【ペリトモレノ氷河の行き方】現地ツアー 各社の値段や内容とベストシーズン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

※2018年2月13日更新
実際に本記事を参考にペリトモレノ氷河に行ってくれた方から、お礼とともに値段が上がっている旨メールをいただいたので情報を更新させて頂きます。
また、ツアーの流れ等は変更がなかったとの事でした。
詳細に調べてくださり有難うございました。



アルゼンチン側のパタゴニア エルカラファテに来たら、絶対に外せない、ペリト・モレノ氷河へのアクセスについてです。

世界遺産に登録されている、ロス・グラシアレス国立公園(Los Glaciares)の中での一番の見どころとなっています。

エルカラファテの現地にある各種ツアーの種類、そして値段や、ツアー内容などを地図付きで詳しく書いていこうと思います。

最後には、おすすめの時期の情報も書いておこうと思いますので、行かれる方の参考になれば幸いです。

現地ツアーの種類(概要)

ペリト・モレノ氷河の上をトレッキング

青い氷河の上を、アイゼンを付けて歩くトレッキングが一番人気です。

氷河を見る事はあっても、氷河の上を歩くことはなかなかできないので、ぜひ体験してほしいツアーになっています。


氷河を歩くツアーは、BigIce(ビッグアイス)とMiniTrekking(ミニトレッキング)の2種類あります。

氷河の上を歩いた後は、展望台で1時間ほど氷河の崩落を見ます。

展望台から氷河を見るツアー

こちらは、バス会社でバスのチケットを購入し自力でいく事も可能ですし、ツアー会社で申し込み、ガイドを付ける事も出来るようです。

氷河の上のトレッキングツアーでも、展望台に行けますが1時間ほどしか無い為、長い時間見たい人や、氷河の上を歩くことに興味が無い人は、展望台だけに行くようです。

船から氷河を見るツアー

大きな船で、船上から氷河(ウプサラ氷河など)を見て回る船上ツアーもあります。

その他ツアー

エルカラファテには、多くのツアー会社があり、他にもたくさんのツアーを取り扱っています。
・馬に乗って山の上まで行き、絶景を楽しむ乗馬ツアー

・ロープスライダー(ジップライン)で、絶景の中を滑走するツアー

・エルチャンテンや、パイネに行くツアーなどもあります。

BIG ICE(ビックアイス)ツアー詳細

氷河の上のトレッキングを満喫するためのツアーです。
こちらが一番人気となっているようで、ハイシーズンの時は なかなか予約が取れません。

値段/金額

BIG・ICEの値段は、3100 6200アルゼンチンペソです。

ツアー代金には、ロス・グラシアレス国立公園への入場料は含まれていなので、別途、払う必要があります。

ロス・グラシアレス国立公園への入場料は、330 500ペソです。

全部で6200ペソ+500ペソ 6700ペソが必要になります。

ツアー料金の6200ペソはクレジットカード払いが可能です。
(キャッシュでもクレカでも同額)

入園料の、500ペソは現金払いのみとなっています。

他記事で書きましたが、ATMからは、MAXで2000ペソしか降ろせず手数料が92ペソ取られるので、筆者はカードで払いました。

エルカラファテ情報(安宿/ATM/マーケット/テント/寝袋・防寒具/空港からの値段)
詳細は上の記事を参照願います。

MINI TREKKING(ミニトレッキング)ツアー詳細

氷河の上のトレッキングを体験するためのツアーです。

こちらももちろん人気がありますが、BIG ICEよりは予約が取りやすくなっているようです。

値段/金額

ミニトレッキングの値段は、2100 3600アルゼンチンペソです。

こちらもBIGICE同様、ロス・グラシアレス国立公園への入場料は含まれていなので、別途、払う必要があります。

全部で3600ペソ+500ペソ 4100ペソが必要になります。

せっかく行くなら、遠くまで歩きたいという人が多いようです。
きっと一生で一度の体験でしょうし、奮発する気持ちは分かります。

筆者は飽きてしまう気がして、ショートトレッキングを選択しましたが。


※ペリトモレノ氷河のツアー代金、および入場料は毎年すごい勢いで値上がりしています。
最新版のガイドブックを持って行っても、すでにかなり価格が違っていました(値上がり)

本当にものすごい速さで値段が上昇しています。
またの機会に。などと考えず行くチャンスがある方は、早めに行っておくのが良いと思います。

BIG/MINIのツアーの流れ

BIGとMINIの違いについて

まずは、違いについてご説明します。

宿に宿泊している人の全員が、BIGかMiniのどちらかに参加していたので、多くの人に詳細を聞きました。
BIGとMINIの違いは、氷河の上を歩く範囲や時間の違いのみで、その他の違いはありませんでした。


氷河を歩く時間
BIG:約3時間
MINI:約1時間30分

説明や、アイゼンの装着等は抜いた時間です。

同じツアーでも開始時間が変わります

混雑を避けるための工夫だと思いますが、同じ会社で同じツアーに申し込んでも、開始の時間が変わります。

筆者はミニトレッキングですが、8時30分~18時30分でした。
同じ日に、同じ会社で申し込んだ人は、8時~18時でした。

ツアーの流れ(詳細な時系列)

上述したように、開始時間と終了時間は人によって少し変わると思いますが、筆者のミニトレッキングの流れを書きます。

前日にツアー会社で申し込みました。

8時30分~9時の間に宿の前にピックアップに来てくれるとの事でした。


8時30分:宿の前に小型バンが到着

8時40分:他の宿の前で、大型バスに乗り換え

9時10分:景色の良い場所で、写真撮影タイム(10分間)

9時40分:公園入口に到着 バス内で入場料支払い(キャッシュのみ/カード不可)

10時:トイレ休憩

10時50分:船乗り場に到着

11時20分:船が氷河の近くに到着

11時40分:説明やロッジに移動(ロッジ内に不要の荷物を置く)

12時00分:氷河の近くに移動し、アイゼン(滑り止め)の装着等

12時15分:氷河の上をトレッキング開始

13時30分:最後に氷河の上で氷河の氷でウイスキーを飲む(チョコ付き)

14時頃:ロッジに戻る

15時まで:昼ご飯(弁当は持参)

15時:船で移動&バスで移動

15時40分:展望台到着

16時50分:展望台出発

18時20分:宿の前に到着

私が体験した感想

氷河の上のトレッキングは、神秘的な青い部分などありとても綺麗でしたが、雪山を歩いているような感じでした。

ミニトレッキングでも充分満足できました。

見所で写真などを撮ってくれて、ガイドさんは親切でした。

10人~15人ほどのグループに分かれます。
筆者の時は、英語のグループが1つと、スペイン語のグループが2つでした。

ガイドさんは本当にたくさんいるはずなので、運次第だと思います。



展望台が、想像よりはるかに広くしっかりしていました。
1時間では、回り切れないほどルートがたくさんあり、もっと展望台に居たかったというのが本音です。

氷河の上も歩け、時間は短かったですが、展望台にも行けるお得なツアーだと思います。
一生に一度出来るかどうかの、氷河の上を歩くという事ができて良かったです。

展望台ルート


赤ルート:1時間15分
緑ルート:45分
黄ルート:1時間
黒ルート:30分
青ルート:1時間30分

など回れるルートが複数あり、筆者は30分のルートを周り、氷河の崩落を待ちました。


スポンサーリンク



持ち物、持って行って良かった物

ツアー会社で言われる物
・入場料の500ペソ(現金)
・お弁当(筆者はパンにハムとチーズを挟んで持って行きました。)

持って行って良かった物
・防寒具一式(帽子/手袋)
手袋は転んだ時の為に、ツアー会社でも言われます。

・日焼け止めクリーム

・日焼け止め入りリップクリーム

・サングラス


太陽の照り返しで非常にまぶしく、顔が真っ赤になっている人も居ました。

氷河トレッキングのツアー会社

値段はどの会社も一緒

氷河トレッキングをやっているツアー会社自体は、エルカラファテの街中でたくさん見かけますが、結果的には同じ会社になるようです。

筆者はHielo & Aventuraという会社で申し込みました。

その他、別の一社に値段を聞きに行きましたが、BIGもMINIも同じ値段でした。

Hielo & Aventura会社の地図


Hielo Y Aventura SA

展望台から氷河を見るツアー詳細

ツアーではなく個人で行く場合

自分でバスステーションに行き、バスチケットを買う場合も、ツアー会社で申し込む場合(ガイド無し)も値段はほぼ変わりせん。



バスターミナルの地図

Bus Terminal / Tourism Office Secretaria de Turismo El Calafate

値段/価格
バスステーションで買う場合は、
現金なら500ペソ
クレジットカードで買うと550ペソとなります。

上記バス料金+ロス・グラシアレス国立公園への入場料500ペソ

計1000ペソで、展望台は見に行けます。

ツアー会社で申し込む場合

Cal Turというツアー会社で申し込めるようです。
実際に行っていないので、流れは不明ですが値段は550ペソと表示がありました。

入場料の500ペソは別途かかると思います。




Cal Turの地図

50°20’16.5″S 72°15’50.2″W
-50.337924, -72.263940

その他のツアー

船からウプサラ氷河を見るツアーや、乗馬のツアー、ジップライン等のツアーも、Cal Turで取り扱っているようでした。

値段/価格

ウプサラ氷河の船:1950ペソ



ジップライン:990ペソ
乗馬:700ペソ
パイネに行くツアー:2300ペソ

他の会社

その他、近くにあった【always glaciers】というツアー会社も値段だけ写真に撮って来たので、参考にどうぞ。




always glaciersの地図

50°20’15.8″S 72°15’43.3″W
-50.337733, -72.262021

どのツアー会社もメイン通りにあるので、メインストリートを1往復すれば、多くの値段を比較できます。

ペリトモレノ氷河のベストシーズン

最後になりますが、訪れてほしいベストシーズンの情報です。

温かい10月~3月の間に行く方が多いと思いますが、その中でも12月~3月頃が一番おすすめです。

1年の中でも、12月~3月が一番温かくなり、氷河の崩落が見えやすいからです。

筆者は運よく大きな崩落を見る事ができましたが、温かい時期の方が崩落はたくさん見れます。



<おすすめの記事一覧>
知らないと損をする!海外旅行や世界一周、留学や出張に役立つおすすめ情報一覧

<関連記事>
■エルカラファテ情報
エルカラファテ情報(安宿/ATM/マーケット/テント/寝袋・防寒具/空港からの値段)


■エルチャルテン情報
【安宿】エルチャンテンの格安おすすめゲストハウス/ホテル情報(値段/地図/写真あり)

【レンタル店まとめ】 エルチャンテンのキャンプ/登山用品の値段やおすすめショップ


■リオガジェゴス情報
リオガジェゴスの安宿の情報 安く泊まれるおすすめの場所はキャンピング場


■プンタアレーナス情報
プンタアレーナスの安宿と、お得な免税店へ安く行くおすすめの方法

プンタアレーナス観光【ペンギンツアー詳細】値段や時間、おすすめの時期


■プエルトナタレス情報
プエルトナタレスの安宿(安いホテル)を徹底比較(値段/地図/設備等の情報)


<おすすめ記事>
【持ち物まとめ】最強おすすめ海外旅行の厳選したアイテム紹介
実際に私が色々と使ってみて、本当に便利だったものを厳選して紹介しています。

各アイテムを細かく写真付きで書いています。
また、どのようなポイントで選べば良いかも詳しく書いています。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加