プンタアレーナス観光【ペンギンツアー詳細】値段や時間、おすすめの時期

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、チリ(パタゴニア)のプンタ・アレーナス(PuntaArenas)に来たら、ぜひ行ってほしいペンギンツアーについて書いてみようと思います。


パタゴニアには、ペンギンを見る事の出来るツアーを行っている場所がいくつかありますが、プンタアレナスは、簡単にお手軽に行く事が出来ます。

野生のペンギン、しかも大群なんてなかなか見れるものではないので、プンタ・アレナスに行かれた方はぜひ。

ペンギンツアーは2種類

プンタアレナスで、行く事が出来るツアーはキングペンギンツアーと、マゼランペンギンツアーの2種類です。


1、キングペンギン

キングペンギン、またはオウサマペンギン(学名:Aptenodytes patagonicus)は、ペンギン科・コウテイペンギン属に分類されるペンギンの一種。
現生のペンギンではコウテイペンギンに次ぐ大型種である。
2番目に大きな種類のペンギンで、体長は85-95cmほどで体重は10-16kg。

出典:ウィキペディア



2、マゼランペンギン

マゼランペンギンは、フンボルトペンギン属に属するペンギン。
体長約70cm、体重約3.8kgでペンギンの中では中型。
繁殖期になると50万羽ものマゼランペンギンが集まってくる。

巣は森の中や草原、裸の土地などにもあり、巣が掘りやすいところではトンネルを掘る。

成鳥は5-8月の殖期以外の時期は、遠洋を移動しており、めったに上陸しない。
9-10月に繁殖地に戻り、10月に卵を2つ産む。
抱卵期間は39-42日間で、雌雄が交代で卵を抱く。
孵化後29日間は、警護期で片方の親鳥が必ず巣におり、ヒナを守っている。その後、巣立ちまでには40-70日かかる。

場所に対する忠誠度が高く、特定の個体が何年間も同じ場所に巣をもうける場合が多い。つがいの絆は強く、長く続く。

出典:ウィキペディア

キングペンギンツアー

ツアーの概要

フエゴ島にある、キングペンギンの営巣地に行くツアー。

値段/金額

入島料や、バス代を合わせると44,500チリペソ程

ツアーではなく、自力で行く事も出来るようですが、そこまで行くバス代と入島料を考えるとツアーで行くのとほぼ変わらない値段でした。

同じ宿に2つのツアーに参加した人から聞いた情報によると、キングペンギンは数が少なくあまり近寄れなかったとの事でした。

その為、筆者はマゼランペンギンのツアーに参加しました。

マゼランペンギンツアー

概要

バスで船着き場まで移動し、そこから船でマグダレナ島(Magdalena Island)に移動します。

値段/金額

63,000チリペソ/1人(入島料などすべて込)
カード支払い可能

ツアー時間

1日1本

6:45分:ツアー会社に集合
12:30分:ツアー会社に戻る

ツアー会社の地図


Solo Expediciones – Excursiones – Patagonia

事前にツアー会社に行き、予約をし、予約日当日の朝6時30分頃に同オフィスに集合します。
その場でお金を払います。63,000チリペソ/1人(クレジットカード可)

ツアーの流れ

概要図


Solo Expediciones社の前からバスに乗り移動
青○:船着き場
赤○:目的のマグダレナ島

タイムスケジュール

6時30分:ツアー会社に行きお金を払う(要事前予約)

6時45分:ツアー会社の前にバンが来ている為、乗り込む

7時30分:船着き場に到着

8時30分:マグダレナ島に上陸

9時45分:マグダレナ島から船出発

10時20分:オタリア(アシカ)の居る島を船の上から見る

10時30分:船出発

11時30分:船着き場に戻る

12時30分:ツアー会社の前に戻る

ツアー会社及び船内にはトイレが付いています。
オタリアを見終わった後、コーヒーや紅茶を貰えます。

スポンサーリンク



マグダレナ島のペンギンツアーについて

ペンギンの数

大きな島の中の、ロープが張られたルートを1時間ほどかけてまわります。
MAXでは12万匹になると言われているマグダレナ島だけあり、多くのペンギンが居ました。

筆者は11月に行きましたが、数万匹は居たと思います。

ペンギンとの距離

人が歩ける場所は、ロープで区切られていますが、ペンギンはお構いなしにロープ内を歩いています。
その為、かなり近距離から見る事が出来ます。

ペンギンに餌を与えたり、触ったりする事は禁止されていますが、ボケっと歩いているとペンギンとぶつかってしまうかもしれません。



また、至る所にトンネルを掘っており、トンネルの中で休んでいるペンギンも多いです。
そしてロープ内にもトンネルがあるので、かなり近い距離 (30センチほど)でペンギンを見る事が可能です。

写真は巣穴で寝ている様子

島の滞在時間は1時間ちょっとですが、できれば2時間ほど欲しいと思いました。

過去にマゼランペンギンを見た事はありますが、これほどの大群を見た事がありませんでした。
そして、大量にある巣穴も珍しく、巣穴の中に居るペンギンを見る事が出来たのでとても満足でした。

おすすめの時期

12月以降

筆者が行った11月は、まだ数もピークではなく、子供も居ませんでした。

12月以降に行けば、巣の中に居る赤ちゃんペンギンが見れると思います。

そして1月以降に行けば、赤ちゃんペンギンが少し成長し、巣からちょこちょこと出てくる場面が見れるそうです。

ぜひ12月以降に行って、赤ちゃんペンギンや、子供ペンギンを見る事をおすすめします。

オタリアについて

船の上から10分ほど見るオタリアですが、想像していたよりも遠目からの見学となります。
もう少し近づけたり、島に上陸できたら尚良かったです。

ただ、群れを作って大群で居る野生のオタリアを見れたのは、とても良かったです。

ペンギンツアーは、バックパッカーからすると、かなり高額ですが、1年のうちの数ヶ月しか見る事が出来ず、パタゴニアもそうそう行ける場所では無いと思います。
宿や食事、なにか他の事を切り詰めてでも、行ってほしいと思いました。



<関連記事>
■プンタアレーナス情報
プンタアレーナスの安宿と、お得な免税店へ安く行くおすすめの方法


■エルチャルテン情報
【安宿】エルチャンテンの格安おすすめゲストハウス/ホテル情報(値段/地図/写真あり)

【レンタル店まとめ】 エルチャンテンのキャンプ/登山用品の値段やおすすめショップ


■エルカラファテ情報
エルカラファテ情報(安宿/ATM/マーケット/テント/寝袋・防寒具/空港からの値段)

【ペリトモレノ氷河の行き方】現地ツアー 各社の値段や内容とベストシーズン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加