最強おすすめ南京錠とダイヤル式のワイヤーロック(安くて便利) 海外旅行や世界一周の持ち物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、海外旅行や世界一周の必需品、バックパッカーだけではなく、だれもが絶対に持って行くカギについてです。

筆者が数多くの物を実際に使った結果、最も便利で、値段も安く使い勝手の良かった物をご紹介します。

またどのような商品が役に立つのか選び方についても詳しく記載していくので、初めての海外旅行に行かれる方などにも参考になれば幸いです。

南京錠やワイヤーロックの必要性

日本で通勤や通学、買い物に出かける時に自分のリュックに鍵をかけている人はあまり居ないと思います。

しかし海外に行くのであれば、絶対に鍵はかけるべきです。

治安が悪い国ではなくても鍵をかけましょう

日本で生活しているとほとんど気にならないと思いますが、海外では自分の荷物が盗難されたりすることが非常に多いです。

宿やホテルの中、バスや列車の中、道を歩いている時や、行列に並んでいる時、日本では考えられないようなシチュエーションでも置き引きや、バッグを開けられる事もあります。

例えば治安の良いとされているヨーロッパなどでは、日本人が命にかかわる事件に巻き込まれてしまったりする事は少ないですが、スリなどはとても多いです。

もちろん日本人に大人気の、東南アジアなども大きな事件は少ないですが、置き引きや盗難、スリに遭遇してしまい物が無くなる事は多々あります。

盗難に対する抑止力に

強盗などは綿密な計画を立てている場合が多く、どんなに防犯対策をしていても意味のない時もあると思います。

自分で危険な時間や場所に行かない。などと対策もできますが、白昼堂々人も大勢いる安全な場所として知られている場所で、強盗などの犯罪が起こってしまった場合は、もう運でしかないと思います。


しかしながら、旅行者が遭遇する盗難や置き引き、スリなどは油断を狙っての突発的な犯行が多いと思います。

・駅やバスターミナルで椅子の下にそのままリュックサックを置いている

・バスや列車で鍵をかけずに網棚に置いている

・ゲストハウスやホテルで個室だからと安心して、鍵をかけずに荷物を置いている

居合わせた乗客や、宿のスタッフが持ち主の様子を伺い盗れそうだから、犯行に及ぶという突発的な事が多いと思います。

・もし網棚に置いてある荷物が、ワイヤーロックで鍵をかけられていたらどうでしょう。

・もし駅で椅子の下にリュックを置いていても、椅子と括り付けられていたらどうでしょう。

・もしリュックに南京錠が付いていて、簡単に開けられない状態だったらどうでしょう。


そのような突発的な盗難などは間違いなく減ります。

南京錠の選び方

南京錠の重要性については説明してきましたが、いったいどれを購入すれば良いのか。と悩んでいる方も多いと思います。

100円ショップで売られている物や、1000円ほどする高価なもの、その他形状なども多くの会社から色々な商品が販売されています。

今回は筆者が実際に色々な種類を使い、便利だった物と、どのような物が優れているのか詳しく記載していきます。

ワイヤー式であること


ワイヤー式というのは、留める場所が上記のようにワイヤーになっている物の事です。

南京錠の留め具には、大まかに分けると2種類あり、筆者がおすすめするワイヤー式の物と、ワイヤーよりも太く好きな形には曲げる事ができない鉄の棒のような物があります。

おすすめする理由は使い勝手の良さ

私はもちろんワイヤー式の物と、そうでない物を両方とも使ったことがありますが、これから購入する場合は間違いなくワイヤー式の物を買います。

その一番の理由は、使える場面が多彩という事です。


ワイヤー式は自由な形に曲がりますし、そもそも細いという特徴があります。

以前固定式の留め具の南京錠を購入し、いざリュックサックに鍵をかけようとした時に、太すぎてリュックのチャックの留め具に通らずにせっかく購入した南京錠が使えないという事がありました。

多くのリュックに付いている留め具の穴は、穴が小さくワイヤー式でないとロックできないと思います。

ワイヤー式であれば、下記の写真のように簡単にロックする事が出来ます。

こちらの写真はかなり接写していますが、私のリュックです。穴の小ささがご理解いただけるでしょうか!?

このワイヤーを通している穴には、ワイヤーではない南京錠の場合、穴が小さく通せないので、ロックする事が出来ません。


また自由に曲げる事が出来るというのも、非常に多くのメリットがあります。

バックパッカーであれば、絶対に宿泊することのあるドミトリー(共有部屋)

ドミトリーには、大なり小なり個人個人にロッカーが割り当てられる宿が多いですが、そのロッカーのカギがなく外から南京錠でロックするタイプの物が多いです。(南京錠をかけるロッカーの方が安いので、そのようなロッカーを使用している宿が本当に多いです)

その為、鍵は自分の南京錠を使う必要があります。

これは実際に経験したことがある人が多いと思いますが、ロッカーのカギを通す穴が小さかったり、サイズが合わないので鍵をかけられないという事も多々あります。

そんな時も、ワイヤー式であれば困る事はありません。

カギ式ではなくダイヤル式であること


ダイヤル式というのは、こちらの写真のように番号で鍵をかけるタイプの事です。


南京錠には大きく分けて上記のようなダイヤルロック式と、小さなカギをかけるタイプの2種類あります。

ダイヤルタイプをおススメするのは、下記の2つが理由です。

・鍵を無くす心配がない

・鍵の保管場所に困らない

ダイヤル式であれば、番号さえ忘れなければ鍵を無くしてしまい開けられなくなってしまうという悲しい事が起きません。

今回おすすめする商品は、自分の好きな番号に変更できます。

TSAロックは必要か!?

最近の南京錠は、TSAロックであることが多いです。
ほとんどのスーツケースは、TSAロックが標準で搭載されています。

TSAロックとは

アメリカの空港を利用する場合、スーツケースなどの荷物をチェックする事があるので、鍵をかけない事を勧められています。

もし鍵をかけていた場合は、鍵を壊して中身を確認する事が認められているので、南京錠を壊された場合も、文句を言う事も出来ませんし、補償されることもありません。

そんな中、登場したのが、TSAロックです。

TSAロックであれば、荷物検査をする人がTSAのマスターキーを持っている為、鍵を壊さずに開けて中身を確認するので、鍵を壊される心配がありません。

その為、TSAロックを標準搭載しているスーツケースなどが多くなっています。


しかしながら、近年アメリカの航空会社では鍵をかけずに飛行機に預けるように推奨しています。

その為、今ではあまり使われていない場合が多いので、あってもなくてもどちらでも良いというのが筆者の印象です。

TSAロックであれば、鍵をかけても良いという航空会社もあると思うので、同じ値段であればTSAの南京錠を購入すれば良い程度の重要性だと思います。

4ケタのダイヤルは本当に重要か!?

ダイヤル式の南京錠の多くは、3桁か4桁の商品が多いです。

セキュリティの高さから、4桁をすすめる方もいると思いますし、3桁よりも4桁の方が安全性が高いというのも本当だと思います。

その反面、若干ながら値段が高くなります。

個人的には3桁で充分

私の個人的な意見ですが、3桁であろうが4桁であろうが盗難に会う確率は変わらないと思っています。

・カギがかけていないリュックサックが置いてあるから、中に金目の物がないか見てしまおう。

と考える、ホテルのスタッフが居るかもしれません。

そのスタッフは中身を確認し、現金があれば盗んでしまうと思います。


しかしこんな事はないと思います。

・あのカバンは南京錠が3桁だから、頑張って解除してみよう。

・あのカバンは南京錠が4型だから、諦めよう。


桁数を気にするよりも、実際にダイヤルを閉める時に、しっかりとすべてを回して鍵をかける事が重要です。

自分で開ける時に簡単だからと、下一桁だけを回転させる人も居るようですが、しっかりとすべてのダイヤルを回して鍵をロックする事が大事です。

おすすめの南京錠


実際の大きさが分かるように、1円玉と比較して写真を撮影しています。

丈夫で頑丈で価格も安い

こちらの商品の重量は約60g。
とても軽いですが、かなり頑丈です。

筆者もリュックやバックパックに鍵をかけ、飛行機やバス、列車の荷物入れなどに預けたり、かなりラフに扱っていましたが、いまだに綺麗でまったく壊れていません。

今まで使用してきた中で、一番便利な南京錠になります。

上記リンクをクリックすると2個セット、1個売りを選ぶことが出来ます。

もちろんばら売りもしていますが、おすすめは色違いの2個セットを購入する事です。

そもそも南京錠はいくつか必要な物ですし、バラで買うより2個セットで購入した方が安いからです。

さらに、南京錠の暗証番号は、それぞれ違う番号にすると思いますが、色違いを購入すれば、黒は111、シルバーは123。等と覚えておくのが簡単だからです。


ワイヤー式のダイヤルタイプで丈夫であれば、上記商品である必要はありませんが、100円ショップはおすすめしません。

南京錠だけは100円ショップはやめるべき

海外旅行に行く前には、多くの人が立ち寄るであろう100円ショップ。

本当に旅にも適した多くの商品が、100円で売られているので助かります。

筆者も過去に、100円ショップでワイヤー式でダイヤルロックタイプの南京錠が売られていたので、まとめて5個購入したことがあります。

そのうちの1つは使って1日で壊れました。

さらに残りの4つのうち3つは2週間ほどで壊れました。

壊れ方
1、鍵本体の接着部分が外れて、ロックをする事ができなくなる

2、ワイヤーの外れない方が外れて、ロックをする事ができなくなる

3、番号はあっているのに、開かなくなる

1,2は新たな鍵を購入すれば良いのでまだマシですが、3は非常に困りました。

その時はドミトリーのロッカーにかけていましたが、チェックアウトする日に開かなくなってしまい、宿のスタッフなどと一緒にペンチでワイヤー部分をなんとか切りました。
ペンチであっても、切るのに30分ほどかかったので、すぐには切る事ができないという安全性の高さは分かりましたが、とにかく壊れやすいです。

安いので、壊れやすくてもしょうがないと思えますが、旅中に鍵が壊れると色々と不便です。

筆者もとてもお世話になっている100円ショップですが、南京錠だけはおすすめできません。

南京錠を英語 スペイン語で言うと

南京錠の最後に、海外で南京錠を伝えたい時に英語がパッと出てこない方が多いと思います。

英語
padlock パドロック

スペイン語
Candado カンダドー

カタカナで書くのが難しいので、伝わらなければ、紙に書いたりスマホのメモ帳に書いて見せれば通じます。

ワイヤーロックの選び方

南京錠と同じくらい大切なものがワイヤーロックです。

南京錠よりも種類が多く、選ぶものが大事になってくるので、おすすめの商品の紹介と便利な物の選び方を記載していきます。

長さが1メートル以上ある物

ワイヤーロックは非常に多くのシチュエーションで使う事が可能です。

・駅やバスターミナルで椅子に荷物を括り付ける

・トイレに行くときに、手すりなどに荷物を括り付ける

・友人や一緒に旅をしている人の荷物と括り付ける

・宿にバックパックを預けて、数日リュックサックのみで移動する時

こちらは長期旅行者に多いと思いますが、宿によっては荷物の保管は本当に適当です。
他の宿泊者が、自分の物のように持って行ってもスタッフが気づかないような保管をしている宿もいくつもありました。

そんな時は、ワイヤーロックで括り付けておけば安心です。



本当に役立つものなので、絶対に一本は持って行くべきものですが、おすすめは1メートル以上の長さがある物です。

今までに4種類ほど使いましたが、長さは1メートル以上が最低条件だと考えています。

筆者が価格を含め一番おすすめの商品は、1メートル80センチあるので、長さが足りなく困ったという事は1度もありません。

軽くて軽量、コンパクトになる物

ワイヤーロックの重さは非常に重要です。

私は過去に一度失敗しているので、重量がとても大事だということを痛感しています。


一番最初に購入し、海外に持って行ったものは、自転車用のかなり太めのワイヤーロックでした。

長さも短めで、重さは900gほどあるもので太かったので、とても丈夫そうでしたが、あまりの重さに途中で捨ててしまいました。

900gというと、そんなに重くないと思う方が多いと思いますが、実際に手に持つとかなりずっしりとする重量です。

荷物は軽ければ軽いほど、旅は快適になります。

色々と荷物の軽量化を考えている中で、ワイヤーロックの重さが900gというのは決してお勧めできないです。


今回筆者がおすすめする品は、約120gと非常に軽量で、かなりコンパクトになるので持ち運びにも便利です。

色がカラフル(派手)であること

バスや電車の網棚に乗せている時、座席の下に置いておくとき、そんな時に荷物と座席などを括り付けてロックできるのでぐっすりと深い眠りについても安心できます。

公共の乗り物の中は、置き引きなどが非常に多いです。

宿の中で盗んだりするよりも、犯人が捕まりにくいので盗む人が多くなっています。

そんな時、目立たない色のワイヤーでロックしているよりも、目立つ色のワイヤーでロックをしていると、盗もうとしている人にもすぐに分かるので抑止力にもつながります。


そしてワイヤーロックはリュックに結んだり、リュックの横のポケットに入れて持ち運ぶ人が多く、色が派手な場合は自分の物だとすぐに判断する事が出来ます。

バックパックやリュックサック自体を購入する時にも気を付けてほしい点ですが、多くの人が持っている黒などは避けた方が無難です。

筆者も日本で使う用のバッグなどは黒が多いですが、海外に持って行くときは盗まれにくいカラフルな物を選びます。


自分と似たような黒いバッグを持って、バスを降りて行く人が居ても特に気にしないですが、自分と同じ派手な色のバッグやカラフルなバッグを持っている人が居たらすぐに自分の物かも。と思い確認します。

犯人もそんな事は分かっているので、黒い目立たない物を選んで盗みます。

ダイヤル式であること

こちらは南京錠と同じ理由となりますが、鍵タイプではなく、ダイヤルタイプの方が絶対に便利です。
カギを無くすと開けられなくなってしまいますし、鍵を保管するのも面倒なので、番号さえ忘れなければ問題ないダイヤル式をおすすめします。

こちらの商品も、南京錠同様、自分で好きな番号にセットする事ができます。

カギとワイヤーが一体型となっている事

ワイヤーロックには、南京錠とワイヤーが分裂できるタイプのものと、鍵とワイヤーが一体になっている物があります。

筆者のおすすめはワイヤーと一体型になっている物です。

理由としては、分裂するものはそれぞれを無くさないように意識する必要があるという事と、鍵をかけたり外したりする時に時間がかかるという事です。

ワイヤーロックとして一つにまとまっていると、持ち運びなどにも便利ですし、すぐに取り外しや取り付けができるので、バスステーションや駅でとても役に立ちます。

おすすめのワイヤーロックはCrops クロップス


上の写真は、実際の大きさが分かりやすいように1000円札と並べて撮影しています。

こんなに小さくコンパクトになりますが、これで180センチもの長さがあるんです。

そして重さはたったの120g。

持ち運びがいかに楽か理解いただけると思います。
※写真にある黒い束ねるマジックテープはもともと付いている物です。


先端は輪になっているので、下の写真のように簡単にロックする事が可能です。

値段も安くておすすめ

こちらの商品はネット以外でも売っているのを見たことがありますが、ネットで購入する方がずっと安かったです。

太さや長さなどにより、ワイヤーロックの値段は様々ですが、私はコスパを含めこちらのクロップスが一番便利だと思います。

上記リンクをクリックすると、赤以外にも、黒、白、ピンク、緑と5色の色から選ぶことが出来ます。



<関連記事>
おすすめ携帯ウォシュレット 比較と選び方 安くて清潔 強い水圧 海外旅行や登山 キャンプの持ち物

最強おすすめの折り畳み傘 海外旅行に適した大きく軽量・耐風・撥水・自動開閉・収納袋(ケース付き)

最強の懐中電灯 おすすめのコンパクト・軽量・防水・電池式の強力なライトを紹介

おすすめの変換プラグ(変換器) 海外対応の延長コードとマルチタップ 海外旅行の持ち物


<おすすめ記事>
海外旅行や留学、海外赴任、世界一周など 旅に役立つ持ち物 一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加