クスコからイカ(ワカチナ)への行き方 サンドバキーのツアー詳細と安宿の情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぺルーのクスコから、旅人に大人気の砂漠のオアシスの街 イカ(Ica)への移動方法について、バスターミナルの地図や安いバス会社の情報を、値段や所要時間を含め詳細に記載していきます。

イカに行かれる方の多くは、サンドバギーを目当てに行く方が多いと思うので、ツアーの価格や開始時間なども詳細に書いていきます。

あわせておすすめの安宿の情報も記載するので、行かれる方の参考になれば幸いです。

クスコのバスターミナルの情報(地図)


Terminal Terrestre Cusco

バス会社の値段や所要時間を比較

<シバ社の場合>

クラス:セミカマ

時間:13時30分発 4時着予定

所要時間:15時間

価格:100ソル



<トランスビザ(TRANSVIZA)>

クラス:セミカマ/カマを選択できます。

時間:20時発で9時着予定

所要時間:14時間

価格:100ソル/130ソル

セミカマは100ソル、カマは130で座席は違いますが、バスは同じ車両で前の方がカマ、後ろの方がセミカマでした。


イカに4時に着いても困るので、筆者はトランスビザでバスチケットを購入しました。
・クレジットカードは使えません。

バスのチケットは前日が安いのでお得

バスのチケットの値段を、クスコ到着時に聞いていました。

到着時に聞いた時は

シバ社がセミカマ:120
トランスビザ:120

とそれぞれ20ソル高かったです。

筆者は、移動予定の前日にチケットを購入しに行きましたが、2社とも100に値下がりしていました。


※またネットでバスチケットを買える会社(シバ社/トランスビザ社より高い)もありますが、そちらの会社のチケットも前日にチェックすると安くなっていました。

移動の流れとバスの情報

当日の19時30分にバスターミナルに到着しました。

トランスビザの窓口に行くと、出発ゲートを教えてくれ、ターミナル使用料を先に払うように言われます。

ターミナル内にある窓口で、1.3ソルのターミナル使用量を払い、シールをチケットに貼ってもらいます。
※これはどこのバス会社でチケットを購入しても、払う必要があります。


バックパックなどの大きな荷物をバスに預ける時に、荷物にシールを貼ってもらい、半券をチケットに貼ります。
追加のお金などはかかりませんでした。

大きな綺麗なバスでした。



20時20分出発

10時30分到着

所要時間:16時間10分
理由は不明ですが、1時間ほど到着は遅れました。

イカの到着するバスステーション


フローレス

このあたりが集合バスターミナルとなっています。

イカとワカチナの距離感や情報

イカに行く人は、ここから5〜6キロほど離れたワカチカという砂漠のオアシスの街がメインだと思います。

サンドバギーやサンドボード、砂漠の中にあるオアシスがあるのはワカチナです。


イカのバスターミナルや中心地からだと、ワカチナまでタクシーで8ソルでいけます。
10ソルと言われることもあるので、しっかりと値切りましょう。


またイカに宿をとる人と、ワカチナに宿をとる人がいると思います。

宿の相場や食事の値段は、イカの方が全体的に安くクオリティが高いようです。

その為、イカの街に宿を取り、食事や観光をして、サンドバキーやオアシスを見るときのみ、ワカチナまで行くという人が多いです。



非常に悩みましたが、筆者は直接 ワカチナの砂漠付近の宿に向かいました。


スポンサーリンク



評価9点のイカのおすすめされた安宿の情報 

Ica Adventures 2

筆者は実際に宿泊していませんが、宿で知り合った日本人にイカのこちらのホテルを、とてもおすすめされていました。

値段も安く、宿のクオリティも とても高いとの事でした。
さらに到着するバスターミナルから近いので(約2キロ)、移動などにも便利との事でした。

口コミ評価が9点あるので、間違いないでしょう。

イカに宿をとる方は参考までに。

Ica Adventures 2の詳細はこちらからどうぞ

ワカチナのツアーがお得な安宿の情報

直接宿に値段交渉をしに行きました。

カローラ デル スール(Carola del Sur)

一泊55ソル/1人 ツアー混み

ダブルベッドとシングルベットの部屋(個室)

一番奥の部屋だからか、Wi-Fiは部屋では使えず、宿内にあるカフェのみ可能でした。

ツアーが終了した2泊目以降は、20ソル/1人で宿泊可能でした。

他の宿も探しましたが、ドミを含めても20ソルが最安値で、ツアーは40ソルと別料金でした。

ドミ+ツアーで60ソルです。

カローラ デル スールは 個室+ツアーで55ソルだったので、この宿に決めました。


カローラ デル スールの宿内の写真などはこちらから確認できます

※カローラ デル スールは、直接 宿に行った方が安いと思います。

サンドバギー サンドボードのツアー詳細

金額の相場や開始時間

サンドバギーは、多くの宿や旅行代理店で扱っています。

宿のツアーも、街中で聞いたツアーも、サンドバギーとサンドボードがセットになっているツアーでした。

相場は40ソルで、2時間ほどとなっています。

日中は、砂が熱いという理由で ほとんどの会社が16時スタートでしたが、探したり相談すると午前中のツアーも可能になります。
※筆者は宿泊している宿(カローラ デル スール)で相談し、10時スタートのツアーに参加しました。



9時45分頃、宿の前に迎えに来ました。
10時頃まで、他の宿のお客を迎えに行きます。

砂漠に入るのに、3,6ソルの入場料が必要です。

バギー運転手が4ソルなど言ってくるので、3,6だと伝えるか、砂漠入り口で自分で払いましょう。


サンドバギーで起伏の激しい砂漠を、ジェットコースターのように、猛スピードで駆け抜けます。

ポイントに着くとバギーから降り、サンドボードで滑ります。
※サンドボードは4回を2セット滑らせてくれました。


サンドボードと一緒にロウを渡され、滑る前に板にロウを塗ります。
滑るチャンスが8回あったので、1度ロウを塗らずに試してみましたが、途中で止まってしまうので、ロウは毎回しっかり塗ることをお勧めします。

砂漠のかなり高い丘から、4回に分けて斜面を滑り降ります。

下にバギーが迎えに来てくれるので、再度ジェットコースターのように移動しながら、他の丘に移動します。

ふたたび丘から斜面を4回に分けて滑ります。

サンドバギーは想像以上のスピード感と迫力がありましたが、サンドボードは、思っていたよりもノロノロとしていました。

注意事項

サンドバギーは想像以上に激しく揺れます。
事前にしっかりとシートベルトを着用し、緩くないか等確認した方が良いです。

頭を打ち付けている人もいたので、危険もあると思いました。



<関連記事>
リマからグアヤキルへの行き方(詳細) バスのチケット購入方法や値段

ガラパゴス諸島への行き方 安くお得に旅行するために知っておくべき観光の情報

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加