【防水カメラ】GoProよりもMUSON C1を初心者/海外旅行におすすめする理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、世界一周や海外旅行に超おすすめのアクションカメラ MUSONのC1を詳しく説明していきます。

アクションカメラに興味はあるけど、GoProは高すぎる!と思っている方には特に読んでほしい記事です。

写真撮影はもちろん、動画の撮影に適しているアクションカメラ ムソンC1
標準で、水深30メートルまでの防水カバーが付いているので、これ1つあれば、防水カメラは必要ありません。

海外旅行にアクションカメラをおすすめする理由

海外旅行にはカメラ2台持ちが当たり前

世界一周者や、海外旅行に行かれる方の多くは、少なくてもカメラを2台以上持っていると思います。

メインのカメラとして、一眼レフや、ミラーレス一眼を。

そしてパッと撮影する事ができる スマホのカメラ。



そしてもう1台のカメラは、防水(防塵)カメラを持って行く人が多いはずです。

海や、川、湖や滝、そして雪山や氷河、砂漠等に行く時に、非常に役立つからです。


・綺麗な海や、メキシコのセノーテでダイビングをした時に。

・川で泳いだり、カヌーに乗った時に。

・ナイアガラやイグアスの滝にボートで突っ込む時に。

・砂漠の砂でメインのカメラが壊れないように。

使う場所はいくらでもあります。

今後、世界一周や、海外旅行に行く方で、まだ防水カメラを購入していない方は、MUSON C1を強くおすすめします。

普通のカメラとは違った視点で撮影可能

デジカメで防水/耐衝撃/防塵のカメラもたくさんありますが、撮影した写真や動画は一眼レフやミラーレス一眼の視点と変わりません。

水の中や、水しぶきが来たりする場所で撮影する事は出来ますが、特に変わり映えの無い写真となります。


しかし防水カメラを、アクションカメラにする事により、一眼レフなどのメインカメラの視点とは、全く違った視点で動画や写真を撮る事が出来ます。

自分の少し上の目線から、360度の景色を動画で撮影したりすると、とても臨場感があります。

さらに海外の宿で出会った仲間達とも、簡単に集合写真や動画が撮影出来るので、重宝しています。

GoProよりもおすすめする理由

筆者もアクションカメラを欲しいと思っていましたが、GoProはなかなかのお値段で躊躇していました。
そんな時に見つけたのが、こちらです。

標準装備で、水深30メートルまで対応の防水ケース、予備のバッテリー等付いていますし、後ほど説明しますが機能も非常に豊富です。

多くの機能やオプションが付いて、8000円ほどで入手できてしまうんです。

実際に購入し、使ってみて、このクオリティでこんなに安くて良いのか心配になってしまうほどです。


さらに海外旅行に行く際は、盗難のリスクが高くなります。
万が一の事を考えると、高価なカメラよりも安価で購入できる物の方が、良いに決まっています。

海外保険に入っている人も居ると思いますが、携行品の限度額は決まっています。
お手頃な価格で、高性能なMUSON C1はリスクの高い世界一周や海外旅行におすすめなんです。

初めてのアクションカメラに

アクションカメラを使った事が無い方は、GoProのように何万円もする物を購入するのは躊躇すると思います。

こんなに高いなら、一眼レフや、新しいレンズを買いたい。

そう思う人も多いと思います。

しかし今回ご紹介しているのは、たったの8000円なんです。
興味があったけど、悩んでいた人は絶対に買うべき一品です。


筆者も、初めて使いましたが、一眼レフで撮影した写真とは全く異なり、動画の視点が非常に面白く、さらには迫力ある映像になっているので、今では無くてはならない物となりました。

MUSON C1の機能

撮影モード

使い方は非常に簡単ですが、下記4つのモードが付いています。

・通常の写真撮影

・連射写真撮影

・動画撮影

・タイムラプス撮影

こんな撮影方法も

・自転車やバイクのヘルメットに付けての目線に近い映像を撮影

・自転車やバイクのハンドルに付けて、迫力のある映像を撮影

・車に取り付ければ、ドライブレコーダーにも。

筆者は、別売りの棒を購入し、目線より高い位置からの撮影をしています。

仕様

●1080P H.264+防水ケース
●解像度:1080p(1920*1080)@30fps
●広角レンズ:140°
●WI-FI:802.11b/g/n
●LCD:2インチ
●言語オプション:日本語、英語等
●カード:Micro SDHC(付属なし)
●バッテリー容量:900mah(90分)
●入力/出力:Micro USB/HDMI
●サイズ:(L*W*H)59.3×24.6×41.1mm

バッテリー容量:(90分)とありますが、予備が付いてくるので、最大180分撮影可能です。

※上記の●箇所は、amzonの商品ページから引用しています。
引用してみましたが、こんな数字を書かれても、画像が綺麗なのか等は、詳しい人でなければ分からないと思います。

実際に写真を確認してみてください。
氷河ツアーに行った時の写真



もちろんアクションカメラですので、メインは動画撮影になりますが、通常の写真でもかなり綺麗に撮影する事が可能です。


スポンサーリンク



実物紹介

防水カバーが標準装備


箱から開封時は、このような防水カバーに入っています。
※オプションとして、追加で購入する必要がありません。

防水カバーなので、もちろん粉塵にも対応ですし、衝撃にも強くなっているはずです。

各種ボタンの説明

見えやすいように、防水カバーから出して説明します。

ボタンは全部で4つしか付いていないので、操作はとても簡単です。

①電源ボタン/モード切替ボタン
長押しで電源のONとOFF
電源ON時に、短押しでモードを切り替えます。

モードは下記 5種類の順番で切り替わります。
ビデオ/写真/連射写真/タイムラプス/設定

②録画開始(終了)とシャッター/決定ボタン
ビデオモード時は、録画の開始と終了
※録画中はランプが点滅します

設定モード時は、決定やOKの役目になります。

③上へボタン
設定モード時に上に移動します。

④下へ/Wi-Fiボタン
設定モード時に下に移動します。
設定モード以外の時に押すとWi-Fi接続画面となります。

各ランプの役割の説明


①充電ランプ
充電中に点灯します。

②電源オン オフ確認/録画確認ランプ
電源を入れると点灯します。電源の消し忘れ防止に役立ちます。

ビデオモード時に録画を開始すると、点灯していたランプが点滅に変わります。

側面の説明


もう一方の側面には、充電用のポートと、MicroSDカードスロット(最大32Gまで/カードは別売り)、MicroHDMIポートとが付いています。

底面はバッテリー(電池)入れ


底面には、バッテリー入れがあります。

予備バッテリーも標準で付いてくるので、頻繁に開ける事になると思います。
爪で引っ掛けるようにして開けてください。

液晶画面


2インチの液晶が付いているので、確認に便利です。

※タッチパネルにはなっていません。

2インチの液晶で、タッチパネル無しは使いづらい。と思った方。

とても便利な方法を、後ほど紹介致します。

手の平サイズ


大きさは、手の平に簡単に収まるほど小さく、重さはたったの65gほどです。
コンパクトで軽く、防水カバーを付けていれば頑丈なので持ち運びに便利です。

読みやすい説明書


全て日本語で、写真入りの為、とても分かりやすいです。

付属品

非常に多くの付属品が付いています。

●スポーツカメラ●防水ケース●ハンドルパイプマウント●クイックリリースバックル●延長アーム1●延長アーム2●延長アーム3●カメラマウントアダプター●ネイキッドフレーム●フレーム用クリップアダプター●ヘルメット固定●サポートペルト●バッテリー●クリーニングクロス●結束バンド●マイクスリット付バックドア●USBケーブル●ACアダプター

※上記は、amzonの商品ページから引用しています。
※マイクロSDカードは別売りです。
※筆者が使っている棒は、別売りです。

驚きの機能 スマホからリモートで操作が可能

超便利なWi-Fi機能付き

カメラにも液晶画面が付いていますが、タッチパネルに対応しておらず、画面も大きくはありません。

しかしWi-Fiで自分のスマホと接続し、スマホの画面でカメラの映像を確認する事が出来るんです。

まずはスマホに専用の無料アプリをインストール

Ez iCam

このアプリをインストールすれば、カメラの画面をリアルタイムでスマホで見る事が出来ます。

アイフォンの方はこちらからダウンロード出来ます

アンドロイドの方はこちらからダウンロード出来ます

スマホ画面で見ながら、スマホの画面に表示されるボタンを押せばリモートでの写真撮影や、ビデオ撮影をする事が可能になるので、自撮りの写真を撮る時などもセルフタイマーなんて必要ありません。

その他にも、スマホの画面でカメラモードの切り替え、電池残量の確認、撮った写真や動画をそのままスマホに保存する事だって出来ます。

絶対に使うべき、非常に便利な機能なので、ぜひアプリをダウンロードしておいてください。

アプリのインストールが終わったら

スマホにアプリを入れ終わったら、カメラの側面の下ボタン/Wi-Fiボタンを押します。

設定モード以外であれば、どのモードで押しても問題ありません。



カメラの液晶に『 Waiting for WiFi Connection… 』と出力されます。

出力されたら、自分のスマホでWi-Fi接続画面を開きます。


筆者の場合はアイフォン

iCam-から始まる物が、カメラへの接続になります。
パスワードは、1234567890です。

これで接続は完了です。


あとは、アプリを起動し、スマホで簡単に遠隔操作する事が出来ます。

この機能を使えば、カメラを水の中に入れ、手元のスマホで川の中が見れたり、動物の巣の近くなどに置き、少し離れた場所でスマホを見れば警戒されない事でしょう。

色々な楽しみ方が増える事間違いなし。

1年間の保証付き

こちらのアクションカメラは、安心の1年間保証付きとなっています。

新しく購入しても、すぐに壊れてしまっては意味がないですよね。
万が一の故障等でも、1年間も保証がついているのでとても安心です。

まとめ

・世界一周や、海外旅行に頻繁に行く方は、絶対に持っていた方が良いカメラ

・ボタンが4つのみで、操作は非常に簡単

・たったの6000円で購入できる

・6000円/操作が簡単なので、初心者が挑戦しやすい

・安心の1年間の保証付き

・あらゆる角度から撮れる動画は、一度使うと病みつきに

今回紹介した商品はこちら

さらに詳しく知りたい方は、下記を確認してみてください。


こちらは、筆者が使っている別売りの棒です。



マイクロSDカードは別売りの為、持っていない方は最大の32Gをおすすめします。



<関連記事>
【超強力】最強の虫よけ紹介!海外旅行の蚊やハエ、害虫対策におすすめ!おすだけノーマット(アース)

お役立ちスマホ アプリ29選!海外旅行/世界一周におすすめ!これさえ見れば全て分かる

スクラバウォッシュの使い方【手荒れを防いで感染症や病気のリスクを下げましょう】

マルチビタミンの選び方 健康管理おすすめサプリメント 海外旅行や世界一周の必須の持ち物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加