トランキーロからコジャイケへの行き方(詳細)と、最安値の安宿の情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、プエルト・リオ・トランキーロから、コジャイケ/コイハイケ(Coyhaique)へのアクセスについて書いていきます。

※コジャイケは、コイハイケやコイアイケ、コヤイケなどとも呼ばれるようですが、本記事ではコジャイケに統一させて頂きます。

トランキーロからのバスでの行き方や、値段や所要時間、バスが来る場所なども詳しく書いていこうと思います。
実際に移動される方の参考になれば幸いです。

トランキーロから北上しようとすると、直接プエルトモンなどには行けず、まずはコジャイケの街に出る必要があるようなので、筆者はコジャイケに向かいました。


トランキーロからコジャイケは、210キロほど離れています。


トランキーロのバスステーションの情報

地図

46°37’22.7″S 72°40’27.9″W
-46.622962, -72.674408


トランキーロは本当に小さな町の為、バスステーションや、バス停がありません。
上記地図の場所は、インフォメーションセンターと、ツアー会社が並んでいる場所になります。

トランキーロに来るバスは、すべてインフォメーションセンターの前に止まるので、そこで待っていればバスが来ます。

バスの時刻表と値段

トランキーロから、コジャイケ方面に向かうバスは下記時間帯に、何本か来ます。

毎日 8時30分~11時の間

バスの値段と金額
筆者は9時40分頃に、インフォメーションセンターの前に止まっていた大きなバスに行き先を聞き、コジャイケへ行くバスだったので乗り込みました。

価格:10,000チリペソ/1人

大きなバックパック等を預けても、追加料金はかかりませんでした。

チレチコからトランキーロまで来たような、バンではなくしっかりとした大きなバスでした。
その他も何本かバスが来るようですが、その他のバスの値段は分かりません。

ただ、チレチコからトランキーロまでのバンは、160キロほどの距離で4時間40分乗車し、14,000ペソだったので220キロほどの距離を10,000ペソは高くないのかと思いました。

移動の流れ(詳細)

9時50分:バスが出発

12時30分:ビージャ・セロ・カスティージョという街により10分ほど休憩

14時10分:コジャイケに到着



ここまでの道中は、チャリダーの聖地、旅人の憧れの道として名高いアウストラル街道です。

チレチコからトランキーロまでの道も、とても綺麗でしたが、カスティージョ付近の道はさらに美しかったです。

同じバスに乗っていた人達は、カスティージョで降りる人も居て、山好きにはたまらない場所だと思います。

コジャイケの到着場所(地図)

到着するバスステーションの地図

Coyhaique


コジャイケは大きな街なので、しっかりとしたバスステーションがあります。

さらに、いくつかバスステーションがありますが、到着するこのバスターミナルが遠距離バスターミナルとなります。

チロエ島へ行くバスや、プエルトモンに向かうバスは、このバスステーションからしか出ません。

スポンサーリンク



宿泊した安宿

インフォメーションセンターで聞いた最安値の宿

ブッキングなどで調べると、かなり高い宿しか出なかった為、道沿いにあるホステルを1件1件回り、一泊の値段を聞いて回りました。

全部で10件ほど聞き、
一泊:15,000ペソ~25,000ペソ/1人という値段でした。
筆者は2人旅なので、25,000ペソ~30,000ペソでした。

ドミトリーはあまりなく、ダブルやツインの個室が多かったです。

どの宿も高かったので、インフォメーションセンターで安宿を聞いてみる事にしました。

インフォメーションセンターの場所の地図


Bulnes 21


ブルネス(Bulnes)通りにあり、大きくインフォメーションセンターと書かれているので分かりやすいです。

出典:グーグルマップ

インフォメーションセンターに行き、取り扱っている宿で一番安い場所を教えてくれました。

コジャイケの最安値の宿 Aire PATAGON

Aire PATAGONの地図


Cristobal Colon 367


値段

一泊 10,000ペソ/1人

10件ほど聞いた宿を含めても、1番安かったのでここに決めました。

綺麗な個室


広くはないですが、綺麗に清掃された個室です。

ただ服をかける場所や、棚がないのがやや不便でした。

トイレとシャワー

シャワーのお湯が7分しか出ないような張り紙がありましたが、小まめにお湯を止めながら使っていると15分くらいお湯が出続けました。
広くはないですが、綺麗に清掃されたシャワーとトイレです。

とても広い共有スペース

表からの見た目とは違い、かなり広い敷地です。
庭も大きく、屋外に出る扉が4つもあります。

共有スペースも広く、キッチンも大き目です。

家族と一緒に使う

ホステルというより、オーナー家族の家と一緒に、共有スペースやキッチンを使うイメージの宿です。

感じの良い家族だったので、キッチンなども気兼ねなく使えました。


<関連記事>
コジャイケからオソルノ(プエルトモン/チロエ島)への行き方(時刻や値段など詳細)
コジャイケから直接サンティアゴに行けなかったため、オソルノに向かった記事

マーブルカテドラルへの行き方(現地ツアー詳細)となぜがっかりするのか 加工有り無しの写真で比較

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加