【ルーツク安宿】リヴィウからルーツィク 行き方の詳細(地図や時刻表)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



私が宿泊した安宿の情報と、リヴィウからルーツィクへの移動方法について地図や時刻表付きで詳細に記載していこうと思います。

ウクライナの愛のトンネルことラブトンネルに行く際に、拠点となる街ルーツィク。

リヴィウからルーツクへの移動の概要


車の場合は約2時間30分 150キロほど移動する必要があります。

ラブトンネルには リヴィウから直接行く事も可能ですが、かなりのハードスケジュールになるので、ルーツクで一泊する事をおすすめします。

ルーツィクへの行き方は2通り

北バスステーション#2から行く方法


Bus Station #2
Автостанція №2

こちらのバスステーション#2から、ルーツク行きのバスが出ています。

ここまでは市バスで簡単に移動する事が出来ます。
宿のスタッフなどに聞けば、最寄りのバス停を教えてくれると思います。

綺麗でしっかりとしたチケットカウンターのあるバスターミナルです。

値段と時刻表(北バス#2)

あまり本数は無いようでした。
時刻表が表示されておらず、スタッフに聞きながらの確認となったためあまり詳細には分かりませんでした。

また値段も出発するバスの時間によって、少し違うようでした。

90~100フリブニャ

スタッフが英語をほぼ話せなかったので、あまり意思疎通はできませんでしたが、行こうとしていた日のちょうど良い時間がなかったので別の場所から行く事にしました。

南バスステーション#1から行く方法と地図


Stryiskyi Bus Station
Центральний автовокзал Львів

こちらはStryiskyi Bus Stationという名前ですが、現地の人はAC1や、バスステーション1と呼んでいました。

宿のスタッフに聞けば、Stryiskyi Bus Stationまでの市バスでの行き方を教えてくれます。

値段と時刻表(南バス#1)

リヴィウからルーツィクまで
107フリブニャ/1人


こちらのバスターミナルは、時刻表がありました。
筆者は15時30分のバスのチケットを購入しましたが、この時刻表には載っていません。

その為、正確な情報なのかは不明ですが写真を乗せておきます。

青い星をつけていますが、Луцькこれがルーツクという文字です。
始発が4時10分 最終が20時10分
1日17本も出ているようです。

さらに15時30分のバスは乗っていないので、20本近くのバスが出ていると思います。



こちらは電光掲示板の写真です。

このように30分に1本ほどの間隔で、バスが出ていました。

移動の所要時間とバンについて

バスではなく、こちらのようなバンに乗って移動することになります。


15時30分 Луцьк と書いてあるのですぐに分かります。



バンは時刻通りに出発し、2回のトイレ休憩をはさんで19時に到着しました。

バンなので快適という訳ではありませんが、頻繁にトイレ休憩もとってくれるので、3時間30分ほどの移動は簡単でした。

ルーツィクで到着する場所の地図

大型バスではないので、ルーツィクの街に到着するとあちこちで乗客が降りていきます。

私も宿の近くを通りかかった際に降りました。

赤星:降りた場所
青線:宿泊したホテル


街の中心部の方のバスターミナルまでは行くと思います。

好きな場所の近くで降りられるというメリットを生かして、自分の予約しているホテルの近くで降りる事をおすすめします。

おすすめの行き方はこちら

私は行きたかった日のバスが満席だったのか、ちょうど良い時間帯のバスがそもそもないのかは不明でしたが、バスの予約が取れなかったので南(#1)のバスターミナルから向かいました。

ルーツクはリヴィウから見ると北側にあるので、筆者のように#1から向かうと逆走することになります。
その為、市バスで来た道を戻り再度リヴィウの街中を通り抜ける事になり無駄な経路になってしまい、値段も少しだけですが上がります。


もちろん所要時間も増えると思います。

バスの本数が少ないというデメリットはありますが、日程に余裕のある方は#2からが良いと思います。

当日に購入しようとする方は#1

バスターミナルに行って、直接チケットを購入しようとしている方は、本数の多い#1の方が無難かもしれません。

#2に行って、当日のバスが無い場合などは途方に暮れてしまうと思いますので。


当日購入予定の方は、宿のスタッフにバスの状況を電話で聞いてもらうなどするのも手だと思います。


スポンサーリンク



ルーツィクの筆者が宿泊した宿の情報

2人旅であれば個室を

街の中心部にあるので、スーパーなどが近くて便利です。

ドミトリーもありますが、2人組であれば個室を予約する事をおすすめします。
私は2回宿泊して1日目が個室、2日目がドミトリーでした。

ドミトリーを2つとっても、ダブルルームに宿泊しても値段はほぼ変わりませんし、ダブルルームは大きな窓とベランダがあり開放的です。


ほぼ移動の拠点として利用させてもらった宿ですが、清潔ですし特に困った事もない宿でした。

ルーツィクの安宿は限られますし、立地を考えると便利な場所だったと思います。

ソファ ホステルの地図や詳細はこちらからどうぞ



<関連記事>
愛のトンネルへの行き方の詳細とおすすめの時期 列車の走る時刻(時間)

【安宿】リヴィウ(Lviv)の安いおすすめホステル3件を徹底的に比較

ウクライナ鉄道の予約方法とルーツクからキエフの行き方 バスと電車の2通りを詳細に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加