おすすめ保湿クリームとオイル 体のかゆみ、乾燥肌の対策と対処法 冬場に適した入浴剤と入浴方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は寒い時期におすすめのボディクリームとオイル、入浴方法について詳しく記載していこうと思います。

乾燥肌で冬場になると毎日身体がかゆかった私ですが、クリームやオイルを身体に塗るタイミングを変えただけで、まったく痒みがなくなりました。

同じ悩みを持っている方も多いと思うので、おすすめの入浴方法や筆者が実際に愛用している商品をご紹介しようと思います。

おすすめの入浴剤の効果・効能

私はもともとお風呂に湯船をためて入るのが大好きで、毎日20分~30分ほど半身浴をしています。
38度~40度ほどの湯船に座っておへその少し上くらいまでの水位になるように調整して汗を流します。

その後、体や頭を洗い、洗い終わった後には湯量を増やして40度前後のお湯で全身浴を5分ほどしています。


その日の気分や体調、効果を期待して今は3種類の入浴剤を使い分けています。

サボン・バスソルト(SABON BathSalt)


サボンのバスソルトは冬になると必ず購入する必須のアイテムです。
ローズやバニラ、ピーチなどの香りもあり気持ちの良いお風呂タイムを過ごす事ができます。

湯冷め防止&アロマな香りでリラックス効果

もちろん香りもとっても良いですが、なによりもその効果が素晴らしいです。

お風呂上がり、長時間ポカポカしているの湯冷めしにくいです。

毎日ほぼ同じ温度、同じ時間湯船につかっているので、バスソルトを入れている日と、そうでない日の湯冷めの違いに驚きます。


ミネラルが豊富な死海の塩に、エッセンシャルオイルとバラの花びらが入っています。

香りが強めなので、お風呂でアロマなどを炊いている方にもおすすめですし、本当にリラックスできる空間に変化します。

美肌にも!お肌がツルツルになる事を実感

ミネラルたっぷりなので、お風呂あがりは肌がツルツルになります。

※使いかけのものの写真で申し訳ありませんが、私が今使っているのはローズです。バニラもピーチもおすすめです。


こちらの商品の唯一のデメリットは、お風呂の残り湯を洗濯に使えなくなることです。
私の家の洗濯機は残り湯を使えるタイプのため、洗濯をする前日は違う入浴剤を使用しています。

上記リンクからローズ・バニラ・ピーチそれぞれの商品を選択することができます。

炭酸入りのバブ・きき湯

炭酸入りの入浴剤といえば、思い浮かぶのはバブやきき湯だと思います。

おなじみの商品だと思いますが、 今日は非常に疲れた。 という時や、翌日に残り湯を洗濯に使う時に使用しています。
※洗濯に入浴剤を入れたお風呂の残り湯を使う時は、洗いだけ使用してすすぎは水道水を使っています。

炭酸入りで疲労回復

炭酸入りの入浴剤は、炭酸ガスが解けたお湯につかる事により、血管が拡張する効果があります。

炭酸ガス(二酸化炭素)が皮膚から吸収されると、今度は身体が酸素を吸収しようと毛細血管が広がります。
血管が広がることにより血流が良くなり、全身の新陳代謝がUPするので、疲れや肩こりに強い効力を発揮してくれます。

上記写真は ゆず を使用していますが、リンクをクリックすると色々な香りを選ぶことができます。

上記リンクをクリックすると色々な香りを選ぶことができます。

湯冷めしない入浴方法と注意事項

せっかくお風呂で温まったのに、すぐに冷えてしまう。
冷え性がつらいので、なるべく体を温めたい。

冬場はそう考える人が多いと思います。

湯冷めしない方法は冷水を手足にかける事

そんな人は、お風呂から上がる前に手足に水を10秒ほどかけるだけでかなりの効果があります。

なぜ手足の冷え性に悩んでいるのに、わざわざ水で冷やすの!?と疑問に思う方も多いと思います。


広がった血管を引き締め、熱を放出しないようにする事が重要です

お風呂に入る事により血管が広がり血流が上がっています。

すると人間の身体は、熱くなった身体から熱を放出しようと働きます。
特に手足などの身体の末端部分から熱の放出が始まります。

それを防ぐためには、温まった手足に水をかける事です。

冷たい水でキュッと血管を閉める事により、熱を逃がそうとする体の働きを止めて、長い間温かく保つことができるようになるんです。

ヒートショックには要注意

冬場の部屋は暖かくても、脱衣所が冷えている事は多いですよね。

急激に体が冷え、そこからさらに湯船に入り一気に体温が上がってしまう事により血圧があがり体調不良などを起こしてしまう事があります。

ご年配の方や心臓が弱い方は、命にかかわる事なので特に注意が必要です。

ヒートショックの対策

・脱衣所も温かくするために、ヒーターを設置する

・急激に体をあたためないように、湯船にすぐに入るのではなく、手足にお湯をかけ徐々に体を温める。

こんな簡単な事でも、かなり効果的な対策となるので、気持ちの良いお風呂生活をおくる為にも注意しましょう。

乾燥肌の方や体がかゆくなる方におすすめの方法と対策

私は腕やすね、そして脇腹からお尻のあたりにかけて、毎年毎年冬になると苦労するほどかゆくなっていました。

お風呂上りに色々なクリームやオイルを塗っていましたが、翌日には効果はだいぶ薄れて体をかきむしる事になります。

本記事を読んでいる方は、もちろん私と同じ悩みを抱えていると思うのでとても納得してもらえると思います。

かいてはいけないと分かっていても、ついつい搔いてしまい悪循環に陥っている人も多いと思います。

その場しのぎで気持ちが良いですが、肌が粉をふりたりして結果的には逆効果となってしまいます。

かゆくならない為の方法

こちらが今回一番お伝えしたかったことです。
私はこの方法を行うだけで、あれだけ悩まされていた痒みをまったく気にする事が無くなりました。


それはクリームやオイルを塗るタイミングでした。


今まではお風呂から出て、体を拭きその後すぐにオイルや保湿クリームを塗っていましたが効果は薄かったです。

今は湯船から上がり、体を拭く前にオイルを塗って、その後タオルで拭くようにしています。


たったのこれだけの事ですが、本当に効果があるので、ぜひすぐ試して頂きたいと思います。

私が実践している方法

1、お気に入りの入浴剤を入れて、充分リラックス

2、お風呂から出る前に手足に水を10秒ほどかけ湯冷めを防止する

3、身体をタオルで拭く前に、ベビーオイルを体に塗る

4、オイルを塗った後、体を拭く

5、体を拭いたのち、保湿クリームを塗る

※5、の保湿クリームは塗ったり塗らなかったりですが、体を拭く前にオイルを塗るだけで痒みは無くなります。

ベビーオイルをおすすめする理由


こちらも使いかけの写真で申し訳ありませんが、おすすめはベビーオイルです。


もちろん体を拭く前に、保湿クリームを塗っても効果はありました。
しかしながら、クリームを塗った後にタオルで身体を拭くので、タオルにもクリームがたくさんついてしまいました。

クリームよりも不要な成分が入っていないベビーオイルのほうがタオルを洗濯した時に、他のものに影響が少ないという理由でベビーオイルをおすすめしています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン ベビーオイル

こちらはポンプ式になっているので、手にオイルが付いていても簡単に出す事が出来ます。
一度塗って、さらに塗ろうとした時にキャップ式やボトル式だと蓋の部分が開けにくいと思いますので、ポンプ式がお勧めです。

ニベア プレミアム ボディーミルク


こちらはタオルで拭いた後に塗っているコエンザイムQ10配合のボディーミルクです。

クリームは本当にたくさんの種類が発売されており、人それぞれお気に入りがあると思いますが、こちらは伸びも良いですしドライスキン用の高保湿ミルクで値段も安いので私は愛用しています。



<関連記事>
【強力】強い香りの洗濯洗剤・柔軟剤 良い匂いを継続させる洗濯方法と干し方【海外製と日本製】

最強の懐中電灯 おすすめのコンパクト・軽量・防水・電池式の強力なライトを紹介

おすすめ携帯ウォシュレット 比較と選び方 安くて清潔 強い水圧 海外旅行や登山 キャンプの持ち物

最強おすすめ 折りたたみリュック 鍵がかけられる防水・コンパクト・軽量・安い 海外旅行やアウトドアに



<おすすめ記事一覧>
海外旅行や留学、海外赴任、世界一周など 旅に役立つ持ち物 一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加