ウクライナ鉄道の予約方法とルーツクからキエフの行き方 バスと電車の2通りを詳細に

スポンサーリンク

スポンサーリンク



・ルーツクからキエフへの2パターンの移動方法の説明

・ウクライナの列車のネットでの予約方法と鉄道での行き方

・バスでの移動方法と行き方

今回は、上記について地図や時刻表、金額つきで詳細に記載していこうと思います。

実際に移動される方の参考になれば幸いです。

ルーツクからキエフへの移動方法は2パターン


ルーツクからキエフまでは400キロほどで、車で移動すると約5時間の距離にあります。

電車の場合は、遠回りしながら9時間ほどかかるようです。


主な行き方は電車とバスの2通りになります。

列車とバスのメリットとデメリット

列車
・バスに比べて値段が安いが、所要時間はバスよりもかかる。

・1日に出ている本数が少なく夜行便しかない為、急ぎでいる人には向かない

・寝台席を選択すれば、横になって眠れるので快適に移動が可能


バス
・列車にくらべ値段が高いが、所要時間は短い(約6時間)

・1日に数本出ているので、選択肢がある

・バスは日中帯も出ているので、夜間の移動をしたくない人には便利

駅とバスステーションの場所の地図


駅とバスステーションは近い場所にあるので、チケットを購入しに行く際は、どちらにも簡単に行く事が出来ます。


17Aという番号のバスに乗ると、バスステーションの前まで行けますが、ルーツク内を走っている市バス(ローカルバス)の多くは、TAMTAM(タムタム)という大きなショッピングモール を経由します。

バスの車外に付いている行先表に、目立つように TAMTAM と書いてあるのでそれに乗ればTAMTAMまでは行けます

タムタムからバスステーションや駅までは徒歩で10分ほどなので、17Aのバスが見つからなければTAMTAM行きに乗車するのが良いと思います。

ルーツクの市バス(ローカルバス)は3フリブニャ/1人です。

鉄道(列車)での行き方

直接駅に行ってチケットを購入する方法と、インターネットを使用し購入する方法をご紹介します。

駅で直接切符を購入する場合

<ルーツクの駅の地図>

Lucsk
Луцьк

駅に行くと、時刻表を確認することが出来ます。

また、チケット販売窓口があるので、こちらで予約することが出来そうです。

ただし、窓口にいるスタッフがまったく英語を話せませんでした。
行きたい日付を紙に書き見せてみましたが、満席だったのかその日に列車が無かったのか不明ですが、筆者はチケットを購入する事が出来ませんでした。

駅の時刻表


キエフは Київ です。

鉄道のチケットをインターネットで買う方法

1、下記ウクライナ国鉄の英語版のチケット検索サイトにアクセスします。
http://booking.uz.gov.ua/en/


2、下記フォームに必要情報を入力し検索します。
①from欄にLutsk
②to:Kyiv
③希望の出発日を入力
ルーツク⇒キエフのように便が少ない場合は、出発時刻を早めに設定すると、その時間以降のすべての便が出力されます。
④Search for trainsを押下

※注意事項
出発地や目的地のスペルを間違えると検索できません。初めの数文字を入れるとドロップダウンリストが表示されるので、表示されたものを選択するようにしましょう。


3、列車の選択

表示されているのは左から、
電車番号、電車の出発駅と到着駅、出発日と到着日、出発時間と到着時間、所要時間、残りの座席数です。

上の列車はルーツクが始発ではありません。
下の列車はルーツクが始発です。
どちらも終点がキエフという事が分かります。


座席には大きく分けて、寝台席と座席の2種類があります。

寝台、座席の中でも1等や2等などのクラスが分けられており、値段も変わります。
L 寝台 1等席(デラックス)
C 寝台 2等席(コンパートメント)
B 寝台 3等席

S1 座席 1等
S2 座席 2等

乗車時間にもよりますが、寝台は横になって眠ることができるので、少しの値段差であれば座席ではなく寝台を予約する事をおすすめします。

筆者も他の経路で寝台列車を使用しましたし、座席シートも使用したことがありますが、寝台列車は快適でした。

「Choose」を押すと空席状況が出力されます



4、車両を選択
上部赤線の車両ボタンで、車両を選択する事が可能です。
大きな数字が車両番号、小さな数字が残っている座席の数です。



5、座席を選択
①青い座席(残っている席)を選択
②選択すると青い席が赤に変化
③下の入力画面に情報入力
④子供や学生料金、シーツの有無、飲み物を選択し氏名を入力
選択するものにより値段は変わります。
⑤入力が終わったら「Add to Cart」を押します


※注意事項
座席は偶数が上段で奇数が下段です。

奇数の下段がすぐに埋まってしまうので、私は上段しか使用したことはありませんが、下段の方が快適そうでした。


6、チケット購入
問題がなければ、クレジットカードでチケットを購入します。

自分のメールアドレス宛にチケットの予約券が送付されてくるので、そちらをスマートフォンなどで見られるようにしておきます。
※パソコンのみの方は印刷が必要です。

列車の乗り方

余裕をもって、出発時間の30分前には駅に着くようにしましょう。

駅の窓口に行き、スマホで画面を見せればチケットを発券してくれます。
またチケットを発券してくれない時もありましたが、列車に乗る際、係員にスマホ画面を見せると席を教えてくれ乗車する事が出来ました。


ただし現地のほとんどの方が紙を印刷していました。

※筆者は乗ることが出来ましたが、印刷していく方が不要なトラブルなどなく、スムーズに乗れると思います。


スポンサーリンク



バスでキエフに移動する方法

行きたかった日付の列車が満席だったため、電車での移動を諦めバスで行く事にしました。

バスの時刻表と値段

チケットカウンターで、キエフ行きを聞いてみると、列車とは違い1日に数本出ている事が分かりました。

カウンターで出発時刻を聞いたところ、6時頃、12時頃、14時頃、22時15分、23時頃で23時は無いと言われました。

23時の便が、満席なのか理由は不明でしたが、23時の便の予約はできませんでした。


12時頃と、22時15分の値段を聞きましたが、同じだったので、22時15分発のバス/マルシュ(バン)を選択しました。

263フリブニャ:1人



やはり列車に比べるとバスの値段は高いので、時間に余裕のある方は列車での移動をおすすめします。

またウクライナ国鉄はすぐに予約がいっぱいになってしまうので、予定が決まった方は早めにチケットを取った方が良いと思います。

ルーツクのバスステーションの地図とWiFiやトイレの情報


Bus Station #1
Автостанція №1



すぐに市バスが来るか分からないので、早めに宿を出発しました。

30分待っても、直接バスステーションまで行く17Aのバスが来なかったので、TAMTAM行きのバスに乗り、そこから歩いて行く事にしました。


22時15分発のバスのチケットを予約していましたが、バスステーションには21時過ぎ頃に到着し1時間ほど時間が余りました。

先日行った、バスターミナル正面にあるフリーWiFiの使えるカフェに行こうと思いましたが、20時で閉店だったのでターミナルで時間を潰しました。

ルーツクバスステーションのWi-Fiがある時間をつぶせる場所(カフェ)の情報


売店などは20時ごろに閉まってしまいます。

バスステーションにフリーWi-Fiがありますが、10分間だけしか使えません。

バスステーションに有料のトイレがあります。1.5フリブニャ/1人
※トイレは5:15分~21時で閉まってしまうので21時以降は使えませんでした。

ルーツクからキエフへの移動詳細と所要時間

・21時45分
約30分ほど前にバスが到着しました
筆者が購入したのは、平日の22時15分初のバス(バン)でしたが満席になりました。
バックパックなどの荷物代はかかりませんでした。

バスではなくバンでしたが、肘掛けがあり座席のスペースも広く快適な移動となりました。


・22時15分
定刻通りに出発

・23時35分
リブネを越えたあたりで10分ほどトイレ休憩 トイレは無料(紙付きで綺麗)のコンビニのような場所

・1時30分
25分休憩 
トイレは3フリブニャ/1人 
あまり綺麗ではありませんでした。

・4時
キエフに到着

所要時間:5時間45分

キエフのバスターミナルの情報

到着するキエフのバスステーションの情報を記載します。

キエフの駅の正面にバスターミナルがあります。

地図

Kyiv Bus Station
Автостанція “Київ”

時間をつぶせる場所は世界で2番目に混むマクドナルド

朝の4時にバスステーションに到着しますが、宿のチェックインにも早すぎるのでどこかで時間をつぶす必要があります。

歩いて1,2分の距離、駅に隣接する形で世界で2番目に混雑するというマクドナルドがあります。
また、その横にはマクドナルドとそっくりなMcFoxy(マックフォキシー)というお店が堂々とあります。

世界で2番目に混雑するという有名なマクドナルドか、レアなMcFoxy(マックフォキシー)に入るかはお好みでどうぞ。


私はマクドナルドを選択しました。
この時は4時30分頃でしたが、店の前には多くの人がいました。

マクドナルドの営業時間

5時から23時50分までが営業時間です。

24時間テイクアウト形式で一部の商品は購入できるようでしたが、店舗に入れるのは5時から23時50分までとなります。

McFoxyも5時開店です。

マクドナルドはフリーWi-Fiが使えますしトイレも無料、商品はクレジットカードで購入できます。



<関連記事>
愛のトンネルへの行き方の詳細とおすすめの時期 列車の走る時刻(時間)

【安宿】リヴィウ(Lviv)の安いおすすめホステル3件を徹底的に比較

リヴィウの観光まとめ おすすめスポットや穴場まで地図つきで詳細に紹介

オデッサ観光 地下通路のカタコンベ(パルチザンの栄光博物館) 行き方と詳細


<おすすめ記事>
海外旅行や留学、海外赴任、世界一周など 旅に役立つ情報 一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加