オデッサ観光 地下通路のカタコンベ(パルチザンの栄光博物館) 行き方と詳細

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、ウクライナのオデッサの観光スポット、巨大な地下通路についてです。

閉ざされた地下施設となっている、カタコンベへ行ってきたので、その時の情報を詳細に記載していきます。

オデッサの安宿の情報とキエフからオデッサの行き方(安く快適に)
キエフからオデッサの移動方法と、オデッサのおすすめ安宿の情報は上記記事を参考にしてみてください。

下に詳しい説明を載せますが、今回訪れたカタコンベ(パルチザンの栄光博物館)は、簡単に説明すると第二次世界大戦でナチスドイツに対する秘密基地のような場所です。

詳しい行き方などを調べましたが、見つからなかったため、宿のスタッフに聞いて行ってきたので、情報を書いておきます。
地図や、所要時間、切符の値段や入場料の価格まで、出来る限り詳しく書くので、実際に移動する人の参考になれば幸いです。

オデッサのカタコンベは【パルチザンの栄光博物館】

オデッサの町の建設には地元で採掘された石材が使用され、その結果地下には全長1000キロにもおよぶ空洞ができました。
第二次世界大戦中、パルチザンはその地下道に潜りナチス・ドイツに抵抗。

その一部に実際に使用された施設が再現され、記念博物館として一般公開されています。

出典:DTACウクライナ観光情報局

パルチザンとは

パルチザンは占領軍への抵抗運動や内戦・革命戦争における非正規の軍事活動、またそれを行なう遊撃隊およびその構成員を指す単語であるが、転じて様々な組織などを指す語として使用されることがある。

英語圏における「パルチザン」は、共産主義や抵抗運動に限らず、特定の党を熱心に支持・応援する一般市民を意味することもある。

ゲリラの類義語である。

出典:ウィキペディア

カタコンベとは

カタコンベ(イタリア語:catacombe)は、地下の墓所のこと。

もともとはローマのサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ教会の埋葬場所のことを意味していたが、死者を葬る為に使われた洞窟、岩屋や地下の洞穴のこと全般を指すようになった。

ウクライナやロシアのカタコンベは鉱石、石灰岩の採掘後のトンネルが使われており、クリミアや黒海沿岸に位置している。

有名なものはオデッサやクリミア、アジムシュカイ(Ajimushkay)のものである。
それらはソ連の第二次世界大戦のゲリラの基地としても使われた。

出典:ウィキペディア

パルチザンの栄光博物館 移動・行き方は3パターン

パルチザンの栄光博物館は、オデッサ中心街から車で30分ほど行ったnerubaiske(ネルバイスケ?)という町にあります。

Memorial partizanskoї slavi
Меморіал партизанської слави

ツアーで行く方法

旅行会社、ツアー会社、または宿のスタッフに依頼してツアー会社経由で観光することが可能です。

またツアーにも2種類あり、団体のグループツアーで行く方法と個人ツアーで行く方法があります。

個人・グループツアーの値段

大人数でのグループツアー
知らない人と行くグループツアーの値段は市内からのカタコンベまでの往復代金と入場+ガイド料込で250フリブニャ/1人ほどらしいです。
※宿のスタッフに聞いた情報です。


個人手配ツアー
自分の仲間内だけで行くツアーは、ゲストハウスとカタコンベまでの往復代金と入場+ガイド料込で400フリブニャ/1人との事でした。
※カタコンベの中は、勝手に入れないので、ガイドは必ず必要となります。

私たちは2人だったので、400/1人でしたが、人数が多ければ安くなるのかもしれません。

2人で800フリブニャは高いので、私たちは自力で目的地へ向かいました。

旅行会社の地図


Excursions in Odessa catacombs
Экскурсии в Одесские катакомбы

こちらも宿で聞いた情報ですが、上記旅行会社で日帰りツアーを取り扱っているとの事です。

個人で自力で行く方法が最安値

パルチザンの栄光博物館までは市バス(ローカルバス)の84番に乗れば簡単に行く事ができます。

オデッサ市内の84番が停車するバス停の地図

赤★:停車するバス停

※この2つ以外にも駅付近で止まりますが、詳細は不明です。
宿のスタッフなどに尋ねてみてください。

バスの値段と乗車方法

バスに乗り込み「カタコンベ」と言うと通じました。

料金は8フリブニャ/1人です。

写真の右から二番目のНерубайсkoe が nerubaiske(ネルバイスケ)です。

乗車するバス停の場所にもよると思いますが、所要時間は約30分です。

入場方法と料金(ガイドの値段)

上述していますが、パルチザンの栄光博物館内には個人で入る事はできません。
かならずガイドが必要になります。

実際に中に入り分かりましたが、たしかに個人で入ると迷ってしまう可能性があるほど暗く大きく複雑でした。

バスを降りると、目の前に下の写真のような看板が出てきます。



矢印の方に向かって階段を下りて行くと入口が出てきます。


受付らしい場所をのぞき込むと女性がジェスチャーで10と伝えてきました。
※筆者が行った際に受付にいたスタッフには、英語は通じませんでした。

私が入口に着いた時刻が12時50分だったので、10分後の13時から開始かと思い待っていましたが、ガイドが到着するまで20分ほど待ちました。


個人で行く場合は、ツアーの時間などの記載がなく受付に連絡してからスタッフが出向いてくれるようでした。

時間もありませんでしたし、値段なども書いていなかったため、正規の値段が分かりませんが 125フリブニャ/1人 で2人で250フリブニャでした。

ツアーと自力で行った場合の価格の比較

・個人ツアー:400フリブニャ/1人
・グループツアー:250/1人
・自力で行った場合:バス代往復の16フリブニャを含めても125+16=141フリブニャ

個人ツアーの半額以下、グループツアーより100フリブニャ安いです。

営業時間と注意事項

こちらも宿のスタッフに確認した内容ですが、年中無休で10時~18時の間で営業しているようです。
※変更になっている可能性、冬季はやっていない可能性などもあるので事前に確認するようにしてください。

また中をゆっくり見るためには、16時には入口に着くように行く事をおすすめします。

中に入るとかなり温度が下がります。
上着などを持って行くのが良いと思います。


スポンサーリンク



おすすめ観光スポット 地下迷宮を探索

片言の英語を話すガイドさんに連れられ、薄暗い地下の通路を巡っていきます。

文章で書いても伝わりづらいと思うので、写真多めで記載していこうと思います。


壁にかかるのこぎり



当時使われていたキッチン



寝床



風呂や洗濯場



指令室
写真はレーニンとスターリン


学校



病院



病院には質素な作りでしたがベッドもおいてありました。




訓練施設




戦争の辛さを物語るものもありました。
戦争で家族を失い悲しむ女性です。




そして壁に書いてある有名な文字

血には血を、死には死を





当時の状況が分かる地下通路となっていました。

オデッサに来た際には、ぜひ足を延ばしてほしい博物館でした。


<関連記事>
ウクライナ鉄道の予約方法の詳細

愛のトンネル 行き方の詳細とおすすめの時期 列車の走る時刻(時間)

リヴィウの観光まとめ おすすめスポットや穴場まで地図つきで詳細に紹介


<おすすめ記事>
海外旅行や留学、海外赴任、世界一周など 旅に役立つ情報 一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加