マルチビタミンの選び方 海外旅行や世界一周のおすすめの持ち物はサプリメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク



夏休みやゴールデンウィークで海外旅行に行かれる方が多いと思いますが、その中でも心配なのが健康管理ではないでしょうか。

お肉が有名な国に行けば、お肉ばかりを食べたくなってしまうものです。

魚が有名な国に行くと、もちろん魚ばかり食べてしまいます。

イタリアに行けばパスタやピザなど本場の味を楽しんでいる時にふと気が付く時があります。


今日は一度も野菜を食べていないな。

と。


さらに世界一周や長期で滞在する場合は、安いものばかり食べてしまいます。

アジアで外食といえば、安いのはフライドライス(炒飯)です。
筆者もとりあえず一番安くて、お腹がいっぱいになるフライドライスばかり食べていました。

さらに物価の高い国に行くと、今度は自炊を始めます。
もちろん安いものが多く、パスタを食べる頻度が高くなります。


いつ体調が悪くなっても不思議ではない食生活を送っていましたが、私は1年以上の長期旅をしていた時も体調を崩したことがありません。
食あたりで下痢に苦しんだことはありますが。

それはサプリメントでしっかりとビタミンを摂取していたからだと思います。

今回は、海外旅行に適したおすすめのサプリメントをご紹介したいと思います。

海外旅行に持って行くおすすめのサプリメントの条件

ビタミンC、ビタミンB、カルシウムや亜鉛、葉酸など多くの商品が様々な会社から発売されています。
一体どれを購入したら良いのか分からなくなってしまいます。

私も海外に行く前に、どれもこれも必要なのではないかと思ってしまい、非常に迷った覚えがあります。

そんな迷ってしまっている方の為に、選んでいくポイントをご紹介しようと思います。

軽くてかさばらない袋のパッケージの商品

薬局などに行ってサプリメントコーナーに行くと、目移りしてしまいますが、海外旅行に持って行くのであればおすすめするのは袋に入っている物です。

プラスチックのようなボトルに入っている物と、袋に入っているものがほとんどですが、30日分や60日分、90日分など同じ商品でもサイズが違います。


例えば2か月分の60日用の物を購入した場合、それがボトルだと残り1週間分などほとんど飲み終わった場合でも大きさは変わりません。

しかしおすすめの袋に入っているものであれば、減って来ればどんどん小さく丸める事も可能ですしポケットにサッと入れておくことも出来てしまいます。

夜行バスや寝台列車などに乗っている時に、バッグを開けるのが面倒ですが、ポケットに入れておけば簡単にサプリメントを飲むことが出来ます。

ジップロックに代表されるチャック付き袋であること

実際にチャック付きの袋でない商品は見たことがありませんが、購入する時は一度確認しておいてください。

パチっと簡単に袋の上部を閉じる事のできる商品であることは大事です。

1日1粒で必要摂取基準量がとれるもの

これもかさばる事、荷物になることに関係しますが、1日の摂取量の目安が1粒のものをおすすめします。

1日に5粒飲んでください。などの商品はそれだけで大きくなることが分かります。

60日分であれば、1日1個の物は60個。
1日5粒の物であれば、300個が入った商品となります。

様々な栄養が入ったマルチ系のサプリでバランスを

ビタミンCや、ビタミンBミックスなど、ビタミンだけでも多くの種類がありますし、カルシウムやミネラルなど、本当に多種多様の商品がありついつい他の栄養も補給しなくてはいけないのではないかと思ってしまいます。

私の実体験としては、マルチビタミンさえ飲んでいれば大丈夫です。

細かく色々とビタミンを摂取したいという人もいると思いますが、ビタミンは取りすぎると体に良くない種類もあります。
マルチビタミン+ほかのビタミン剤 などとはせず、食事の補助としてマルチビタミンだけを飲めば問題ないと思います。

そのため、様々なビタミンが効率よく吸収できるように配合されているマルチビタミンがおすすめなんです。

安くてお得!コストパフォーマンスの良いもの

長期旅の方であれば、とても重点を置いているのが値段ですね。

高くて良いものはもちろんありますが、お手頃な価格なものが一番だと思います。

筆者が紹介するものは、たぶん一番安く購入することが出来る商品となります。

すべてを兼ね備えた最強のサプリメント DHCのマルチビタミン

安くても栄養成分が少ないのでは意味がありません。
DHCのマルチビタミンは1日1粒で必要摂取基準量がとれるんです。

さらにこちらの商品は上記で述べたポイントをすべて網羅しています。

実際の大きさなどを写真付きで詳しく見て行こうと思います。

コンパクトになるので持ち運び簡単 バッグの中でも邪魔にならない

まずは大きさが分かるように100円玉と比較してみます。

これが60日分の新品の状態の大きさです。


意外と大きいと思った方もいると思いますが、実はもっと小さくなります。

折り畳めば半分以下の大きさになるんです。
パッケージは大き目ですが、これが袋のパッケージのメリットです。



一粒がこんなに小さいので、60日分でもポケットに入るサイズです。

一日1粒を飲むだけでOK、チャック付きの袋

1日1粒を飲むだけで良いDHCのマルチビタミン。
袋にもしっかりとチャックが付いているので、保存する時も簡単なんです。

本当に邪魔にならずに、旅のお供として最適でした。

複数のビタミンが入っていて値段も安くコスパが最高

本商品には12種類のビタミン+ビタミンPが入っています。

ナイアシン:15mg
パントテン酸:9.2mg
ビオチン:45μg
β-カロテン〈ビタミンA効力1,500IU〉:5400μg
ビタミンB1:2.2mg
ビタミンB2:2.4mg
ビタミンB6:3.2mg
ビタミンB12:6μg
ビタミンC:100mg
ビタミンD<ビタミンD3>〈200IU〉:5μg
ビタミンE(d-α-トコフェロール):10mg
葉酸:200μg
ビタミンP:20mg

DHCの『マルチビタミン』は、ビタミンCはもちろんのこと、葉酸、ビタミンEなど互いに補い合ってはたらく12種類のビタミンと、ビタミンCのはたらきを助けるビタミンPをバランスよく配合したサプリメントです。
配合しているビタミン全12種類は、国が定める栄養機能食品の規格基準をクリアしているだけでなく、栄養素等表示基準値の100~320%を配合。

1日目安量たった1粒で、現代人に不足しがちなビタミンをまとめて効率よく摂取できます。

しかも、1日あたり約13円※と毎日続けやすい価格となっています。

野菜をあまり食べない方や外食が多い方はもちろん、忙しくて不規則な生活になりがちな方、将来の健康が気になる方におすすめです。
※30日分税込通常価格より算出

引用:DHC


これだけの成分が入って1日約13円。

さらにネットで購入すればさらに安くなることもあります。

60日分以外にも、30日分や90日分などがあるので、自分にあったサイズをチェックしてみてください。


私が海外でも飲み続けた方法

世界一周などしている方は、毎日飲み続けるのは難しいかもしれません。

私も出発する際に、60日分のマルチビタミンを2袋(4ヶ月分)を持って行きました。
無くなりそうになると、旅仲間が日本から合流してくれる時に、マルチビタミンを持ってきてくれるようにお願いしたりしています。

何度も日本からの友達が来てくれる時に、同じように持ってきてくれるように頼みましたが、それでも足りなくなる時には、1日一粒ではなく2日で1粒など節約しながら飲んだりしていました。

もちろん毎日飲むのが良いと思いますが、今日は全くビタミンを取れなかった、などという日に飲むようにし、サラダを食べた日などはサプリを飲まずに節約するようにもしていました。

短期旅行の方やビタミン以外の栄養も取りたいという方

私は短期での旅行に行くときは、こちらのサプリメントを持って行っています。
参考にチェックしてみてください。

マルチビタミンとミネラルとコエンザイムQ10を一緒に採れるという優れものです。

世界一周や長期旅では難しいかもしれませんが、大きさや値段にこだわらない方はこちらもおすすめです。

飛行機の持ち込みや外国への持ち込みについて

今回ご紹介したDHCのマルチビタミンは薬ではなく、ビタミン類含有食品になります。

薬の場合は申告などが必要な国もありますが、筆者はかなりの数の国に手荷物や預け荷物で持って行きましたが、特に注意されたこともありませんでした。

食品なので食品規制の厳しい国などは事前に調べた方が良いと思いますが、基本的には肉や、果物など加工していない食品がほとんどです。

おすすめはパッケージから出して他の物に入れたりせずに、そのままのパッケージのまま持って行く事です。
※成分などが記載されているので


<関連記事>
【格安】航空券(飛行機チケット)を安く買える(購入できる)時期と注意点

持ち運びの出来る洗濯機 スクラバウォッシュの使い方【手荒れを防いで感染症や病気のリスクを下げましょう】

おすすめの爪切り 最強の切れ味【匠の技】よく切れるので やすりいらず 耳かき・鼻毛はさみのセットも

【防水カメラ】GoProよりもMUSON C1を初心者/海外旅行におすすめする理由

【強力】強い香りの洗濯洗剤・柔軟剤 良い匂いを継続させる洗濯方法と干し方



<おすすめの記事>
海外旅行に役立つおすすめ情報の記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加