ウシュアイアの安宿 イルダおばさんの家と、おすすめの最安値ホテルの情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、アルゼンチン(パタゴニア)の世界最南端の都市 ウシュアイアの安宿について詳細に記載していきます。

日本人に有名なゲストハウスと言えば、イルダおばさんのやっている宿が有名です。

今回は、イルダおばさんの家の他に、さらに安いホテルを見つけたので、そちらの情報も併せて書いていこうと思います。

ウシュアイアの安宿の相場

エルカラファテや、プンタアレナス、プエルト・ナタレスに比べ、かなり高くなりました。

まずウシュアイアに行く前にブッキングドットコムで調べていきましたが、安宿が見つからなかったので現地に直接行く事にしました。

安そうな宿を何件か聞いてまわり、値段や部屋等を確認しましたが、ドミトリーで320ペソ/350ペソ等の宿が多かったです。(bookingの最安値とほぼ同じ)


今回ウシュアイアでは2件のホテルに宿泊しましたが、現地で探した方が若干安いかと思います。

ハイシーズンと、物価上昇に要注意

筆者は11月に訪れましたが、ハイシーズンとなる12月-3月は非常に込み合うようです。
直接行って、安宿が満室で宿泊できない事も考慮する必要があります。


また、事前にブログなどで調べていた情報よりも値上がりしていました。
※ツアーなどの値段も、最新版のガイドブックの情報がすでに古かったりします。

アルゼンチン、特にパタゴニアは物価の上昇が非常に早いようなので、予約サイトや 街の宿で直接確認し、値段の相場を知っておく事をおすすめします。

イルダおばさんの宿の情報(地図や値段)

イルダおばさんの人柄だと思いますが、日本人と韓国人にとても人気がありアジア人宿のようになっている印象でした。

地図

54°48’18.9″S 68°18’14.7″W
-54.805239, -68.304077

グーグルマップには登録されていませんが、上記の地図(座標)の場所にあります。

外観
【ホテル】等の看板が出ておらず、非常に分かりづらいので、下記画像を参考にしてください。

出典:グーグルマップ

赤枠がイルダおばさんの宿の入口です。


入口の扉には、生流大(Hilda)と紙が貼ってあります。

1泊の値段/金額

一泊の宿泊料金は、300アルゼンチンペソ/1人です。

ドミトリー/朝食無し
たまに昼ご飯や晩御飯をくれたりします。

宿内の様子

<ドミトリー内>
ごく平凡なドミトリーです。

広からず狭からずの部屋でした。

部屋に入ると、ベッドの上で猫が寝ていました。
猫アレルギーの人や、猫が好きではない方には向かいない宿だと思います。

<風呂/トイレ>
よくある風呂/トイレです。
お湯と勢いは、特に問題ありませんでした。

<宿内ルール>
・禁煙

・洗濯は洗面台でしてはいけない。

・0時頃に、入口の鍵が閉められる為、夜中外には出られません。
(事前に言っておけば問題ないかも知れませんが)

宿泊しての感想

イルダおばさんが、非常に良い人でした。
きっとここが日本人に人気があるのは、おばちゃんの人柄だと思います。

ちょくちょくご飯をくれましたし、フルーツなどもくれます。
チェックアウトする時は、お祈りまでしてくれて、本当に優しい雰囲気の素敵な方でした。

<マイナスポイント>
イルダおばさんの宿には、おばさんと英語の話せるおばさんの娘が住んでいます。

イルダおばさんは凄く感じが良いのですが、娘さんがあまり感じが良くなく、さらにほぼ1日中共有スペース兼キッチンに居ます。


・共有スペースにあった調味料を使おうとしたら、「自分たちのを使って」と言われる

・置いてあったコーヒーを飲んで良いか聞いたが「ダメ」と言われる。

・砂糖ももちろん「ダメ」と言われる。

・どこにも記載が無かったし、事前の説明も無かったけど、「キッチンは0時(24時)で閉める」と言われる。
冷蔵庫に入れていた飲み物を取りに行けなくなった為、翌日は0時前に冷蔵庫から、室内に水を移動しておきましたが、1時過ぎまで娘さんはキッチンに居て驚きました。

その日の気分で変わるような印象を受けました。

翌日、イルダおばさんが居る時に、自分のコーヒーを飲もうとしたら、

「このコーヒーを飲みなさい」

と前日娘さんに断られたコーヒーをくれました。
もちろん砂糖も使わせてくれました。


混雑している時には気にならないと思いますが、閑散期に行くと、宿泊客が少ない為、娘さんが色々とチェックしてきます。

イルダおばちゃんの人柄がプラスポイントですが、娘さんのマイナスポイントで、300ペソ払ってまで泊まる宿ではないかな。というのが本音でした。


スポンサーリンク



最安値のおすすめホテル Hostel Lo De Momo

地図と一泊の値段


Hostel Lo De Momo


一泊の値段と価格
4人部屋のドミトリーで270ペソ/1泊でした。

宿泊してみた感想

最初から最安値だったこちらのホテルに宿泊すれば良かったと思いました。

ドミトリーですが綺麗に清掃されていますし、快適な宿でした。


キッチンも使いやすく、調味料もおいてありました。

またスタッフが非常に親切だったので、居心地が良かったです。

洗濯も気兼ねなくできます。


今回2件の宿に泊まりましたが、おすすめはHostel Lo De Momoです。



<関連記事>
■ウシュアイア情報
ウシュアイアから日本へハガキや手紙を郵送(最安値)する方法と到着日数

ビーグル水道ツアー詳細(ペンギン/オタリア) 各社の値段/内容とおすすめの会社


■プンタアレーナス情報
プンタアレーナスの安宿と、お得な免税店へ安く行くおすすめの方法

プンタアレーナス観光【ペンギンツアー詳細】値段や時間、おすすめの時期


■プエルトナタレス情報
プエルトナタレスの安宿(安いホテル)を徹底比較(値段/地図/設備等の情報)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加