりするというデメリットが発生します。

せっかくのデートで、男が50リットル用のバックパックを持って行ったら、女性は驚いてしまいます。

なるべく小さくなるように、厳選したものを詳しく理由を記載しながら書いていきます。

用途が重複しない厳選したもの

例えばハンカチとティッシュ、ウエットティッシュの3種類を持って行く必要があるでしょうか?

3つとも軽い物なので、すべて持って行っても問題ないかもしれませんが、ティッシュとウエットティッシュの2つがあれば問題ないのではないでしょうか?

個人個人必要な物は違うと思いますので、なるべく荷物を少なくできるように、最も良い物をチョイスしていきます。


スポンサーリンク



男が女性の為に 持って行くべき物

まず初めに、女性の為に持って行くものを紹介していこうと思います。

もちろん2人で使える物にも当てはまる事もありますが、男性だけであれば不必要でも彼女や妻、好きな女性の為に持って行くべき物を記載します。

ウェットティッシュ・ポケットティッシュ

先ほど上述したハンカチや鼻紙ですね。

本来であれば、ハンカチも含めた3つを持って行くのが良いかと思いますが、外すならハンカチだと思います。


ウエットティッシュを持って行けば、ティッシュも必要ない。


と考える方もいると思います。

実際に私もそう思いますし、屋台などで買った たこ焼きや やきとりを食べた時に、汚れた手を拭くのは濡れているウエットティッシュが最も適しています。

乾いたティッシュの必要性はメイク直し

ただし、女性には乾いているティッシュが必要なんです。


化粧直しをする際など、乾いているティッシュを使っている所を見たことがありませんか?

また「ティッシュ持ってない?」と聞かれた事がありませんか?


筆者は何度もあります。

私を含め多くの男性は、メイクに疎いと思いますが、メイク直しをする時には乾いたティッシュがとても役に立つそうなんです。

化粧を直すときには、濡れたティッシュでは適さないそうなので、乾いたポケットティッシュを合わせて持って行くようにしましょう。


持って行くべきなのは ウエットティッシュと 乾いたポケットティッシュです

レジャーシート ビニールシート1畳用

これを持って行く方は多いと思います。

浴衣で来てくれた女性が、直接地べたに座らなくて良いようにするための、最低限の気遣いです。

ポイントとしては1畳用や2人用などの小さな物を選ぶ事です。

2人の距離が近づく

せっかく2人で花火大会デートに行っているのであれば、なるべく距離は近い方が良いですよね。

近づきすぎて嫌がられたらどうしよう。と不安に思っている方。


2人で花火大会に行ってくれる時点で、嫌われているという事はありませんので 安心してください

複数人のグループで行った場合に、広めのビニールシートがあるのにピッタリ横に座ったら、不思議に思う女性もいるかも知れませんが、2人っきりで一緒に行ってくれる場合は心配しないで大丈夫です。


女性が恥ずかしがり屋だった場合や、自分が近くに座る勇気がない場合など、あらかじめ小さなレジャーシートを用意しておけば自然と2人の距離は近くなります。

2人が座って、手荷物をシートにおいてちょうど良い大きさが1畳用です。


1畳用であれば小さいので、荷物もかさばらず
2人の距離も近づく必須のアイテムです。


地面がぬかるんでいたり、汚れていたりする時は、ゴミ箱に捨てて帰る事も考えられるので、こちらを購入しようと考えている方は捨てても問題ない価格の安いものを選ぶようにしましょう。

100円ショップなどで簡単に入手できると思いますが、買い物に行く時間がない、花火大会まで時間がないという方の為に、ネットで買えるリンクを付けておきます。

上記リンクをクリックすると、1畳用のレジャーシートを複数から選ぶことが出来ます。

クッション 座布団 1人分

こちらは荷物に余裕がある時に、おすすめする物です。

花火大会の時間は1時間~2時間ほどが平均です。

場所取りなどから考えると、2時間以上座っている場合がほとんどではないでしょうか。



ビニールシートを持って行ったとしても、お尻は痛くなってしまいます。

地面が砂利や小石、コンクリートの場合などは 本当に最悪です。

そんな中、彼女の分だけクッションを出してあげたら本当に喜ばれますよ。

荷物に余裕がある方用なので、まだまだ余裕がある人は自分用に2つ持って行っても良いと思います。

ただ、荷物を軽くしたいと思っている人は、彼女の分を1つだけ用意してあげてください。

彼女の為だけの特別感

1個だけ持ってきて、それを彼女に使わせてあげれば、その時点で100%女性は分かります。

私の為にわざわざ持ってきてくれたんだ

と。


あえて一つだけ持って行く事により、より彼女に 優しい男 をアピールできる事 間違いなしです。

男性は、タオルを敷いたりバッグを敷いたりしてガマンしてください!


こちらも100円ショップなどで購入可能ですが、ネットでまとめて購入したい方もいるとおもうので価格の安く便利そうな物のリンクを貼っておきます。

上のリンクをクリックすれば、いろんな種類の安い座布団を 選択する事が可能です。

防水の絆創膏(ばんそうこう)

花火大会といえば、女性が浴衣を着てくる事が多いですよね。

普段着慣れない歩きにくい浴衣、そして草履。

普段はきなれていないだけに、靴ずれを起こしてしまう事が多々あります。


ばんそうこうは小さくかさばらないので、女性があらかじめ持ってきている可能性が高いですが、万が一持ってきていなかった時のために男性も用意しておくようにしましょう。

履いてくる草履により、どこがすれるかは変わってきますが、普段履いているヒールなどでは踵(かかと)の部分が痛くなる女性が多いです。

しかし草履の場合は親指と人差し指の間などが痛くなる場合が多いようです。

さらに、湿気の多い夏場に、足に貼るので、汗をかきます。
汗や湿気ではがれにくいように、防水仕様のバンソウコウを用意しておくと良いと思います。


家にある物でも良いですし、コンビニやドラッグストアに売っている物でも良いですが、3,4枚持って行っておくのがおすすめです。

ネットでまとめて購入したい方の為に、リンクを貼りつけておきます。


安全ピン

男性はまったく意味が分からないと思います。

私も昔女性と行った時に

「安全ピン持ってない?」

と聞かれ、不思議に思ったことがあります。


ポケットティッシュなどと比べて、まず持っていないのが普通の安全ピン。

いったい何に使うのかといえば、浴衣の乱れや帯がゆるくなってしまった場合に使うようです。

いざ花火会場に来て、そこで帯が緩くなってしまった場合も、ベルトなどとは違い簡単に巻き直したりする事はできないそうです。

そんな時に役に立つのが安全ピンです。


こちらも本当に小さいですし、重さを感じない程軽い物だと思うので、念のためとなりますが持って行っておきましょう。

数ですが、5個ほど持って行けば問題ありません。

安全ピンの中には、赤や青などのカラフルな物もありますが、一番無難で目立たないシルバーのものを持って行くようにしましょう。


凍らせた飲み物(水やお茶)

屋台や自動販売機で簡単に購入できる飲み物ですが、会場に入ってしまってからは人が多くなかなかすぐには手に入りません。

暑い夏なので、熱射病などの体調不良が起きてしまう事もあります。

夜といえども気温は高く蒸し暑いです。

すぐに買えない場合を想定して、多くは必要ないですが、冷たい飲み物を用意していきましょう。


コンビニなどで500mlの水やお茶を買っておき、冷凍庫で冷やした状態でもっていけば喜ばれますよ。

コンビニやスーパーのビニール袋

こちらはゴミなどをまとめる時に、非常に役立つスーパーやコンビニの袋です。

ほとんどのご家庭にストックされていると思いますし、無ければ意識して捨てないように取っておきましょう。


おすすめはコンビニでいえば、2リットルのドリンクを買った時に入れてくれる大き目な袋が一枚と、それよりも小さめの袋1枚の計2枚です。
2枚あれば充分だと思います。

ビニール袋なんて折りたためば、全くかさばりませんし、重さも無いに等しいほど軽いので忘れずに持って行きましょう。

虫除けスプレー かゆみ止め

夏の夜なので、蚊が多いですよね。

特に浴衣を着ている場合は、足は草履になりますし、浴衣の隙間から蚊が中に入るとかなりの数刺されてしまう事になります。


それでなくても蒸し暑く、肌がベタつき気持ちが悪い時に 蚊 に刺され痒くなってしまっては花火を満喫する事が出来ません。

できる限り、花火会場に着く前に足元や、首元、腕や足などにスプレーしておきましょう。

首元や、耳に塗るときは、一度手にスプレーした後、手で塗るようにすれば目に入ったりしないので安心です。

花火会場には多くの人が居ると思いますが、その中の多くの人が虫よけスプレーを塗っているはずです。

血液型や体質により、蚊に刺されやすい人が存在しますが、蚊が刺すのは、スプレーをしていない人や、スプレーの効果が薄くなってしまっている人、または弱い虫よけスプレーを使っている人です。

虫除け効果の高いDEETの成分が多いスプレーを選ぶようにしましょう。


私のおすすめは国内最強の30%のDEET成分を含むサラテクト リッチリッチ30 です。

<関連記事>
【超強力】最強の虫よけ紹介!海外旅行の蚊やハエ、マダニにも!害虫対策におすすめ
上記の記事は、蚊に刺される事によって発生してしまう病気や、最強の虫よけスプレー、お子様やあかちゃんにも使える虫除けスプレーを詳細に記載しています。


それでも刺されてしまった方

しっかり虫よけをしていても、スプレーが上手くかからなかった場所などは、刺されてしまう場合もあります。

また花火大会の前日に刺されてしまって、来た時から痒い人もいると思います。


蒸し暑い場所にいると、かゆさもどんどん強くなってきてしまうので、小さいサイズのかゆみ止めも持って行くようにしましょう。


モバイルバッテリー (スマホ充電器)

年に数回しか着る事のできない浴衣

浴衣を着て、自撮りをし インスタに投稿したいと思う女性が多いですね。


インスタだけではなく、あなたとの花火大会に来た思い出に 写真を撮るというタイミングがあるはずです。

そんな時にスマホの充電が残り僅かだったら。。
コンビニに行けば買えますが、混雑した花火大会の日には簡単に購入することはできません。


普通に充電を100%にしていけば、必要ないと思う人も多いかと思いますが、花火大会の日は意外と充電が減りやすいんです。


・待ち合わせでなかなか会えない時に、電話やメールが多くなる

・会場や、待ち合わせ場所を探すためMAP(地図)をたくさん使う

・花火の動画を撮ったり、SNSに写真をアップ

・帰りの電車を調べたり、近くのお店を検索


と、スマホの使用頻度はとても増えます。

普段からモバイルバッテリーを持ち歩いている方は、それをそのまま持って行けば問題ありません。

持っていない方の為に、1番人気のアンカーの商品のリンクを貼っておきます。

以上が、女性に喜ばれる男が持って行くべき、軽くてかさばらない おすすめの品々です。

天気や気温で 臨機応変に

一般的には、蒸し暑い花火大会の時期ですが、時期をずらして涼しくなってきた9月の後半や10月に開催される花火大会もありますよね。

夏場にやっても、たまたま夜は気温が低くなる日もあります。


さらには夏の夕立など、急な雨がふってきてしまう時もあると思います。

せっかく綺麗に着てきた浴衣が濡れてしまっては、女性のテンションも下がってしまいます。


前日から、大会当日の天気をしっかりと確認し、臨機応変に荷物の追加が必要な事もあります。

折り畳み傘 レインコート

台風や大雨の予報であれば、花火大会は中止や延期になります。

しかし小雨の場合などは、決行されることが多いです。


小雨でも決行される理由
当日雨の予報であれば、延期にして晴れた日に開催した方が良いと思いませんか?

しかし実際は、くもりのち雨の予報が出ていたり、小雨が降っていても開催される事が多いです。

それは準備に費やした、時間やお金が関係しています。
さらに会場付近の飲食店なども、事前に人が集まるので経済効果も大きいです。

主催者側からすれば、決行したいので、開始時間ぎりぎりになってから、中止や延期の発表になる事がほとんどになります。


降水確率を確認し、雨が降る可能性がある時は、荷物は大きくなってしまいますが、折りたたみ傘やレインコートを持って行きましょう。

私のおすすめはBodyguard(ボディーガード)210T という大きな折りたたみ傘です。

<関連記事>
最強おすすめの折り畳み傘 大きく軽量・耐風・撥水・自動開閉・収納袋(ケース付き)
上記記事は、おすすめの軽くて大きな折り畳み傘に特化した記事になります。

ストール ブランケット

こちらは気温が低い時の為の物です。

夏場の夜であれば、よっぽど気温が低くなる日でなければ必要ありませんが、涼しい時期に開催される花火大会に行く場合には持って行った方が良いでしょう。

浴衣の場合は、普段の服よりも寒いですし、ひざ下にかけたりして風邪をひかないようにしてあげましょう。

小型の扇風機

逆に気温が高すぎる日に持って行くと喜ばれる、小型の扇風機です。

それでなくても蒸し暑い夏の夜。

女性はしっかりメイクをしてきてくれると思いますが、汗をかくと化粧が落ちてしまいます。


会場付近でうちわ等は無料で配布している所もありますが、汗っかきな女性の場合は本当に喜ばれます。

必須条件は 充電式や電池式である事です。

私がお勧めするのは、折り畳み式でかさばらないピエリアです。
折りたたみ式なので、屋外でも安定して置く事ができますし、乾電池でも使えます。

【番外編】 自分の為の持ち物

今までは、女性に喜ばれるために持って行った方が良い物を紹介してきましたが、ここからは自分自身のためにおすすめする物の紹介となります。

フェイス用タオル

小さいタオルです。
これはもちろん汗を拭くために使うという、普通の使い方にも役立ちますが、座っている時にお尻の下に敷いたりできるのでおすすめです。

ハンカチでは、顔を拭くことはできますが、身体を拭くのには薄すぎます。

顔や首元、背中の方まで汗をかくので、ハンカチよりも吸収してくれるタオルを持って行きましょう。

制汗スプレー ボディーシート デオドラント商品など

こちらも汗を拭きとる事になりますが、メインとしては汗のにおいを抑えるという事です。

せっかくのデートで、女性に 汗臭い と思われたらショックですよね。

小まめに汗を拭くことで、匂いは抑えられますが、制汗スプレーやボディーシートなどを活用しましょう。


各自普段から使用しているお気に入りがあると思いますが、花火大会に持って行くのであればデオドラントボディーシートがおすすめです。

込み合った会場では、なかなかスプレーをする場所がないので、自分がトイレに行った時や、彼女がトイレに行ったときなどに、さっ と使える体を拭けるシートが使いやすいです。


私のおすすめ、毎年夏になると必ず大量に購入しているのがギャッツビーのパウダーシートです。

こちらはパウダーが入っているので、本当にさらさらしますし、香りが良いです。
またシートも大きく厚めで、とても使いやすいです。

売っていないコンビニなどがあるので、たまに他社のボディーシートを使いますが、さらさら感が違うので、絶対にこちらがおすすめです。

得用の30枚シート入りと、今回紹介している10枚入りがあります。

私は家用に、30枚のお得シートと、出かける時ように10枚のシートを2つ持っています。

10枚の物であれば薄いので、ポケットに入ったり場所を取らないので、花火大会に持って行くのであれば10枚用をおすすめします。

フリスク ミンティア ガム

こちらもデートなので、口臭対策として紹介しています。

当日、コンビニやスーパーによって購入していく事をおすすめします。


私は、フリスクより値段が安いので ミンティアを愛用しています。

歯を確認するための小さな鏡

余裕があれば、持ち運びに便利なコンパクトミラーもあった方が便利でしょう。

これは自分の歯に、青のりなどが付いていない事を確認するために持って行きましょう。

スマホの自撮りモードで、確認することもできるので、必須というわけではありませんが、やきそばやたこやき、お好み焼きなどを食べると、歯に青のりや鰹節などが付く可能性が高いです。


せっかくのデートが台無しにならないように、なにか食べた後は必ずチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク



女性に対するマナー 嫌われない為に

人気があったり、モテている男性は、普段から女性に優しいですよね。

イケメンではなかったり、おしゃれでないとしても、優しかったり面白かったりすれば、女性から好感を持たれます。


さらに特別 優しかったり気遣いができれば、高嶺の花のように思えていた女性と付き合えることだってあるんです。

花火大会に一緒に行けるだけで、すでに付き合っている、結婚している、交際まであと一押し。

など、良い関係を気づけている事は間違いありません。

こちらでは、花火大会の時に特化したマナーをご紹介します。

浴衣を褒める

普段着ない浴衣を着てきてくれると嬉しいですし、本当にかわいく見えますよね。

だけど内心そう思っていても、恥ずかしかったりしてなかなか言葉にして言えないですね。

気持ちは分かりますが


勇気をだして言いましょう。


照れ隠しで、冗談っぽくなってしまっても良いので、絶対に口に出して褒めましょう。

「めっちゃいいじゃん!」

「かわいいね!」

「似合ってる!」


普段着ない浴衣を着てきているだけで、女性も男性の反応をとても気にしています。

最初が肝心です。

会ったらすぐに言うように心がけましょう。

多少の遅刻は許しましょう

浴衣を着たり、それに合わせる髪形をセットしたり、綺麗にメイクしたり。


男とは違って やることが多いんです。


早く場所取りして、良い場所で最高の花火を一緒に見たいと男性は思っているかもしれません。

それでも、待ち合わせに遅刻してしまった女性を笑顔で許し、浴衣を褒めましょう。


ここで文句なんか言ってしまったら、その後の花火大会は台無しです。

ゆっくり歩いてあげましょう

早く良い場所を取りたいのに、遅刻してきてさらに歩くのも遅い。

そこで怒りを覚えてしまってはいけません。


浴衣はとても歩きにくいのです。
いつもより足が広がらないので、歩幅が狭くなってしまいます。

そして、履きなれない草履なので、歩く速度はさらに遅くなってしまいます。


そのあたりをしっかりと理解して、普段よりもゆっくりと歩き、女性が辛そうではないか常に気をつけてあげてください。

持てる荷物は少ないと理解して

亭主関白な気質の男性などで、ティッシュやハンカチ、ゴミ袋やバンソウコウなどは女性が持っていて当たり前だと思っている方はいませんか!?

普段はそうであっても、花火大会の日はそうは行きません。


なぜなら、女性のバッグは小さいからです。


普段はだらしない男性の為に、色々と用意周到に持ってきてくれている女性でも 浴衣を来た場合は、それにあわせるバッグ(巾着)にはほとんど荷物は入りません。

お財布とスマホを入れたら、あとは本当に小さな物しか入らないので、いつもの荷物は置いてくる。という事を理解してあげてください。

花火大会の日は、男性が女性の為に色々と準備をしてあげるようにしましょう。


<関連記事>
男の浴衣 おすすめはセット 安いけど おしゃれな物をご紹介

男のボディシート最強おすすめ【人気商品を実際に使って比較】 汗や体臭・加齢臭の対策に

【最強おすすめ ごぼう茶】ダイエット 若返り 美容 便秘解消などの効能がある 国産のお茶を紹介

子供(女の子)の浴衣セット おすすめはセパレート かわいいけど安い物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加