ビーグル水道ツアー詳細(ペンギン/オタリア) 各社の値段/内容とおすすめの会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、世界最南端の都市、ウシュアイアに来たら外せないビーグル水道クルーズへの行き方を詳細に記載します。

複数あるツアー会社を巡り、ツアー内容や値段を確認してきたので、これから行かれる方は参考にしてみてください。

ビーグル水道クルーズ(ツアー)は大きく分けて2種類

ペンギン島に上陸するツアー

ペンギンが大量に居るペンギン島こと、マルティージョ島(Isla Martillo)へ上陸するツアーです。

こちらのツアーは、バスでハーバートン牧場 (Estancia Harberton)まで行き、そこから舟でマルティージョ島(Isla Martillo)へ向かいます。


注意点
こちらのツアーは、オタリア(アシカ)や、海鳥などを見る事は出来ません。

※ハイシーズン中も変わりません(11月後半~3月)

オタリアや海鳥を見るツアー

オタリア(アシカ)を、かなり近くから(舟の上から)見る事が出来るツアーです。

プンタアレナスで遠目から見たツアーとは、比べ物にならないほど近くから見れます。

プンタアレーナス観光【ペンギンツアー詳細】値段や時間、おすすめの時期
遠目でオタリアを見た、プンタアレナスのツアーの記事


注意点
こちらのツアーは、ペンギンを見る事が出来ません。
運よく見えても遠目であったり、泳いでいる所をチラッと見る程度との事です。

※ハイシーズン中(11月後半~3月)はペンギン島に寄るプランに変更になる会社もあります。
ただし船の上からペンギン島を見るので、上陸するツアーのようにペンギンの近くに行く事は出来ません。

各ツアー会社の場所(地図)

この辺りに10社ほどのツアー会社が、固まってあります。
値段などを聞いて回るには、とても便利でした。


出典:グーグル

ペンギン島ツアーの会社や値段

PIRA TOUR

ペンギン島こと、マルティージョ島(Isla Martillo)に行けるツアーを取り扱っているのは、ピラ・ツアー(PIRA TOUR)の1社のみとなります。
ウシュアイアでペンギン島に行く場合は、価格の比較など必要ないので分かりやすいです。


<値段/金額>
ツアーの価格は、

1900チリペソ+240チリペソ(入島料)

計 2140ペソ/1人となります。


<ペンギンツアーの開始時間と所要時間>
8時~と、14時30分~の1日2本となります。

所要時間は、6時間です。


<ツアー内容>
・ウシュアイアで有名な、強風により斜めになった木の見学

・海洋生物の骨が展示されているMuseo Acatushunの見学

・ハーバートン牧場 (Estancia Harberton)を経由し、ペンギン島へ


PIRA TOURのパンフレット

※筆者は、プンタアレナスでペンギンを見ましたし、かなり高額だったので、オタリアを見に行くツアーを選択しました。

プンタアレナスでは、かなり遠くからしか見れませんでしたが、ビーグル水道のツアーではかなり近くから見れました。

オタリア見学ツアーの会社や値段

8社ほど値段や内容を確認しましたが、若干値段が違いました。
値段の違いは、主に船の大きさや、船上で提供される軽食などが違うようで、ツアー内容には特に違いは無いようです。


<ツアー内容>
・オタリアが大量に居る島の見学

・海鳥が大量に居る島の見学

・有名な灯台の見学

・珍しい草花などが咲いている国境ギリギリの島をトレッキング

赤○あたりの島

※ハイシーズン中(11月後半~3月)は、トレッキングからペンギン島を船の上から見学するツアーに変更になります。

会社を選んだ条件

筆者は、出来る限りオタリアに近づきたかったので、小さい船を希望していました。
その為、下記条件を満たしている会社を探していました。

・船が小さそうな会社
・料金が安い会社
・クレジットカードが使える会社
※クレジットカードが使える店と、使えない店があります

TRES MARIAS

<値段/金額>
1150ペソ+20ペソ(TAX)
※20ペソはどの会社でもかかります。


<ツアー開始時間と所要時間>
10時~と、15時~の1日2本となります。

所要時間は、4時間です。

Patagonia Adventure Explorer

<値段/金額>
1100ペソ+20ペソ(TAX)


<ツアー開始時間と所要時間>
10時~と、15時~の1日2本となります。

所要時間は、4時間です。

El Che

<値段/金額>
1000ペソ+20ペソ(TAX)


<ツアー開始時間と所要時間>
10時~と、15時~の1日2本となります。

所要時間は、4時間です。

8社の値段を聞いて回った結果、最安値は1000ペソで、高値が1150ペソでした。

1000ペソの店がいくつかありましたが、一番船が小さそうな、El Cheの15時発を選択しました。



※上記ツアーの値段は、ハイシーズン前のトレッキング時の値段です。
ハイシーズンにウシュアイアに行き、ペンギン島に寄るツアー(上陸はせずに船の上から見る)に行かれる方は、値段がそれぞれ300ペソほど上がります。


スポンサーリンク



El Cheのオタリア見学ツアーの流れ

午前中に支払い手続き:
200ペソを現金で支払い予約をする。

14時40分:
申し込んだツアー会社に集合し、クレジットカードで1000ペソ支払い
200ペソは返してもらう

14時50分:
船乗り場で20ペソ支払い船に乗る

15時:出発

15時30分:オタリアの島付近に到着

手を振るオタリア

20分ほどゆっくりと島の周りをまわってくれます。

16時:鳥がたくさんいる島付近到着

16時20分:灯台に近づく

17時10分:島に上陸し1時間ほどトレッキング

船の上でビールや、サラミ、チーズ、オリーブ、クラッカー等の軽食を貰う

18時50分:港に戻る

小型の船を選んで正解でした

船は想像通り小型で、乗客は8人しかいませんでした。

椅子の数を見ても、10人も乗れば満員になるような船です。

どこの会社かは不明ですが、オタリア島の近くで大型の船を見ました。
2F建てになっていて、30~40人近くの乗客が乗っていました。

オタリア島にも、筆者の船程近づけていませんでしたし、人が多いと写真なども取りづらいと思います。

El Che社はおすすめ

他の会社のツアーに参加していないので、比較はできませんが非常に満足しています。

最安の1000ペソでしたが、とてもフレンドリーな船員さん達でした。
そしてサービスもとても良かったです。

オタリアツアーに行かれる方は、最安値でクレジットカードが使えて小型の船のEl Cheが良いと思います


※金額やツアー内容は、時期により変わります。
また野生の動物を見るツアーなので、ペンギンの島への到来が遅かったり早かったりする事があるようです。



<関連記事>
■ウシュアイア情報
ウシュアイアから日本へハガキや手紙を郵送(最安値)する方法と到着日数

ウシュアイアの安宿 イルダおばさんの家と、おすすめの最安値ホテルの情報



■リオガジェゴス情報
リオガジェゴスの安宿の情報 安く泊まれるおすすめの場所はキャンピング場


■プンタアレーナス情報
プンタアレーナスの安宿と、お得な免税店へ安く行くおすすめの方法

プンタアレーナス観光【ペンギンツアー詳細】値段や時間、おすすめの時期


■プエルトナタレス情報
プエルトナタレスの安宿(安いホテル)を徹底比較(値段/地図/設備等の情報)



<おすすめ記事>
【持ち物まとめ】最強おすすめ海外旅行の厳選したアイテム紹介
実際に私が色々と使ってみて、本当に便利だったものを厳選して紹介しています。

各アイテムを細かく写真付きで書いています。
また、どのようなポイントで選べば良いかも詳しく書いています。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加