ブダペストからコシツェへの行き方と、コシツェの最安値おすすめ安宿の情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、ハンガリーのブダペスト(Budapest)から、スロバキアのコシツェ(Košice)への移動と行き方について書いていきます。

ブダペストからスロバキアの世界遺産、スピシュ城へ行こうとしている方は、コシツェ(kosice)に行くのが便利です。

地図、時刻表、所要時間、切符の価格や値段まで、出来る限り詳しく書くので、実際に移動する人の参考になれば幸いです。

ブダペストからコシツェ(kosice)への移動方法は列車とバスの2通り

<バスでの移動>

Autobuszallomas Budapest Nepliget


ここのバスステーションに行きましたが、国際線の窓口はユーロライン社しかなく、スロバキア行きは毎日は運行していませんでした。

かなり綺麗なバスターミナルです。地下鉄メトロと直結していました。

<鉄道での移動>
バスが毎日出ていないという事で、列車での移動を選択しました。

列車は毎日出ているので、移動するなら列車の方が楽だと思います。

ブダペスト駅の情報と切符の買い方/値段/金額

<ブダペスト駅の場所の地図>

Budapest-Keleti Railway Terminal
(ブダペスト東駅)

駅付近の情報

マックや、ケンタがあります。
どちらも無料Wi-Fiが付いていますが、マクドナルドは、トイレが有料です。

ケンタッキーは、トイレが何度でも無料なので、ケンタをおすすめします。
※トイレの扉は暗証番号で開けます。レシートに番号が書いてあります。

時刻表

全体の時刻表



6時30分発の時刻表



18時30分の時刻表

コシツェ(kosice)行きは、6時30分発と、18時30分発の1日2本。

6時30分発に乗車した場合は、9時59分に到着する予定
所要時間:約3時間30分

18時30分発に乗車した場合は、21時59分に到着する予定
所要時間:約3時間30分

筆者は、18時30分の列車を選択しました。

切符の購入方法と値段

<切符の買い方>
インターナショナル窓口で購入します。

切符を買って、駅でなにか食べてから電車に乗ろうと思い、17時頃に切符売り場に着きました。
※長蛇の列が出来ていました。

整理券を発見し、電光掲示板に番号が記載された人から、切符購入窓口に並ぶ形式になっていますが、筆者が整理券を取った時には30番目でした。

約1時間待って、切符を購入できました。

土曜だったからかもしれませんが、なるべく余裕を持って鉄道チケットを購入する事をおすすめします。



<切符の値段/金額>
6時30分も18時30分も、同じ金額です。(2等席)

20ユーロ/1人

コシツェまでの移動詳細

列車の席は2等ですが、6人が座れるBOX席のような個室のある車両でした。
かなり空いていたので、2人で6人席にいました。

18時30分:定刻通りに出発
22時:予定通りに到着

到着するコシツェ駅の情報

<コシツェ駅の場所の地図>

Košice

コシツェ駅付近の情報

土曜日だったからか分かりませんが、かなり閑散としていました。

22時過ぎで、道を歩いている人はあまりいなく、お店もほぼやっていません。

近くにマクドナルドがあり、そこで晩御飯を食べました。
夜中の12時くらいまではやっています。


マクドナルドのMAP


スポンサーリンク



コシツェのおすすめホテル/宿の情報

コシツェでは、最安値の宿に泊まりましたが、かなり良かったのでおススメです。

コシツェ ホステル(Košice Hostel)

駅から歩いて10分ほどの良い立地です。

事前に口コミを見ていましたが、英語が出来ないスタッフのおばあさんは居ませんでした。

2日間滞在しましたが、若くて感じの良い女性店員が3人交互に働いていました。3人とも英語がバッチリでした。

おばあさんが難有りのような口コミが多かったので、これからは点数が上がっていくかと思います。


ドミトリーに泊まりましたが、2段ベッドではなく、シングルベッドで良かったです。
ただ、175センチの筆者は困りませんでしたが、ベッドは小さめで布団は薄めです。

鍵付きの大きめなロッカーがあり助かりました。

風呂、トイレは各階に2個づつあり、待つこと等はありませんでしたし、とても綺麗でした。
風呂のシャワーの水圧が強くて快適でした。

Wi-Fiは遅からず速からず、特に困ることはありませんでした。

1Fにキッチンがあり、コーヒー紅茶はフリーで飲み放題です。

1Fに共有スペースとキッチン、2Fにも共有スペースがあり、かなり広々とした宿で快適でした。
最安値でこのクオリティであれば、間違いなくここをおすすめします。

詳細はこちらからどうぞ



<関連記事>
レヴォチャのおすすめの安宿(評価9以上)とコシツェからの行き方【世界遺産の絶景へ】

ラピュタのモデル!?スピシュ城への行き方とアクセス詳細(地図、入場料や営業時間)

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加