ワードプレスで特定のページだけ広告を消す方法 図つきで簡単なやりかたを詳細に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワードプレスを使い、ブログを書いている方はたくさんいると思います。

私はSimplicityを利用させて頂いていますが、本記事はSimplicity以外のテーマをお使いの方も、対象となる記事です


ブログを書いている多くの方が グーグルアドセンスの広告を、トップページや記事に張り付けているのではないでしょうか。

そのような方の中には、ある記事のみgoogleAdsenseの広告を非表示にしたいと思う方がいると思います。


私が体験したように、広告の除外を選択したのに、一部分だけ消えなく困っている方はぜひ参考にしてみてください。

グーグルアドセンスの利用規約

自分が書きたい記事をブログに書いていくと、うっかりと利用規約を守っていない内容になってしまう事もあると思います。

最も一般的なのが、お酒の記事ではないでしょうか。

利用規約を守らなければ、広告を使う事ができなくなってしまう事があります。

事前に違反しているという連絡メール等が来ますが、明らかに規約に沿っていない内容であれば初めからその記事のみ、アドセンス広告をはずしておく事をおすすめします。

とても優れたSimplicity2(シンプリシティ2)

おすすめのテーマや、優れたテーマをネット検索すると、頻繁に名前を見かけるSimplicity。

無料ですが、とても便利で利用するのが簡単なので使っている人が多いですね。

そんなシンプリシティには、記事の編集画面でその記事のみ広告の設定を外す機能がもともと付いているんです。

広告の除外 を設定しているのに一部の広告が消えない

下記の写真のように、記事の投稿画面(編集画面)の右側に、1ページ1ページづつ広告の設定を選べるようになっています。

広告の除外 にチェックを入れるだけなので、非常に簡単でだれでもすぐに対応する事ができます。


上記にチェックを入れ、記事を更新するとしっかりと広告が消えている事が確認出来ました。


しかしながら、後日 広告を非表示にした記事を見てみると、一ヵ所のみ非表示になっていない場所を見つけました。

タイトル下 本文上 のみ消えていなかった

私の広告配置は、基本的に下記となります。

パソコンでの表示
・サイドバーの一番上に一つ

・タイトルの下/本文の上に一つ

・本文の下に二つ


スマホでの表示
・タイトルの下/本文の上に一つ

・本文の下に一つ

・関連記事の下に一つ


その中で、パソコンもスマホも タイトルの下/本文の上 にあった物だけ消えていなかったんです。

一部分のみ非表示になっていなかった理由

まったく理由が分からなかったため、シンプリシティのページを色々と読んでみました。

すると 自分でウィジェットを使って広告を設定している場合は、広告の除外にチェックを入れても非表示の対象にならないという事が分かりました。

広告の設定をしてから、だいぶ時が経っていたので忘れていましたが、自分のワードプレスにログインし、管理画面から確認してみました。

外観⇒ウィジェットを選ぶと、下の図のような画面になります。
1、外観
2、ウィジェット



私の広告が消えていなかった場所は、タイトルの下/本文の上(投稿本文上)のため、そちらの設定を見るためにクリックしてみました。

すると、パソコン用テキストウィジェット と モバイル用テキストウィジェット を設定している事が判明しました。


一部分のみ広告が消えていない原因は、自分でウィジェットを使って設定していたからでした。


理由さえ分かれば後は簡単、ウィジェットをページ単位で表示/非表示にする事ができるプラグインを探すだけですね。

引き続き、対応できるプラグインと、使い方を図解で詳細に記載します。


スポンサーリンク



Widget Options(ウィジェット設定)では無理でした

理由が分かれば後は簡単。

ネットでウィジェットのページごとの表示/非表示が可能なおすすめのプラグインを検索すれば良いだけです。

評判が良かったのが、【Widget Options】というプラグインです。

実際にプラグインをインストールしようとすると、日本語で 【ウィジェット設定】 という名前になっていたので若干戸惑いましたが、Widget Options=ウィジェット設定 のようです。


普通にインストールして、有効化するだけ。ここまでは簡単です。


有効化した後は、上述した
外観⇒ウィジェット⇒(私の場合は)投稿本文上 をクリックします。
※消したい広告が貼られているウィジェットを開いてください。

筆者の場合は、パソコン用とモバイル用の2つがありますが、まずパソコン用の設定を開きます。


下の図の赤丸をクリックすると、パソコン用ウィジェットの中身が確認できます。


ウィジェットの中身を下の方まで見て行くと、Widget Optionsをインストールするまでは無かった Hide/showという項目が出来ています。

Hideは隠す=非表示
showは見る=表示

という事でしょう。


あとはSingle Postを選んで、非表示にすれば・・・・
と思っていたんですが、Single Postが見つかりません。

Home/Front
Blog
Archives
404
Archives

の5つしか選べなくなっています。

仕様変更?アップグレードが必要?

詳細な原因は分かりませんでしたが、上記の一覧にあったSingle Postは無くなっていました。

プラグイン画面で、インストールしたWidget Optionsを確認すると Upgrade という表示が出ていました。

押してみると、有料版の案内が表示されました。


昔は無料版で、個別のページでの広告の表示/非表示ができていたようですが、出来なくなってしまったようです。

個別のページを非表示にできない

他にも色々と設定があったので、1時間ほど格闘しましたが、説明が英語という事もあり出来ませんでした。


こちらのプラグインは、トップページや、カテゴリーごと、固定ページ単位での表示/非表示だけではなく、端末単位(PCやスマホ)で設定できるようですが、私が求めている事は出来ないようです。

仕様変更になり、やり方が変わってしまったのか、そもそも有料版にアップグレードしなければ 私が希望するページごとでの非表示ができないのか分かりませんが、私には本プラグインでの対応は無理でした。

意外と簡単!Widget Logicがおすすめ

ウィジェットロジックというプラグインで、私のやりたい事ができるというのは知っていましたが、もっと簡単にできないかと探して見つけたのがウィジェットオプションでした。

そちらで無理だったので、ウィジェットロジックを追加し対応しましたが、思っていたよりずっと簡単だったのでおすすめです。

ウィジェットロジックの使い方

プラグイン⇒新規追加⇒Widget Logicを検索しインストールし有効化します。
ここまではどのプラグインも ほぼ同じだと思います。

有効化した後、外観⇒ウィジェット⇒(私の場合は)投稿本文上 をクリックします。
※消したい広告が貼られているウィジェットを開いてください。


筆者の場合は、パソコン用とモバイル用の2つがありますが、まずパソコン用の設定を開きます。


下の図の赤丸をクリックすると、パソコン用テキストウィジェットの中身が確認できます。


ウィジェットの中身を下の方まで見て行くと、Widget Logicをインストールするまでは無かった 【ウィジェットのロジック:】という項目が出てきます。

新たに出てきたウィジェットのロジックという所に下記を入れるだけで私のやりたかった事が完成です。

!is_single(‘2543’)

2543は私の場合なので、非表示したいページのポスト番号に変更するだけです。

!is_single(‘XXXX’)
※XXXX=非表示にしたいページのポスト番号


1記事だけではなく、複数の記事で同じように非表示にしたい場合は、下記のようにします。

!is_single( array(1,2,2543))
1,2,2543をご自身の非表示にしたい番号に変更してください。

ポスト(post)番号の知り方 確認方法

ワードプレスの記事の投稿画面から確認することが出来ます。

公開後の記事であれば、下の図のように、投稿画面の上のURLに表示される post=XXXX がポスト番号になります。

上記であれば、2543がポストナンバー


公開前であれば、作成中の記事のプレビュー画面の上のURLに表示される P=XXXX がポスト番号です。


これでアドセンス広告の配信停止を 心配する必要がなくなり安心しました。

同じような理由で悩んでいる方の参考になれば幸いです。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加