【レンタル店まとめ】 エルチャンテンのキャンプ/登山用品の値段やおすすめショップ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィッツロイ登山の拠点となる街、エルチャンテンにある登山用品や、キャンプ用品(テント/寝袋/ガスバーナー等)のレンタルショップについてまとめてみようと思います。

3件の店を確認してきたので、地図、値段、一番おすすめの店などを紹介します。

エルチャンテンに来るほとんどの方は、登山をして、フィッツロイの朝日を見たい人だと思います。

街から日帰りで行く事も可能ですが、やはり中間地点でキャンプをして、多くのスポットから見るのがおすすめです。

そのためには、キャンプ用品をレンタルする必要があると思うので、借りる方の参考になれば幸いです。


その他、エルチャルテンにあるATMの情報とスーパーマーケットの情報も併せて記載しておきます。



レンタルショップの概要地図

緑○:la tienda
黄○:キャンピングセンター
赤○:Patagonia Hikes

※詳細な地図は下にあります。

レンタルする際の注意点

まず初めに。
エルチャンテンでキャンプ用品を借りる際、レンタルショップによって、

1日単位での値段表示なのか、一泊での値段表示なのかに違いがあります。

1日単位:per day
1泊単位:per night



例えばX月1日に借りて、X月3日の2泊3日で返却する場合

1日単位(per day)のお店で借りた場合は、1日、2日、3日の3日分の金額が掛かります。

1泊単位(per night)のお店で借りた場合は、2泊の2日分の金額となります。

表示されている金額が安い店でも、結果的に割高になる事があります。

なので、事前に1日の値段なのか、1泊の値段なのかを確認する事がとても重要になります。

la tienda

地図

49°19’44.5″S 72°53’15.2″W
-49.329030, -72.887567

la tiendaというお店は、グーグルマップには登録されていませんが、上記場所にあります。

サンマルティン通りに面した青い建物なのですぐに分かると思います。

クッキングポットやマットのレンタルの値段


・-12度までの寝袋とマット(Sleeping bag):75ペソ/1個/1日
・-18度までの寝袋とマット:90ペソ
・トレッキングシューズ:75ペソ
・レインコート:35ペソ
・テント(1人用):150ペソ
・テント(2人用):220ペソ
・テント(3人用):280ペソ
・クッキングポット:40ペソ
※クッキングポットとは、鍋/フライパン/食器などがコンパクトにまとめられた一式です。
・ヘッドランプ:50ペソ
・Stove:50ペソ
※Stoveとは、ガスに取り付ける口です(ガスで火を付ける場合 必要です。)



ガスの缶(小)はレンタルではなく販売:150ペソ
(小)で約3時間、火を付けられるそうです。
この店で購入する事が出来ます。



<店の雰囲気>
しっかりとしたお店のように感じました。

値段も安かったのですが、ここは1日(per day)単位の店となっていたので、やめておきました。

<営業時間>

9時~12時
16時~20時

Camping Center

地図

49°19’48.7″S 72°53’11.7″W
-49.330199, -72.886580

こちらのキャンピングセンターもグーグルマップに登録されていませんが、サンマルティン通りに面しているのですぐに分かります。



<レンタルの値段>
こちらは、他の店と違いレンタル料金の一覧表がないようで、見せてもらえませんでした。
寝袋の値段のみ確認しましたが、1泊 (per night)110ペソでした。

ガスの缶は、150ペソと同じ値段でした。

筆者が借りようとした日には、寝袋がすでに無かった(借りられていた)為、この店では借りませんでした。



<店の雰囲気>
のんきな店員さんでした。

他のレンタルショップの場所を教えてくれる親切な人でした。
店自体は、あまりレンタルできる品物の数が多くないようでした。


<営業時間>

9時~21時

Patagonia Hikes

地図

Patagonia Hikes


寝袋やテントのレンタルの値段

こちらの店では、トレッキング用品と、キャンプ用品で別れていました。

トレッキング用品:1日単位(per day)
・トレッキングシューズ:100ペソ
・レインコート:100ペソ
・レインパンツ:90ペソ


キャンプ用品:1泊単位:per night
・寝袋とマット(温度は選択できない):100ペソ
・Stove:50ペソ
・クッキングポット:40ペソ
・テント(1人用):200ペソ
・テント(2人用):240ペソ

ガスの缶(小)はレンタルではなく販売:150ペソ
この店で取り扱っていなかった為、他の店(キャンピングセンター)で購入しました。



<店の雰囲気>
こちらの店は事前にブログで知っていました。

返却時に、テントの骨が折れている等と言われ修理代のお金を請求される等、あまり良くない情報でした。

ただ、かなり昔のブログであった事、実際に行ってみて店員の感じが良かった事。

そして何よりも、筆者が借りる用具と日数を計算すると、一泊単位(per night)のこの店が格段に安かったので、こちらで借りる事にしました。



<営業時間>

10時~13時
15時~21時30分

レンタルの流れ

Patagonia Hikesでのレンタルの流れは下記です。

1、欲しい品物をレンタル(パスポートを預けます。)

2、返却時にお金を払う。

※クレジットカードが使えます
ただしクレカ使用時は、レンタル代金の10%の手数料がかかります。

レンタルの期限は特にありません。
3泊4日と言い借りましたが、借りた日付のみ記載され、1日の値段が記された紙を貰います。
1泊で返しても、2泊で返しても5泊で返しても問題ないと言っていました。



パスポートが必要です。
借りるときにパスポートを預けます。
返却してお金を払った時に、パスポートは返してもらえます。

事前に借りる物の写真を撮影

レンタルする際、すべての品を袋から出し、1点1点、中身を確認しながら写真を撮影しました。

寝袋のマットは破れている部分があり、クッキングポットも初めから少し汚れていました。

返却時に、破損や汚れでお金を請求されない為の対策です。

実際に返却してみて

なんのチェックもなく、感じの良い対応で、そのままの値段でした。

店長(店員)が変わったのかどうか分かりませんが、この店で借りてもなんの問題もありませんでした。

おすすめのレンタル店

という事で、おすすめショップは、Patagonia Hikesです。

この店の寝袋は、選択肢がありませんでしたが、実際にキャンプしてみて、全く寒く無かったです。
1日単位ではなく、1泊単位での料金なので、トータルではかなり安く借りれます。


スポンサーリンク



エルチャルテンのATM事情

入金は週に一度のみ

こちらは、宿のスタッフに教えて頂いた情報となりますが、エルチャンテンのATMにお金が入金されるのは、毎週木曜日の、週1回のみとなるそうです。

その為、ピーク時は観光客が増えるので、ATMからお金を引き出す人が増え、ATMに行ってもなかなかお金を引き出す事が出来なくなってしまうようです。

木曜日、金曜日に行けばお金を引き出す事が出来る可能性が高いようなので、エルチャルテンでお金を引き出す人は週末に行くようにしましょう。

街にはATMは2箇所のみ

こちらはインフォメーションで確認したので、間違いない情報です。
街中にあるATMは、銀行に1つ、インフォメーション内に1つの計2台しかありません。

小さな町なので、通常はそれでまったく問題ないようですが、ハイシーズンは現金が枯渇するようなので、エルチャンテンに行く前に現金を多めに引き出していく事をおすすめします。

他の街でお金を下ろした方が良い理由

1つは前述した通り、街のATMから現金がなくなってしまう事があるからです。

クレジットカードが使えない店が多い為

安宿や、レストランでクレジットカードが使えない店がとても多いです。

さらにスーパーマーケットでも、100ペソ以上買い物をしないとクレジットカードが使えません。

筆者も多めに下ろしてきましたが、クレジットカードが使えない店が多く 現金を使うしかなかった為、1度ATMでお金を下ろしました。


手数料を考えると、非常に損をした気持ちになったので、使うと予想しているよりも多めに持ってきてください。

月曜に下ろしに行った際、銀行のATMはすでにお金が無くなっていました。

さらにフィッツロイは、なかなか晴れません。
宿で天気待ちなどしていると、どんどん宿代がかさんでいきます。

クレジットカードが使える宿なら良いと思いますが、使えない宿もあるので、滞在期間の延長も視野に入れ、現金を多めに持ってくる事が重要です。

引き出し上限金額が低い(1000ペソ)為

エルチャンテンの街の2箇所のATMでは、1回の操作で最大1000ペソまでしか下ろせません。
ただし1回操作するたびに、手数料として92ペソかかります。

約10パーセントの手数料が取られてしまう為、非常にもったいないです。

これは、下記の記事で詳細に記載しているので興味のある方はどうぞ
エルカラファテ情報(安宿/ATM/マーケット/テント/寝袋・防寒具/空港からの値段)


エルチャンテンに行かれる方は、エルカラファテや他の街から行く人が多いと思います。
他の街では手数料は変わらず92ペソですが、上限が2000ペソとなっているので、他の街で現金を多めに下ろしておいてください。

ATMの場所

銀行もインフォメーションセンターも、場所が近い為、片方が無理だった場合はどちらも試してみると良いと思います。

銀行の場所の地図

49°19’59.6″S 72°53’02.0″W
-49.333224, -72.883889

登録されていませんが、銀行の場所はここになります。
銀行の営業時間は9時~13時までとなっていますが、ATMはその他の時間も使えます。


インフォメーションセンターの地図

Banco Santa Cruz

グーグルに登録されている名前がBanco Santa Cruzとなっていますが、場所はこちらのインフォメーションセンターになります。
建物に i の文字が付いているのですぐに分かると思います。

こちらのインフォメーションセンターでは、フィッツロイ近くのトレッキングルートの無料の地図を貰えます。
また複数のバス会社が入っています。

そのインフォメーション内に、1つだけ国際キャッシュカードに対応しているATMが入っています。

スーパーマーケット情報

スーパーマーケットの数は少なくありません。

メインストリートに2箇所。

その他、銀行の近くにもお土産屋さんと一体型になったスーパーなどがいくつかあります。

かなり高い値段の設定

物価が高いと思っていたエルカラファテと比べても、1,2倍~1,5倍ほどの値段になります。

また、ほとんどの商品に値札が付いていない為、毎回レジに行き値段を確認する事になります。

登山やキャンプをする方で、荷物に余裕のある方は、他の街で食料を買いだめしてきた方が良いと思います。

品数や鮮度

基本的には一通り揃いますが、品ぞろえは多くなく、野菜などの鮮度も非常に悪いです。
ぼろぼろになったトマトや、ナスなどが売られています。

さらには、そんな古くなった野菜でも、売り切れて無くなる事が多いです。

エルチャルテンに来る前に、買っておいた方が良い物

それはカップラーメンやインスタントラーメンです。

キャンプする人には、絶対におすすめするラーメンですが、メインストリートにあるスーパーマーケット2店には置いていませんでした。

お土産屋には売っていましたが、かなり割高となっています。

寒い山の上でキャンプする時は、手軽に作れてお腹にもたまるラーメンがおすすめだと思うんですが、不思議と売っていません。
※缶詰は売っています

らーめんは軽いので、ぜひ他の街で買いだめしてくる事をおすすめします。



<関連記事>
【安宿】エルチャンテンの格安おすすめゲストハウス/ホテル情報(値段/地図/写真あり)

プエルトナタレスの安宿(安いホテル)を徹底比較(値段/地図/設備等の情報)

【ペリトモレノ氷河の行き方】現地ツアー 各社の値段や内容とベストシーズン

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加