ウジツェからヴィシェグラードへの移動と行き方【セルビア-ボスニア国境越え】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、セルビアの中継地点としても有名な町ウジツェから、ボスニア・ヘルツェゴビナのヴィシェグラードへの移動方法を詳細に書いていこうと思います。

地図、時刻表、所要時間、切符の価格や値段まで、出来る限り詳しく書くので、実際に移動する人の参考になれば幸いです。

ボスニアのヴィシェグラードは、セルビアとの国境に近い場所にある街なので、セルビアから行く際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の橋がある街

ボスニア・ヘルツェゴビナのヴィシェグラード(Visegrad)といえば、ボスニアの世界遺産に登録されているソコルル・メフメト・パシャ橋(Sokollu Mehmed Pasha Bridge)で有名な街です。

この街に立ち寄れば、こんな素敵な橋を見る事が出来ますよ。

ウジツェからヴィシェグラードへの移動方法

ヴィシェグラードには、現在使われている駅が無い為、列車での移動はできず、バスでの移動となります。

ウジツェからヴィシェグラードは約70キロの道のり。バスで行くと1時間30分ほどの距離となります。

バスの切符の購入方法と時刻表

ウジツェのバスステーションの地図


Main Railway Station Uzice

バスステーションが登録されていなかったので、隣の駅の地図です。
駅のすぐ隣(東側)にバスステーションがあります。

ウジツェ発ヴィシェグラード行きのバス時刻表>


※写真の時刻表 左側が出発時間 右側が到着時間となっています。

写真の赤枠がヴィシェグラード行きとなりますが、時刻表によると、7時30分と15時の2本のようです。


しかしながら、実際に窓口で購入しようとすると、11時、15時、17時の3本と言われました。

筆者は15時のバスを選択しました。

ウジツェからヴィシェグラードまでのバスチケットの価格/値段

590セルビアディナール/1人

ウジツェからヴィシェグラードまでの移動の流れ(詳細)

国境を通過しますが15時発で、17時着だったので、所要時間は約2時間となります。
バスに乗っている人数により、国境での時間は変わります。

バス(実際にはバン)にバックパック等の大きな荷物を預ける時は、別途60セルビアディナール/1個 かかります。


15時出発のバンは時刻通りに出発。

16時10分 セルビア側の国境到着

16時20分 バンから降りる事なく終了し出発

16時23分 数分でボスニア側のイミグレに到着し、バンから降りる事無く5分ほどで終了

16時55分 ヴィシェグラード到着

ヴィシェグラードに到着し、降りたのは下記地図の場所です。

ヴィシェグラードのバスを降りた場所の地図


43°47’10.7″N 19°17’46.5″E
43.786308, 19.296243

街の中の小さなバス停に止まっていく感じでした。

自分の宿泊予定の宿やホテル、または街中で降りると良いと思います。

世界遺産に登録されているソコルル・メフメト・パシャ橋(Sokollu Mehmed Pasha Bridge)の近くにはスーパーやATMがあり、ホテルもたくさんあります。

スポンサーリンク



口コミ評価 9点以上のヴィシェグラードのホテル/安い宿の情報

基本的に、最安値の宿に泊まる事が多いので、おすすめできない所もありますが、ヴィシェグラードで宿泊した宿はとても快適だったので、ご紹介します。


ボスニアには多いSobeタイプ(家を宿のようにしている)の宿泊施設です。
ちなみにヴィシェグラードの宿では、ここが最安値でした。

Sobe V&P Blagojevic

最安値ですが、booking.comの口コミは9点を超えています。



バス停からは少し離れていますが、到着時刻などを伝えておけば、車で迎えに来てくれます。
ヴィシェグラードを出る時も、バス停まで車で送ってくれます。

まるで自分の家にいるようにくつろげますし、Sobeタイプですが気兼ねなく生活できます。

宿のご主人と奥さんが本当に本当に良い人です。

部屋もとても快適です。
共有キッチンも気を使わずに自由に使えるので、自炊も出来ます。
冷蔵庫/コンロももちろん付いていますし、油や調味料も使わせてくれます!

Sobe V&P Blagojevicの詳細はこちらからどうぞ



<関連記事>
ヴィシェグラードからサラエボへの移動 バスでの行き方を地図/時刻表付きで詳細に
詳細な行き方(時刻表/バス発着場所の地図/値段/所要時間)だけではなく、サラエボの複雑なバスステーションの情報も詳しく記載しています。
東バスターミナルと市内の行き来は103番のトロリーバスがおすすめ
103番のバスの情報も詳しく書いているのでサラエボに行く方は必見です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加